クレジットカードアイ

クレジットカードの紹介や利用シーンなどを紹介

イオンカードに追加出来る電子マネー「イオンiD」について詳しく解説

     2018/03/16

イオンiD

イオンiDは、NTTドコモが運営しているポストペイ型(後払い式)の電子マネーで、提携しサービスを提携しています。イオンiDは、おサイフケータイを利用して支払いが出来るものです。

イオンiDは後払い式の電子マネーですので、チャージの必要は有りませんし、残高不足になってしまう事も有りません。利用は全国のコンビニやスーパー、自動販売機など様々なシーンでおサイフケータイをかざす事で利用でき、ちょっとした買い物に向いています。

尚、Apple Payにもイオンカードは対応しており、iPhone7やApple Watch Series 2でイオンカードを追加するとiDが追加され利用出来ます。

 

イオンiDについて

イオンiDは、おサイフケータイで利用する電子マネーで、iDが利用出来るおみせで読み取り機に携帯端末をかざす事で支払いが完了するとても便利な電子マネーです。後払い式ですので、事前にチャージをしておく必要も有りませんし、残高不足に悩む事も有りません。

イオンiDはおサイフケータイのみとなります三井住友カードiDの場合は専用カードなどカードタイプも有ります。

イオンiDの特徴

  • 年会費は無料
  • チャージが不要
  • ときめきポイントが貯まる
  • クレジットカードと同様の補償がある

年会費は無料

イオンiDは年会費無料となっていますので、利用に際して負担は有りません。イオンiDの申込が出来るクレジットカードであれば申込・利用手続きをするとそのまま利用できます。

チャージが不要

プリペイドカードなどとは違い、後払い式となっていますので、チャージをする必要は有りません。イオンiDで利用した料金はクレジットカードの支払と一緒に支払いをする事になります。

ときめきポイントが貯まる

イオンiDで利用した利用金額は前述の通り、手持ちのイオンカードと一緒にまとめて請求されます。イオンiD利用分もときめきポイントが付与されます。

クレジットカードと同様の補償がある

万が一盗難に合った場合や不正利用があった場合も、イオンiDはクレジットカードと同じ会員保障が適用されますので安心して利用できます。

イオンiDは、VISA・MasterCard・JCBブランドの付いていないクレジットカードでは利用出来ません。また、銀行キャッシュカード一体型も対象外となります(イオンカードセレクトは対象)。

イオンiD対象の主なイオンカード

クレジットカードの種類
イオンカード 
イオンカード(WAON一体型)
イオンカードセレクト
イオンSuicaカード
イオン首都高カード(WAON一体型)
イオンJMBカード(JMB WAON一体型)
イオンTHRU WAY(スルーウェイ)カード(WAON一体型)
イオンゴールドカード
イオン銀行は、イオンカードなどを発行しているイオン系列の会社です。カード周辺業務はイオンクレジットサービスが行っています。イオン独自のカードはもちろん、他社との提携カードも数多く発行されています。尚、イオンカードは全国のイオングループの対象店舗で...

▲イオンカードの主なクレジットカードのラインナップは上のページでも紹介しています。イオンカードは年会費無料のクレジットカードが多くお勧めです。
 

イオンiDの申込から利用開始まで

イオンiDの申込から利用開始

イオンiDの申込は、パソコンやスマホから申込手続きを行う事が出来ます。他のクレジットカード会社のiDと同様にiDの申込には審査が有ります。

イオンiDの申込の流れ

  1. 会員規約を確認し申込情報を入力
  2. 申込内容を確認し審査結果を待つ
  3. 審査に通るとアクセスコードが郵送されてくる(約1~2週間程度)
  4. ダウンロードセンターからアプリをダウンロード
  5. カード情報を登録して利用可能に

会員規約の確認と申込情報の入力

申込はイオンフィナンシャルサービスの「暮らしのマネーサイト」から申込手続きが可能です。イオンiDのページより「イオンiDお申込み」をクリックすると、会員規約画面となります。

会員規約を確認して下部の「同意する」をクリックするとイオンiDの申込画面となります。必要事項を全て入力して「申込内容確認画面へ進む」をクリックして申込手続きを完了します。

携帯電話用Eメールアドレスは、NTTドコモのおサイフケータイ対応機種でのみ利用出来るサービスですので、登録出来るEメールアドレスも、NTTドコモの携帯電話用のものが対象です。

イオンiDの登録には必ず対象となるイオンカードが必要です。イオンカードを持っていない場合はイオンカードの申込手続きからする必要が有ります。

審査及びアクセスコード

イオンiDの審査は申込内容に基づいて実施されますが、基本的に属性や信用情報に問題が無ければ審査に通ると思います。審査に通るとアクセスコードがクレジットカードの利用明細が届いている住所に送られてきます。おおよそ1~2週間程度で送られてきます。

アクセスコードは、アプリをダウンロード後のユーザー認証で必要となるものです。

iDアプリをダウンロード

イオンiDを利用するにはアプリが必要になります。

スマホの場合

  1. Playストア(google play)からアプリを検索
  2. iDアプリの詳細からインストールを選択
  3. iDアプリのアクセス事項を確認してダウンロードが開始される

携帯電話の場合

  1. iMenuからメニュー/検索
  2. ケータイクレジットiDからイオンクレジットサービスを選択
  3. アプリをダウンロードでイオンカードiDのアプリをダウンロード

この他にも携帯電話の場合は、QRコードを読み取りアクセスしてダウンロードが可能となっています。

カード情報の登録

アプリをダウンロードしたら、アプリでアクセスコードの入力と申込時に設定したユーザー認証用の暗証番号を入力します。そして、カード情報を登録するとイオンiDの手続きが完了し利用を開始できるようになります。

スマホの場合

  1. iDアプリを起動して利用規約に同意の上設定をタップ
  2. 新しいカード情報の設定を選択
  3. アクセスコードと暗証番号を入力し設定を選択

携帯電話の場合

  1. イオンカードiDアプリを起動
  2. カード情報をダウンロードしますでOKを選択
  3. アクセスコードと暗証番号を入力して送信を選択
  4. 後は画面に従いOKを選択

イオンiDの利用方法はとても簡単

zihanki

イオンiDの申込さえ完了すれば後は利用は簡単です。「iD」のマークのあるコンビニやスーパーなど店頭では、店員にiDで支払う事を伝え店頭にある読取機にかざして支払いを完了するだけです。また、自動販売機でもiDが利用出来る場合は、iDのロゴと共に読取部分があります。

イオンiDの利用上の注意点など

イオンiDを利用する上での注意点がいくつかあります。

イオンiDの利用金額はいくらまで?

イオンiDは、登録しているクレジットカードの利用限度額の範囲内で基本的に利用する事が可能となっています。

暗証番号の入力

イオンiDでは、利用金額や商品の種類、利用店舗によってセキュリティの為に暗証番号の入力を求められる場合があります。その場合は、指定の暗証番号(数字4桁)を入力する必要が有ります。

支払方法の指定は基本1回払い

イオンiDの支払い方法は、クレジットカードのように分割払いなど選択する事は出来ず、1回払いのみとなります。但し、請求はクレジットカードと合算されますので、後から支払い方法をリボ払いに変更したりすることは可能です。

イオンiDはどんなお店で使える?

イオンiDは以下のようなお店で使えます。実店舗の他にもショッピングサイトでも利用可能な場合が有ります。

コンビニエンスストア

利用出来る主なコンビニ
セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン、ローソン100、デイリーヤマザキ、ミニストップ、サークルKサンクス、ポプラ、ココストア、セイコーマート、他

スーパーなど

利用出来る主なスーパーなど
イオンやイオンモール、イトーヨーカドー、平和堂、アピタ、三井ショッピングパーク、阪急オアシス、阪急三番街、他

グルメ

利用出来る主な飲食店など
マクドナルド、ガスト、バーミヤン、すき家、ステーキのどん、コカコーラ、コメダ珈琲、かっぱ寿司、牛角、白木屋、魚民、笑笑、他

本・CD

利用出来る主な本屋・CDショップなど
紀伊國屋書店、啓文堂書店、コミックとらのあな、タワーレコード、ブックオフ、ブックファースト、丸善、八重洲ブックセンター

家電など

利用出来る主な家電量販店など
ドコモショップ、エディオン、コジマ、ビックカメラ、ヨドバシカメラ

カラオケ・レジャーなど

利用出来る主なレジャー施設など
歌広場、BIG ECHO、シダックス、カラオケの鉄人、自遊空間、富士急ハイランド、コロナワールド、としまえん、東映太秦映画村、他

ドラッグストア

利用出来る主なドラッグストア
ウェルネス、クスリのアオキ、クスリのコダマ、セイジョー、ツルハドラッグ、ドラッグセガミ、富士薬品ドラッグストアグループ、他

バス・タクシー

利用出来る主なバス・タクシーなど
SKタクシー、東京無線タクシー、第一交通産業、キャビック、近鉄タクシー(大阪)大和自動車交通グループ、さくらタクシー、名古屋近鉄タクシー、他

カーライフ

利用出来る主なガソリンスタンドなど
エネオス(セルフSS)、Express(エッソ、モービル、ゼネラルなどExpressnoセルフSS)、オリックスレンタカー、他

その他

利用出来る主なその他の店舗など
ダイソー、ドン・キホーテ、洋服の青山、紳士服のフタタ、美容室アッシュ、雑貨屋ブルドック、ホームセンターユーホーム、45デジタルコンビニ、他

ショッピングサイトなど

利用出来る主なショッピングサイトなど
amazon、タワーレコード、ショップジャパン、ジョーシン、プレイステーションネットワーク、XboxLive、他

※それぞれ対象とならない店舗やサービスがある場合がありますので注意が必要です。店舗によっては利用出来ない場合が有ります。

Apple Payに対応し「iD」が追加される

Apple Payに対応し「iD」が追加される

イオンカードはApple Payに対応しているクレジットカード会社です。イオンカード(WAON一体型)もApple Payに追加する事が可能となっています。

iPhone7やApple Watch Series 2に追加すると、iDが割り当てられ店舗や自動販売機など、iDが利用出来る場所で決済できます。もちろんiDを追加していなくても自動的に追加され利用出来ます。

イオンカードは、Apple Payの対応カードとなっており、iPhone7やApple Watch Series 2へ追加する事でiDが割り当てられ、iDの利用出来る店舗や自動販売機などで支払いが可能です。イオンカードの場合は、VISA、MasterCard、JCBの3ブランドが有ります。MasterCardとJCB...

他にも、アプリ内やウェブ上でのApple Payでの決済も有りますが、VISAブランドはこの2点には対応しておらず、MasterCardとJCBブランドなら対応しています。

Apple PayでのSuicaチャージは、イオンカード(WAON一体型)のMasterCardとJCBブランドならiPhoneのWalletアプリから行えます。VISAブランドはSuicaアプリにVISAカードを登録する事でSuicaにチャージが出来るようになります。

他に、Apple Payは家族カードでも追加する事が出来ますので、本会員に承諾を得てから追加する事が出来ます。尚、イオンカード(WAON一体型)には電子マネーのWAONが有りますが、Apple PayではWAONは追加する事は出来ません。


 

 

イオンiDで携帯電話やスマホの機種変更時について

携帯電話やスマートフォンを利用していると、いつかは機種変更をする事があると思います。他にも思わぬトラブルで携帯端末が壊れてしまう場合も有ります。イオンiDを利用していて機種変更をする場合のて続きについてです。

流れとしては以下のような流れになります。

  1. 機種変更前にイオンiDのカード情報をサーバーへ保管
  2. 機種変更する
  3. 新しい端末でイオンiDの情報を受取る

この様な流れになっています。

機種変更する前にカード情報を預ける

イオンiDを利用していて機種変更する場合は、必ず機種変更の前にカード情報を一旦サーバーへiDのカード情報を保管する必要が有ります。

携帯電話の場合は、

  1. iD設定アプリを起動しイオンカードiDを選択
  2. 機種変更(預け入れ)を選択
  3. 任意の受け取り用パスワードを設定
  4. 表示されたアクセスコードをメモしOKを選択

これで携帯からカード情報をサーバへ預ける事が出来ます。アクセスコードはカード受取時に必要となります。(預入後にiD設定アプリを起動すると、受取時に必要なアクセスコードが表示されます)

スマホの場合は、

  1. iDアプリを起動しイオンカードiDを選択
  2. 機種変更(預け入れ)を選択
  3. 任意の受取り用パスワードを入力し設定を選択
  4. 表示されたアクセスコードをメモしOKを選択

スマホの場合もこれでサーバへ預ける事が出来ます。同様にアクセスコードは受取り時に必ず必要となりますので注意が必要です。(預入後にiDアプリを起動すると、受取時に必要なアクセスコードが表示されます)

カード情報を預け入れる前に機種変更をしてしまった場合は、カード情報の再発行手続きが必要となります。
これらの預け入れ作業は機種変更前に必ず行う必要が有ります。機種変更後では預け入れは出来ません。

機種変更後カード情報の受取り

機種変更が終われば、今度はイオンiDのカード情報を預けていたサーバから受取り新しい機種でイオンiDが利用出来るようにする必要が有ります。

携帯電話の場合は、

  1. iDアプリを起動して利用規約に同意の上設定をタップ
  2. 新しいカード情報の設定を選択
  3. アクセスコードと暗証番号を入力し設定を選択

携帯電話の場合は、新規iDの設定時と同様の操作となります。

スマホの場合は、

  1. iDアプリを起動しスタート!ボタンを選択
  2. イオンカードiDを選択
  3. 預入したカード情報の受取を選択
  4. アクセスコード及び受取用パスワードを入力し設定を選択
  5. 受取りが完了すればその旨が表示され完了となります。

イオンiDの解約方法について

イオンiDを利用しなくなったという方など、不要になった場合は退会をする事が可能です。手続きは簡単でイオンクレジットサービスへ、イオンiDの解約の連絡と、携帯電話やスマホからカード情報を削除する事で完了します。

携帯電話の場合は、

  1. iDの設定メニューを選択
  2. カード削除を選択
  3. イオンカードiDを選択し削除を実行

スマホの場合は、

  1. iDアプリを起動
  2. 各種お問い合わせ/お手続きを選択
  3. イオンカードiDを削除を選択し削除するを選択
一度カード情報を削除すると、再度登録する場合にはカード情報の再発行手続きが必要となります。

まとめ

イオンiDは、イオンカードとおサイフケータイ対応機種があれば利用する事が出来ます。ちょっとした買い物などに携帯端末をかざす事で支払いが出来るのでとても便利です。

ポイントに関しては通常通りの付与となっており、もしも利用頻度が多くクレジットカードの利用がイオンであまり利用しないと言った場合には、クレディセゾンのセゾンiDの方がiD利用でポイントが2倍付与されるので、そちらの方がiDの利用を考えるとお得です。

イオンカードの申込方法を詳しく紹介

イオンiDは毎月20日・30日のお客さま感謝デー5%OFFの対象

他にも、イオンiDは毎月20日と30日に実施されているイオンお客さま感謝デー5%OFFの対象となっています。何れかの日に、イオンiDを利用して全国のイオンやマックスバリュなど対象店舗でのイオンiD払いでも5%OFFの割引となります。

イオンカードWAON一体型

イオンカードWAON一体型は年会費無料のクレジットカードで、専業主婦や学生の方でも申込み可能となっており、様々な方におすすめです。特にイオン関連の店舗ではお得にポイントが貯まったりしますのでお勧めです

カードには電子マネーのWAONが搭載されておりチャージして利用が出来ます。また、Apple Payにも対応したスタンダードなイオンのクレジットカードとなっています。

公式サイトはコチラ

イオンiDのQ&A

Q. イオンiDは年会費や利用手数料は必要?
A:イオンiDは年会費無料で利用でき、利用手数料も必要有りません。対象のイオンカードであれば無料で申込が可能です。
Q. イオンiDの支払い用クレジットカードは変更出来る?
A:現在iDの支払いに利用しているイオンカードから、別のイオン銀行発行のクレジットカードへの変更は可能で、iDアプリから現在登録しているカード情報を削除し、再度新たなカード情報を登録する事で別のイオンカードで利用出来るようになります。
Q. 携帯電話やスマホを解約した場合はどうなる?
A:携帯電話やスマホを解約した場合は、イオンiDも解約となります。イオンクレジットサービスへ退会の連絡と、端末のカード情報を削除する必要が有ります。
Q. 携帯電話やスマホを紛失・盗難に遭った場合は?
A:携帯電話やスマホを紛失又は盗難に遭った場合は、速やかに最寄の警察へ連絡する必要が有ります。また、合わせてNTTドコモへの連絡とイオンクレジットサービスへの連絡も必要となります。
所定の盗難紛失届けの提出が必要となり、電話で手続きの確認をしましょう。また、警察への届出など対応をきちっとしておかないと、万が一イオンiDの不正使用の被害に遭っても補償されない場合が有ります。必ず紛失・盗難時の手続きはきちっと行う必要が有ります。

 -イオンカード

スポンサードリンク