クレジットカードアイ

クレジットカードの紹介や利用シーンなどを紹介

無職や失業中でもクレジットカードの審査に通ることはある?

     2017/04/12

無職や失業中でもクレジットカードの審査に通る?

クレジットカードの審査で無職や失業中であっても審査に通る可能性はあるのか?という疑問を持たれる方もおられると思います。現在職が無いけれども、クレジットカードを利用したいという方もおられると思います。

スポンサードリンク

単に無職や失業中といっても状況によります

基本的に収入の無い無職の方は、クレジットカードの審査では当然ながらかなり不利だと言えます。但し場合によっては問題ない場合もあります。

例えば無職といっても、人それぞれ色々な状況があると思います。

  • 何らかの事情により全く収入が無い
  • 全く収入は無いが貯金が沢山ある
  • 結婚して主婦(夫)をしている
  • 学生である

何らかの事情で無職や失業中で収入が無い場合は厳しい

病気など何らかの事情で無職となり、全く収入がない方は正直審査には通る可能性は低いです。また、全く収入が無いが貯金が沢山有る場合も審査に通るのは厳しいと思います。

いくら預貯金があってもクレジットカードの申込で預貯金の金額を入力する項目は有りません。例え1億円あったとしても、クレジットカード会社は基本的に知る由も有りません。

専業主婦(主夫)の方は審査に通る可能性は有ります

最後に結婚して専業主婦(主夫)になったという方であれば、審査に通る可能性が有ります。

但し、どのクレジットカードでも通る可能性がある訳では有りません。入会資格の項目に安定継続した収入のある方と書かれている場合は、何らかの仕事をしていて、毎月給料を得ている必要が有ります。

可能性があるのは、流通系クレジットカードです。

これらのクレジットカードなどは専業主婦の方でも申込が可能で、審査に通る可能性も十分あります。

但し、キャッシング枠は信販会社の場合は年収の3分の1までという総量規制があり、収入の無い方はキャッシングは基本的に利用出来ません。従ってショッピング枠のみの利用となります。(銀行の場合は総量規制の影響なし)

他にも、専業主婦の方の場合、利用可能枠もそれなりに低いものになります。

学生の場合も審査に通る可能性は有ります

学生の方でもクレジットカードの審査に通る可能性は有ります。クレジットカード会社によっては学生専用のクレジットカードを発行している会社もあります。そのクレジットカードであれば審査に通る可能性は有ります。

また、未成年の方の場合は申込の際に親権者の同意が必要で、別途書面等にて同意の確認が行われます。

これらのクレジットカードなどは、学生の方でも申込ができ、審査に通る可能性も十分あります。

専業主婦と同様に、キャッシング枠の希望は収入が無い場合は難しいです。また、審査により確実に通りたい場合には、キャッシング枠は希望しない方が通りやすいです。

無職や失業中の人がクレジットカードの審査に通る場合と通らない場合

無職や失業中の人がクレジットカードの審査に通る場合と通らない場合

無職や失業中の方でも、申込者それぞれで状況や環境などが異なります。一方で審査に通る方もいれば、審査に通らなかったという場合も有ります。

無職でも審査に通る可能性がある場合

例えばこんな場合には審査に通る可能性が有ります。但し必ずという訳では有りません。あくまでも審査をし決めるのはクレジットカード会社です。専業主婦の方であればこちらのパターンが多いと思います。

  • 無職で配偶者あり、家族名義の持ち家、居住歴5年、固定電話有り
  • 無職で配偶者あり、家族名義の持ち家、親と同居、居住歴5年、固定電話有り
  • 無職で配偶者なし、自己名義の持ち家、親と同居、居住歴10年、固定電話有り、信用情報OK

ここで挙げたのはあくまでも参考例です。クレジットカード会社によっても判断は異なります。ただ、無職の方でも配偶者がいる場合や自己名義や家族名義の持ち家に住んでいて、居住歴がある程度ある場合などは審査に通る可能性があります。

また、無職でも信用情報にクレジットカードの利用と遅れのない支払実績が直近も記録されていれば審査に通る可能性が有ります。

無職でも、その他の属性の部分の評価が高ければ、クレジットカードの審査に通る可能性は出てきます。但し、確実では有りません。クレジットカード会社が不可と判断すればそれまでです。

▼ 属性については以下の記事で紹介しています。

クレジットカードの審査では、属性というものが一つの審査の基準として用いられています。属性は様々なシーンで使用されていますが、クレジットカードの審査では、その人の素性や特徴などを表しています。クレジットカードの審査での属性は重要で、基本的に現在はコ...

無職の人で審査に通らない場合

  • 無職で配偶者なし、賃貸物件で居住歴2年、一人暮らし、固定電話なし
  • 無職で配偶者あり、公営住宅で居住歴3年、固定電話あり、子供あり
  • 無職で配偶者あり、賃貸物件に居住歴1年、固定電話なし、子供あり、信用情報×

無職の方で配偶者がおられない場合で、賃貸物件に一人暮らしの場合、審査に通る可能性は極めて低くなります。他にも、配偶者がおられる場合でも、公営住宅に住んでいて子供が居る場合、生活が厳しいと判断されて通らない可能性が有ります。

また、信用情報に過去の支払の遅延などが登録されている場合には審査に通る事は有りません。

▼ 信用情報に関しては以下の記事を参考にしてみて下さい。

クレジットカードの審査では、属性の他にも信用情報もチェックされます。信用情報はクレジットカードやローン等のその人個人の契約内容や支払状況などを言い、信用情報は信用情報機関に登録されています。信用情報がブラックや信用事故といった言葉は聞いた事がある...
この他にも、年齢などによっても変わってきます。クレジットカードの場合、年齢が高くなるにつれて審査には通りにくくなる傾向が有ります。特に60歳を超えると厳しくなります。

無職の方でも審査に少しでも通る可能性を高める方法

無職の方でも審査に少しでも通る可能性を高める方法

無職の方が少しでも審査に通る可能性を高める方法としては、以下のようなものが有ります。しかし、いずれの場合にしても基本的に収入がない方の場合は審査に通る可能性が低いと覚悟しておく必要が有ります。

無職の方でも審査に通る可能性のあるクレジットカードに申込をする

初めの方でも紹介していますが、クレジットカードは実に多くの種類が各社より発行されています。それぞれのクレジットカードには入会資格というものがあり、安定継続した収入のある方、定職のある方と表示されているカードは無理です。

一方で、18歳以上で連絡の取れる方や、専業主婦でも申込可と書かれているカードであれば無職の方でも審査に通る可能性があります。ですので、申込をするならこういったクレジットカードに申込む事で審査に通る可能性が上がります。なかなか選択できる幅はそれほど多くは有りません。

キャッシング枠は希望しない

クレジットカードでキャッシング枠を希望すると、審査は別に審査が行われます。基本的に無収入の方はお金を借りる事は難しいですし、クレジットカードのキャッシング枠は希望しないほうが審査には通りやすくなります。

また、クレジットカードのキャッシングは消費者金融とあまり変わらない金利です。銀行系カードローンならまだしも、あまりキャッシングを利用する事はおすすめ出来ません。

申込の際は出来るだけ多くの情報を伝える

申込みの書類又は入力フォームでは、必要事項の他にも埋められる部分があれば可能な限り埋めたほうが良いでしょう。より多くの情報を伝える事で、評価が変わる事も有ります。

虚偽の申込みは絶対にしないようにする

基本的に虚偽の申込みが申込時に発覚すると審査に落とされます。また、審査に通ったとしても発覚した時点で強制解約となります。例えば、失業しているのに、前の職場を勤務先に記載したとして、在籍確認があり嘘がバレてしまったという可能性も有ります。

他にも借入金を無しと記載して、信用情報の照会で借入がある事が発覚してしまうという事も有ります。こうした虚偽の内容で申込みをした事がバレた場合、クレジットカード会社によっては社内で要注意人物として登録されてしまう可能性も有ります。

そうなってくると、今後その会社に申込みをしても審査に通らなくなってしまいます。また、上手く審査に通ったとしても途中でバレてしまった場合には強制解約となり、信用情報にも強制解約の旨が登録されます。

そうなってくると、別の会社でもクレジットカードやカードローン、キャッシング、その他各種ローン等が利用出来なくなる可能性がとても高くなります。申込み内容は正直に正確な情報を記載する事が大切です。

いずれにしても、これらの方法は、少しでも審査に通る可能性を高くする方法であって、これをしたから審査に必ず通るという訳では有りません。また、クレジットカード会社やカードの種類によって審査基準は異なります。

家族カードという選択肢

家族カード

無職の方や失業中の方でどうしてもクレジットカードが必要という場合は、家族カードという選択肢も有ります。配偶者や親など親族にお願いしてみるのも方法です。と言うかこちらの方法が基本的には手っ取り早いです。一度聞いてみてはいかがでしょうか?

配偶者や親などがクレジットカードを持っている場合

配偶者や親などがクレジットカードを既に持っている場合には、そのクレジットカードに家族カードがある事を確認し、家族カードを追加で発行してもらうようにお願いすると良いでしょう。

クレジットカードは種類によって家族カードがない場合も有りますので注意が必要です。(交通系クレジットカードなど)

配偶者や親に新たにクレジットカードを作ってもらう

もしも配偶者や親がクレジットカードを持っていなかった場合には、クレジットカードをお願いして作ってもらい、家族カードを発行してもらうという方法もあります。

この場合、申込みをする配偶者や親が審査を受ける形になり、通れば発行され、そして家族カードを追加で申込みしてもらいます。

家族カードの注意点など

家族カードを利用する場合にはいくつか注意点があります。家族カードを作ってもらってもどのようなものか把握しておかないと後々家族間でトラブルになる可能性も有ります。

基本的にポイントは本会員に貯まる

クレジットカードの家族カードは、本会員に紐付いているクレジットカードです。基本的にその家族カードを利用して付与されたポイントは本会員にまとめて貯まるようになっています。例えば親のクレジットカードの家族カードならポイントは全てそちらに貯まる仕組みになっています。

支払は本会員が家族カード分も合わせて支払う

家族カードは、本会員の追加カードですので、家族カードで利用した請求額は全て本会員にまとめて合算で請求され引落しされます。ですので、支払をどのようにするのか配偶者なり親なり、本会員となる相手としっかり話しをして取り決めをしておかないと、もめる原因になる事もあります。

利用状況が本会員に把握される

上記の請求・支払に関連して、家族カードで利用した内容も全て本会員に請求が行きますので、利用内容を把握されます。場合によっては、利用の仕方を指摘されたりする可能性も有ります。

利用限度額は本会員の影響を受ける

場合によっては、本会員の利用限度額が低かった場合、家族カードは本会員の限度額の範囲内ですので、利用出来なくなる可能性があります。例えば、本会員の利用限度額が10万円だった場合に、本会員が毎月7万円の支払をカードで定期的に行っていた場合、家族カードは残り3万円しか利用出来ない事になります。

もちろん、利用しようと思えば利用出来ますが、本会員にぶら下がっている状況なので、本会員の利用を無視して家族カードを使えば、本会員の本来の支払が出来ずトラブルになる事も有ります。

家族カードは、無職や失業中の方でもクレジットカードを持つ事が出来る簡単な方法の一つです。しかし、あくまでも本会員の追加カードという事で利用の際には色々と気を使う事も多いと思います。
ある程度、本会員と取り決めをするなどしなければ、やはり家族であってもトラブルになる可能性は有ります。
また、家族カードの機能としては本会員とさほど変わらないサービス内容となっていますが、あくまでも家族カードであって本会員では有りませんので、自由に利用出来るかというと美妙な所です。

まとめ

無職や失業中の方でも場合によってはクレジットカードの審査に通る可能性は有ります。しかし、基本的には収入の無い方は審査では不利にある事は間違い有りません。

審査に通る可能性のあるクレイジットカードの種類も限られており、選択肢は少ないです。

狙い目としては、入会資格に収入の条件が記載していなかったり、主婦(主夫)や学生の方でも申込み可能と書かれたクレジットカードが可能性が有ります。但し、住居形態や居住年数、配偶者の有無、同居家族、信用情報など、属性や信用情報が影響してきます。

無職の学生の方は学生専用カードがお勧めです。また、家族カードを持つという方法もあり、注意点もありますが一番手っ取り早くクレジットカードを持つ方法ですので、配偶者の方や親などにお願いして、家族カードを発行してもらうのも方法です。

独身で失業中で、一人で賃貸住まいの方の場合は審査に通る可能性が低いです。新しい仕事を見つけて就職してから申込む方が良いでしょう。

 -クレジットカード 審査

スポンサードリンク