クレジットカードアイ

クレジットカードの紹介や利用シーンなどを紹介

NHK受信料のクレジットカード払いについて 継続払いの新規や変更、一時払いの方法など

     2017/04/13

NHK受信料のクレジットカード払いについて 継続払いの新規や変更、一時払いの方法など

NHKの受信料に関しては色々と議論のある所ですが、ここではNHKの受信料のクレジットカード払いについて紹介したいと思います。クレジットカード払い以外には、口座振替や振込用紙での支払いなどの方法も有ります。

 

NHK受信料の支払い方法について

NHK受信料の支払い方法は、以下の3つの方法が有ります。

  • 振込用紙による支払い
  • 口座振替での支払い
  • クレジットカードでの支払い

振込用紙での支払いは、コンビニや銀行等で支払い期日までに支払いする方法です。口座振替は金融機関の口座から毎回自動的にNHK受信料を支払う方法です。クレジットカード払いも同様にクレジットカードから毎回自動的に支払う方法で、カードの請求と合算して支払いとなります。

契約の種別

NHKの受信料には契約の種別があり、衛星放送を受信できる「衛星契約」と地上放送のみの「地上契約」の2種類が有ります。衛星契約には地上契約も含まれて居ます。当然ですが、衛星契約の方が受信料金は高くなります。

口座振替又はクレジットカード払いでかつ前払いがお得

NHK受信料は、口座振替又はクレジットカード払いの方が振込用紙での支払い(継続振込)よりも安くお得となっています。さらに、支払いコースは2ヶ月払よりも、6ヶ月前払い、12ヶ月前払いの方が2ヶ月払いよりも安くお得となっています。

家族割引

NHK受信料には家族割引があり、同一生計で離れて暮らす家族が対象となっており、例えば学生さんや単身赴任されている場合などや別宅などでのNHK受信料の支払いの場合は家族割引の対象となり、50%割引されます。

NHK受信料額

NHKの受信料額についてです。尚、沖縄県に関しては受信料が異なります。

地上契約

支払方法 口座振替/
クレジットカード
振込用紙
(継続振込)
2ヶ月払額 2,520円 2,620円
6ヶ月前払額 7,190円 7,475円
12ヶ月前払額 13,990円 14,545円

地上契約

支払方法 口座振替/
クレジットカード
振込用紙
(継続振込)
2ヶ月払額 4,460円 4,560円
6ヶ月前払額 12,730円 13,015円
12ヶ月前払額 24,770円 25,320円
料金に関しては掲載時点での料金となっており、今後変更やそもそも制度や仕組みが変わる可能性が有りますのでご注意下さい。また、家族割引の場合はこれらの額よりも安くなります。

NHK受信料のクレジット払いのメリットなど

NHK受信料のクレジット払いのメリットなど

NHK受信料をクレジットカード払いにするメリットについてです。

  • クレジットカード払いだとクレジットカードのポイントが貯まりお得
  • 他の公共料金と合わせてクレジットカード払いにする事で、支払をカード支払日にまとめられて便利です。毎月の固定費も把握しやすいです

口座振替でもクレジットカード払いでも6ヶ月前払や12ヶ月前払なら振込用紙よりもお得で、さらに2ヶ月払いよりもお得です。ただ、口座振替よりも、クレジットカード払いの方がポイントが付くのと固定費の支払いをカードの引落日にまとまるので分かりやすいです。

クレジットカードにはポイントサービスと言うものがあります。クレジットカードを利用して買い物をするとその利用金額に応じてポイントが付与されるというものです。貯まったポイントは、景品と交換したり他のポイントや電子マネー、キャッシュバックなど様々なもの...
一部クレジットカード会社ではNHK受信料の支払いではポイントが半減したり付与されないクレジットカードもあるので注意が必要です。
例えばアメリカン・エキスプレスが発行するクレジットカードではメンバーシップ・リワードのポイント加算の対象外となっています。

NHK受信料のクレジットカード払いについて

NHK受信料のクレジットカード払いについて

NHK受信料のクレジットカード払いで、対応するクレジットカードなどについてです。

NHK受信料の支払いに利用可能な国際ブランド及び対応クレジットカード会社

NHK受信料の支払いで利用可能なクレジットカードの国際ブランドは、VISA、MasterCard、JCB、AMERICAN EXPRESS、Diners Clubとなっています。

対応国際ブランド及びクレジットカード会社

NHK受信料のクレジットカード払いには以下のクレジットカードが対応しています。

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express
  • dinersClub
  • イオンカード
  • エポスカード
  • Oricoカード
  • セゾンカード
  • ジャックスカード
  • セディナカード
  • OMCカード
  • CFカード
  • TS3カード
  • MUFGカード
  • DCカード
  • UFJカード
  • NICOSカード
  • UCカード
  • ライフカード
VISAやJCBなど対応国際ブランドならクレジットカード会社のマークが掲載されていなくても支払い可能な場合が有ります。詳しくはお持ちのクレジットカード会社のWEBサイトでご確認下さい。

NHK受信料のクレジットカード払いの申込方法

NHK受信料のクレジットカード払いの申込方法

NHK受信料のクレジットカード払いの申込方法は新規の場合も口座振替や振込用紙による支払いから変更の場合もインターネットから手続をする事が出来ます。

新規契約の場合

上記HNK受信料の窓口のインターネット営業センターのページにアクセスし、放送受信規約や説明内容を確認して同意し、新規契約のお手続へをクリックします。

後はフォームに必要事項を入力し、支払い方法の部分にはクレジットカードでの支払いを選択、すればクレジットカード払いの新規契約が出来ます。

口座振替等からクレジット払いへ変更の場合

現在、口座振替や振込用紙による支払いをしている方で、クレジットカード払いに変更する場合は、上記HNK受信料の窓口のインターネット営業センターのページにアクセスし、インターネットからの手続か郵送での手続が出来ます。

尚、現在クレジットカード払いをしている方でクレジットカードを変更したい場合もこの手続方法となります。

インターネット手続の場合

インターネットから必要事項をフォームに入力していき支払い方法をクレジットカード払いに変更する方法です。手続確認の通知が電子メールで届きます。

郵送での手続の場合

インターネットからでは無く、郵送で手続をする場合は、手続用紙を印刷して郵送する方法が有ります。プリンタが無い場合はインターネットから手続用紙を請求し取寄せる事が出来ます。

いずれの場合も手続用紙に必要事項を記入等して郵送して続きをします。

クレジットカード一時払いの手続について

クレジットカード一時払いは、払込用紙を持っている場合にクレジットカードで「その1回だけ」を支払う事が出来るものです。

HNK受信料の窓口のインターネット営業センターのページから手続も出来ますし、ヤフー公金払いからでも払込用紙の1回分をクレジットカード払いでする事が出来ます。

基本的に1回1回クレジットカードで支払い手続をしても割引は有りませんので、払い続けるなら6ヶ月前払いや12ヶ月前払いの支払い方法の方がお得です。

NHK受信料の支払いでお勧めのクレジットカード

NHK受信料の支払にお勧めのクレジットカードの紹介です。既にクレジットカードを持っているという方はそのクレジットカードを支払いに使って問題は無いと思います。

もし、ポイントがたまりにくいと感じていたり、利用環境に合っていないと感じていたら違うクレジットカードを検討してみるのも方法です。

年会費が無料のクレジットカード

まずは年会費無料のお勧めクレジットカードの紹介です。

イオンカードWAON一体型

aeon-waon

公式サイトはコチラ

イオンカードWAON一体型は、イオンカードに電子マネーWAONが搭載された便利なクレジットカードです。専業主婦の方にもおすすめのクレジットカードです。

また、学生の方や年金受給者の方でも持つ事が可能なクレジットカードで、初めてという方にもイオンカードは向いています。尚、イオンカードは毎日イオングループ対象店舗でポイントが2倍となっておりお得です。

年会費無料のクレジットカードで、VISA、MasterCard、JCBの国際ブランドから選択でき、Apple Payも設定し利用出来ます。他にもイオン銀行キャッシュカード機能が付いたイオンカードセレクトもおすすめです。

年会費 無料
入会資格 18歳以上の電話連絡可能な方。(高校生除く)

※未成年者は親権者の同意が必要

ポイントプログラム ときめきポイント
備考

イオンカードの申込方法を詳しく紹介

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード

公式サイトはコチラ

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードは、クレディセゾンのクレジットカードで、利用があれば年会費はずっと無料です。貯まるポイントも永久不滅ポイントで有効期限が有りません。普段はあまり使わないという方でも、ポイントの失効を気にする事なく貯められます。

アメックスブランドですが、日本ではJCBと提携していますので、JCBが利用出来る店舗ならアメックスも基本的に利用可能となっています。

年会費 初年度無料
翌年以降も年1回以上の利用があれば無料(通常1,000円+税)
入会資格 18歳以上の電話連絡可能な方。(高校生除く)

※未成年者は親権者の同意が必要

ポイントプログラム 永久不滅ポイント
備考

Orico Card THE POINT(オリコザポイント)

Orico Card THE POINT(オリコザポイント)

Orico Card THE POINT(オリコザポイント)は、Oricoの年会費無料の高還元なクレジットカードです。公共料金の支払はもちろん普段使いにもとても便利でお得なクレジットカードとなっています。

年間利用額によっては、上位のゴールドカードOrico Card THE POINT PREMIUM GOLD(オリコザポイントプレミアムゴールド)が年会費も約2,000円ちょっとでとてもお得です。

年会費 年会費無料
入会資格 原則として年齢18歳以上の方。(高校生は除く)

※未成年者は親権者の同意が必要

ポイントプログラム Oricoポイント
備考

スタンダードなクレジットカード

スタンダードなクレジットカードは、知名度やそれなりのステータス性があるクレジットカードで、バランスが取れているカードが多いです。

三井住友VISAクラシックカード

公式サイトはコチラ

三井住友VISAクラシックカードは、CMなどでもお馴染みの三井住友カードのスタンダードなクレジットカードです。年会費も条件によって無料にする事が出来ます。

年会費 初年度無料
通常1,250円+税 ※条件によっては無料
入会資格 満18歳以上(高校生除く)

※未成年者は親権者の同意が必要

ポイントプログラム ワールドプレゼント
備考

JCB一般カード

JCB一般カードは、国際ブランドでもあるJCBが直接発行しているクレジットカードで、JCBカードの中でもスタンダードなカードです。どちらかと言うとエンタテイメントや旅行などのサービスなどが充実しているイメージが有ります。

年会費 初年度無料
通常1,250円+税 ※条件によっては無料
入会資格 18歳以上で、本人又は配偶者に安定継続した収入のある方。
又は、18歳以上の学生の方。(高校生は不可)

※未成年者の場合は親権者の同意が必要

ポイントプログラム OkiDokiポイント
備考

NHK受信料のクレジットカード払いでの注意点

NHK受信料のクレジットカード払いではいくつかの注意点が有ります。

申込や契約の注意点

申込や契約に関する注意点です。

開始は申込した時点の次回又は次々回から

NHK受信料のクレジットカード払いを申込した場合、クレジットカード継続払いの開始は、申込をした時点の次回又は次々回からとなりタイミングによって開始時期が変わります。(新規の場合を除く)

クレジットカード決済出来ない場合も

NHK受信料のクレジットカード払いの申込をすると、NHKからクレジットカード会社へ確認が行われ、その結果クレジットカード払いが出来ない場合が有ります。その場合は従来通りの支払いが継続する事になります。この判断をされると諦めるしか有りません。

クレジットカードを変更する場合は変更手続が必要

現在支払いに利用しているクレジットカードを変更する場合は、変更と同様の手続が必要となります。

申込の前に必ずNHK受信料窓口のページの注意事項等を確認下さい。

NHKについて

NHK(日本放送協会)は、放送法に基づいて設立された総務省所管の特殊法人です。公共放送となっており民間放送とは異なりいわるゆCMは無く、基本的には受信料で運営されている法人です。

名称 日本放送協会
所在 東京都渋谷区神南二丁目2番1号
備考

 -公共料金等のクレジットカード払い

スポンサードリンク