クレジットカードアイ

クレジットカードの紹介や利用シーンなどを紹介

イオンスクエアメンバーに登録するとイオンカードなどの利用がますます便利に

     2017/04/13

イオンスクエアメンバーは、イオンが提供するインターネット会員サービスで、もちろん無料で登録をする事が出来るものです。イオンスクエアメンバーに登録するとイオンカードの請求額の確認やポイントの確認・交換など様々なサービスを利用出来るようになります。

イオンカードを作った場合にはこのイオンスクエアメンバーへの登録はほぼ必須と言えます。ここでは、イオンスクエアメンバーへの登録方法やサービス内容などを紹介したいと思います。

 

イオンスクエアメンバーの主なサービス内容

イオンスクエアメンバーに登録すると、以下の3つのサービスが利用出来るようになります。この中でも、イオンカード会員なら暮らしのマネーサイトやときめきポイントTOWNは重要なサービスとなってきます。

  • 暮らしのマネーサイト
  • ときめきポイントTOWN
  • イオンレジ

暮らしのマネーサイトは、イオンカードの請求額の確認や、ときめきポイントWAONポイントの確認や交換、この他にもイオン銀行の普通預金や定期預金口座照会などが出来るようになっています。

イオン銀行に口座が無い場合などは一部サービスは利用出来ませんが、イオンカードを持っておられる方なら、請求額の確認やときめきポイントの交換などが、インターネットから簡単に行う事が出来るようになります。

また、ときめきポイントTOWNはイオンカードのオンラインモールで、このモールを経由することでAmazonや楽天などインターネットショッピングで2倍~お得にときめきポイントが貯まるようになっています。

イオンスクエアメンバーの暮らしのマネーサイトについて

イオンカード会員になると結構利用すると思われるのが、イオンスクエアメンバーの暮らしのマネーサイトです。この暮らしのマネーサイトではマイページ(MyPage)にログインする事で請求やポイント、各種設定などをしたりする事が出来ます。

いちいち電話や郵送などで資料請求したり変更手続きをする必要も無く、パソコンやスマホで簡単に様々な確認や照会・変更手続きなどが出来るようになっています。

マイページ(MyPage)

イオンスクエアメンバーのマイページは、ログインする事で利用出来ます。

利用明細をWEBで確認

WEB明細(環境宣言)に切り替える事で、マイページから利用明細をオンラインで確認出来るようになります。従来の紙の利用明細(請求明細書)を停止して、全てWEBで確認出来るようにするものです。

WEB明細(環境宣言)に変更する事で、いつでも簡単にパソコンやスマホから利用明細を確認でき、過去24ヶ月分の明細が保存されます。また、紙の請求よりも早くメールで請求確定金額が送られてきます。

そしてなにより、WEB明細に切替えて請求が合った翌月はときめきポイントが10ポイントプレゼントされます。利用があれば毎月10ポイントを獲得する事ができてお得です。

カード登録内容の変更

イオンカードで登録している住所や電話番号の変更、結婚等で苗字が変わった場合などの変更手続きもイオンスクエアメンバーのマイページにログインして簡単に変更手続きを行う事が出来ます。

わざわざ電話や書類を郵送して手続きする必要は有りません。

ときめきポイントの確認・交換

イオンカードのクレジット利用などで付与されるときめきポイントが現在何ポイント貯まっているかの確認をしたり、ときめきポイントを商品と交換したり、WAONポイントへ交換したりの手続きを行えます。

ときめきポイントは紙の利用明細でも記載されていますが、イオンスクエアメンバーのマイページからなら、いつでも確認ができて、パソコンやスマホなどから簡単に交換手続きが出来ます。

家族カードなど追加カードの申込み

イオンカードには家族カードを追加で発行することが出来ます。この追加発行の申込みもイオンスクエアメンバーのマイページから簡単に行えます。必要に応じて家族の分のカードの発行手続きが出来ます。

リボ払い変更

イオンカードでは、クレジット払いで初めは「1回払い」又は「ボーナス一括払い」で購入していたものを「リボ払い」に変更する事が出来ます。

イオンカードのリボ払いの変更は特徴的で、「全リボ」「期間指定リボ」「明細指定リボ」の3つから設定出来ます。全リボは全てリボ払いになり、期間指定リボは1ヶ月単位でリボ設定ができ、明細指定リボは利用明細1件づつリボ指定を選択して行えます。

詳しくはイオンカードのリボ変更サービスで詳しく紹介していますので参考にしてみて下さい。

ネットキャッシング

イオンのネットキャッシングは、イオンスクエアメンバーのマイページから最短即時にカード設定口座に振込をしてもらえるサービスです。また、カード口座がイオン銀行なら365日24時間即振込が実行される便利なキャッシング機能です。

尚、キャッシングはお金を借りるという事なので、利用には十分注意が必要です。

イオン銀行口座残高・WAONポイントの確認

イオン銀行の口座を持っている場合には、その口座を登録する事でイオン銀行普通預金口座・定期預金口座の残高をオンラインで確認する事が出来るようになります。また、WAONポイントの確認も行えます。

複数のカードを一つのIDで管理

例えばイオンカードを2枚持っていた場合、イオンスクエアメンバーへの登録は一つのIDで済ませる事が出来ます。それぞれのカードを1つのIDで管理する事でより使いやすくなっています。

イオンカードのETCカードの追加発行

イオンカードのETCカードの追加発行

ETCカードは、高速道路など有料道路の支払をスムーズに行えるカードです。イオンカードにもイオンETC専用カードがあり、申込時に作らなくても後からイオンスクエアの暮らしのマネーサイトから申込みをし追加発行が可能です。

イオンカードのETCカードの場合はETCゲート車両損傷お見舞金制度が付いています。

イオンiDへの申込み

イオンiDへの申込み

イオンスクエアメンバーの暮らしのマネーサイトでは、後払い式(ポストペイ型)電子マネーのイオンiDを追加し、おサイフケータイで利用出来るようにすることが出来ます。

iPhone7など、Apple Payの場合はイオンカードを読取るだけで簡単にiDを利用する事が出来るようになりますが、Androidなどおサイフケータイの場合は、イオンiDへの申込みが必要となります。

イオンカードでApple Pay(アップルペイ)を利用

 

 

イオンカードで公共料金の支払もイオンスクエアメンバーから可能

イオンカードで公共料金を支払いポイントを貯める 主婦におすすめのクレジットカード

生活する上で必ず毎月支出しているものが有ります。それは公共料金などの固定費などの支払です。毎月それなりの額を支出していると思いますが、イオンカードで公共料金の支払いをするとポイントがお得に貯まります。

公共料金の支払の手続きもイオンスクエアメンバーにログインする事で手続きが出来るものがいくつか有ります。電気・ガス・水道はもちろん新聞や携帯代、インターネット通信料などもイオンカードで支払うとよりポイントが貯まりやすくなります。

単純に毎月公共料金や固定費などで30,000円を支出していた場合、イオンカードでこれらを支払うと毎月150Pのときめきポイントを貯める事が出来ます。さらにイオンなどイオングループで食品や衣料品、日用品などを購入しているとさらにポイントは貯まりますので、とてもお得にポイントが貯まります。

尚、東京電力や東京ガス、東京都水道局などでは口座振替による割引サービスが有ります。この場合、利用金額によってはクレジットカード払いでポイントを獲得するよりも、口座振替の割引額の方がお得な場合が有りますので注意が必要です。

イオンスクエアメンバーから公共料金の支払手続きが出来るものと、資料請求や書面での申込みが必要な公共料金や固定費の支払が有ります。これは住んでいる地域の会社などによって異なります。

本人認証サービス(3Dセキュア)の登録もイオンスクエアメンバーから可能

本人認証サービス(3Dセキュア)の登録もイオンスクエアメンバーから可能

イオンカードの本人認証サービスは、インターネットショッピングにてイオンマークのクレジットカードで代金を支払いの際に、クレジットカード番号や有効期限、セキュリティコードなどと合わせて、ネットショッピング専用のパスワードを入力する事で本人認証を行うサービスです。

3Dセキュアとも呼ばれているこのイオンの本人認証サービスは、他社でも同様のサービスが提供されていて、クレジットカードの各国際ブランドのシステムを利用しています。

この本人認証は、ネットショッピングをしている人が、そのイオンカード会員に間違いないことを確認するもで、導入されているネットショップならこのイオン本人認証サービスのパスワードを求められ、入力すれば決済出来ます。

本人しか知り得ないパスワードなので、クレジットカードの不正利用を防ぐ対策にもなります。ただ、導入されていないネットショップの場合は通常通りのクレジットカード決済となり、パスワードは求められません。

その他の暮らしのマネーサイトのサービス

この他にも、暮らしのマネーサイトでは色々なサービスが有ります。

  • クレジットカードの新規発行
  • イオン銀行カードローン
  • 住宅ローン
  • WEBマイカーローン
  • おまとめローン
  • 各種保険類

などが有ります。この様に暮らしのマネーサイトでは様々なサービスがあり、イオンスクエアメンバーに登録しておくとこれらのサービスを利用できる様になったり、便利になったりします。

ときめきポイントTOWNもイオンスクエアメンバーの登録が必要

ときめきポイントTOWNもイオンスクエアメンバーの登録が必要

インターネットショッピングでイオンカードのときめきポイントをお得に貯める方法として、クレジットカード会社によくあるオンラインモールがあり、イオンではときめきポイントTOWNが有ります。

このときめきポイントTOWNの利用もイオンスクエアメンバー会員専用のショッピングサイトとなっていますので、イオンスクエアメンバーに登録していないと利用出来ません。

ときめきポイントTOWNは、Amazonや楽天、ヤフーショッピングなど大手ECサイトや通販サイトなどが出店しており、経由してそれぞれのサイトでイオンカードで支払をすると表示されている倍率のときめきポイントが貯まります。

ときめきポイントTOWNではどれくらいお得にポイントが貯まる?

ときめきポイントTOWNでは、Amazonや楽天市場、ヤフーショッピングなどは通常2倍となっています。衣料関連なら2~4倍と言ったものも有ります。

最大は21倍までありますが、ポイント倍率の高いのはそれなりに高額なものや、ネットセキュリティ関連でのイオンカードでの支払の場合となっています。

とは言え、直接Amazonにアクセスしてイオンカードで支払うよりも、ときめきポイントTOWNを経由して購入した方が絶対にお得です。イオンカードでポイントをお得に貯めるならやはりときめきポイントTOWN経由は重要です。

ポイントが多く付与されるのは「ときめきポイント」対象のイオンマークの付いたクレジットカード

ときめきポイントTOWNを経由して通常よりも多くポイントが貯まるのは、イオンカードのときめきポイントが貯まるクレジットカードが対象となっています。

イオンのクレジットカードでも提携により発行されていて、ときめきポイントでは無く提携先の独自ポイントが貯まるクレジットカードの場合は、対象外となり表示されている倍率のポイントは加算されません。

クレジットカード名 基本ポイント
イオンカード 200円=1P
イオンカードWAON一体型 200円=1P
イオンカードセレクト 200円=1P
イオンSuicaカード 200円=1P
イオン首都高カード(WAON一体型) 200円=1P
イオンTHRU WAYカード(WAON一体型) 200円=1P

イオンJMBカード(JMB WAON一体型)JQ SUGOCAはそれぞれ提携先の独自ポイントが貯まる仕組みになっています。ですので、ときめきポイントTOWNを経由しても通常通りの付与となります。

イオンスクエアメンバーの登録方法

イオンスクエアメンバーの登録方法

イオンスクエアメンバーの登録は暮らしのマネーサイトから登録する事が出来ます。登録は無料で出来ます。初めての方は新規登録・仮IDで登録を選択して登録手続きが出来ます。

  1. 暮らしのマネーサイトからイオンスクエアメンバーの新規登録・仮IDで登録を選択
  2. クレジットカードをお持ちの方を選択
  3. 利用規約を確認して同意にチェックを入れ登録手続きへ進むを選択
  4. イオンカードの番号や有効期限などの情報を入力
  5. 入力した内容を確認し手続き申込みを選択
  6. 登録手続き完了が表示されれば終了です。後は登録したメールアドレスに確認メールが送られてきます。

イオンスクエアメンバーに登録すると、次回からマイページにログインをする事が出来るようになり、イオンスクエアメンバーにログインが必要なサービスなどを利用出来るようになります。

イオン 暮らしのマネーサイト(イオン)

イオンスクエアメンバーの退会の方法について

イオンカードを持っておられるならイオンスクエアメンバーには登録しておいた方が便利ですが、もし万が一退会したいと言う場合は、イオンスクエアメンバーにログインし、登録者情報の変更から「ID退会」を選択し退会手続きを行う事が出来ます。

退会手続きが完了すると、それまでのIDではログインできなくなります。

※イオンスクエアメンバーを退会したとしても、イオンカードを解約するという訳では有りません。

イオンカードWAON一体型

イオンカードWAON一体型は年会費無料のクレジットカードで、専業主婦や学生の方でも申込み可能となっており、様々な方におすすめです。特にイオン関連の店舗ではお得にポイントが貯まったりしますのでお勧めです

カードには電子マネーのWAONが搭載されておりチャージして利用が出来ます。また、Apple Payにも対応したスタンダードなイオンのクレジットカードとなっています。

公式サイトはコチラ

イオンスクエアメンバーに関するQ&A

Q. 家族カードでもイオンスクエアメンバーIDを取得できる?
A:イオンスクエアメンバーのIDは家族カードでも取得する事が出来ます。ポイントの確認やときめきポイントTOWNの利用などが家族カードでも可能となっています。但し、本会員しか出来ない機能や手続きは行う事が出来ません。
Q. 複数のイオンマークあるイオンカードを追加出来る?
A:イオンスクエアメンバーへは複数のイオンカードを追加してマイページを利用する事が出来ます。ただ、公共料金の申込みやMOM申込み、ときめきポイントTOWN、イオンショップのIDパスワード決済は、新規登録時に登録したカードでの利用となります。後から登録したカードで利用は出来ませんので注意が必要です。
Q. イオンスクエアメンバーのログインを何度か間違えてロックされた場合どうすればいい?
A:イオンスクエアメンバーのID及びパスワードの入力を何度か間違えると、セキュリティの関係上IDロックがかかります。この場合、イオンスクエアメンバーのIDを新規登録する形になります。そして、再度イオンカードを登録する形になります。
イオンスクエアメンバーのIDロックがかかっても、イオンカードで貯めていたポイントが消えるなんて事は有りません。
Q. イオンスクエアメンバーのIDやパスワードを忘れた場合はどうすれば良い?
A:イオンスクエアメンバーのIDを忘れてしまった場合は、ID検索からIDを検索出来ます。姓名、電話番号、生年月日、メールアドレスから検索できます。
但し、パスワードを忘れてしまった場合はイオンスクエアメンバーに新規登録をしなおす必要が有ります。これはイオン側でもパスワードは暗号化されており確認出来ません。尚、この場合も前述の通りときめきポイントなどが失効することは有りません。
Q. イオンスクエアメンバーを退会したら貯めていたときめきポイントは失効する?
A:イオンスクエアメンバーを退会してもポイントは失効しません。イオンスクエアメンバーはあくまでもイオンカードの会員向けサイトです。イオンカード自体を退会しない限りはポイントは失効しません。
Q. イオンスクエアメンバーIDを複数登録しても大丈夫?
A:イオンスクエアメンバーIDを複数登録しても問題ないです。ただ、複数登録しているとややこしくなる場合もあるので、使わないIDは退会手続きしておく方が何か有った時などに紛らわしくなくなります。
Q. イオンカードを持っていなくてもイオンスクエアメンバーのID登録は出来る?
A:イオンスクエアメンバーIDは、イオンカード専用のものではないので、イオンカードを持っていなくてもID登録は可能です。ただ、イオンカードが無いので、イオンカード関連の操作などは出来ません。


 

 -イオンカード

スポンサードリンク