クレジットカードアイ

クレジットカードの紹介や利用シーンなどを紹介

専業主婦もクレジットカードは作れる お勧めクレジットカードや申込・審査など

     2017/04/15

専業主婦もクレジットカードは作れる お勧めクレジットカードや申込・審査など

専業主婦の方でもクレジットカードを作りたいという方や、必要とはおられると思います。しかし専業という事で無職という形になりますので、クレジットカードに申込んでも審査に通らないのでは?と心配される方もおられると思います。

でも大丈夫です。仕事をされていない専業主婦の方でもクレジットカードは作る事が出来ます。ここでは、専業主婦の方のクレジットカードについてや、お勧めのクレジットカードについて紹介したいと思います。

スポンサードリンク

専業主婦でもクレジットカードは作れる

専業主婦というのは冒頭でも紹介したように、結婚されていて家事や育児などを専業としておられる方で、仕事をされていない方を言います。無収入である専業主婦の方でもクレジットカードを作れるのは配偶者がいるというのも一つの理由です。

従って、ステータス性の高いアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードでも条件さえ満たせば専業主婦の方でも申込ができ、審査に通れば持つ事は可能です。

専業主婦の方のクレジットカードの申込と年収の記載について

専業主婦の方のクレジットカードの申込は、普通にインターネットから簡単に申込が出来ます。クレジットカード会社によって様々ですが、申込の際の職業欄は「専業主婦」を選択する形になります。

年収の項目については、イオンカードなどでは専業主婦を選択すると自動的に年収欄は入力出来なくなるように設定されています。この辺はカード会社の申込画面によって異なりますが、本人年収とかかれていたり単に年収となっていれば専業主婦の方は「0」となります。

アメリカン・エキスプレスの場合などは、年収(世帯年収)と表示されていますので、ここには配偶者を含めた世帯の年収を記載する事になります。

基本的に申込画面で聞かれている内容について事実を入力又は選択していけば良いだけですのでそれほど難しいものでは有りません。

専業主婦のクレジットカードの審査について

収入の無い専業主婦の方でもクレジットカードを作る事は可能なのですが、当然ながら審査に通ればの話となります。入会資格を満たしていたからといって必ず審査に通るとは限りません。

もちろん職業欄には専業主婦として申込をしますので、専業主婦である事を前提に審査は行われいます。基本的には属性と信用情報がポイントとなってきますが、信用情報は重要となります。

年収に関しては無いものという前提となりますが、配偶者の年収を記載する場合には配偶者の年収なども影響してきます。

専業主婦の方の信用情報の影響について

もし、既に自分名義のクレジットカードを持っていて利用実績やきちっとした支払いが行われている情報が信用情報機関に登録されていれば審査に通る可能性は高まります。

逆に自分名義で過去にクレジットカードの支払いや携帯端末の分割払いの遅延がある場合や、債務整理等を行った場合にその情報が信用情報機関に登録されていたら審査に通る可能性はかなり低くなってしまいます。

配偶者の信用情報について

専業主婦の方の場合は、配偶者の信用情報も影響する可能性があります。会員規約やカード規約などなど同意が必要な条項が申込前にはあります。その中で個人信用情報機関への登録・利用という条項が有ります。

この条項は信用情報機関への登録とすでに登録されている情報があれば利用すると言うものです。この中に、会員及び会員の配偶者の個人情報が登録されている場合にはそれを利用する事に同意する。と書かれている場合が有ります。

セゾンカードやアメリカン・エキスプレスなどなど色々なカード会社で記載されている場合があります。この場合は配偶者の信用情報もチェックされます。当然ですが、貸金業法や割賦販売法などに基づいた支払い能力や返済能力の調査に使われるだけです。

もし、配偶者の情報もチェックして支払い能力に疑問がある場合には審査には落ちてしまう可能性があります。例えば配偶者がクレジットカードを何枚も持っていてショッピング枠が多すぎる場合、支払いの遅延が続いている場合などなど色々あります。

専業主婦がキャッシング枠を希望する場合

基本的にキャッシングは貸金業法によって年収の3分の1以下と決まっています。従って専業主婦の方の場合は無収入なので貸付出来ません。但し、配偶者がおられるので、同意書の提出や配偶者の収入証明を提出する事などでキャッシング枠を付ける事は可能な場合が有ります。

キャッシング枠を希望すると、ショッピング枠とは別に審査が行われる事になります。

但し、希望通りのキャッシング枠が設定されるか分かりませんし、キャッシング枠は付かない場合やカードの審査に落ちる場合も有ります。キャッシング枠は後からでも希望出来るので、まずはクレジットカードを作ってからの方が良いとおもいます。

その後もし必要であれば、追加でキャッシング枠を希望し審査を受けてみるのも方法です。

専業主婦の利用限度額はどれくらい?

専業主婦の利用限度額はどれくらいかというと、これもクレジットカード会社の判断によります。一般的には初めは30万円以下というのが多いようです。利用実績や支払い状況などによっては後から利用可能枠が増える場合もあります。

配偶者の年収や信用情報などが分かっていて上客と判断されればそれこそ100万円の利用可能枠が設定される可能性だって有ります。

いずれにしてもクレジットカード会社が合法的かつ規約に定める方法によって知りえた情報で総合的に判断されますので何とも言えません。それほど支払い能力が無いと判断されれば利用限度額は低く設定されるでしょう。

逆に毎月コンスタントにクレジットカードを利用し、一度も支払いに遅れる事無くきちっと支払いが行われていれば段々利用可能枠は増えていく事も有ります。

専業主婦の方にお勧めのクレジットカード

専業主婦の方でも審査に通る可能性があり、持つ事が可能なおすすめのクレジットカードです。

年会費が無料のクレジットカード

年会費無料のクレジットカードには専業主婦の方でも十分審査に通る可能性のあるクレジットカードが有ります。

イオンカードWAON一体型

aeon-waon

公式サイトはコチラ

イオンカードWAON一体型は、イオンカードに電子マネーWAONが搭載された便利なクレジットカードです。専業主婦の方にや主婦、学生、新社会人など幅広い方におすすめのクレジットカードです。

また、学生の方や年金受給者の方でも持つ事が可能なクレジットカードで、初めてという方にもイオンカードは向いています。尚、イオンカードは毎日イオングループ対象店舗でポイントが2倍となっておりお得です。

年会費無料のクレジットカードで、VISA、MasterCard、JCBの国際ブランドから選択でき、Apple Payも設定し利用出来ます。他にもイオン銀行キャッシュカード機能が付いたイオンカードセレクトもおすすめです。

年会費 無料
入会資格 18歳以上の電話連絡可能な方。(高校生除く)

※未成年者は親権者の同意が必要

ポイントプログラム ときめきポイント
備考

イオンカードの申込方法を詳しく紹介

セゾンカードインターナショナル

セゾンカードインターナショナルを徹底解説 年会費がずっと無料で主婦の方にもおすすめ

セゾンカードインターナショナルは、クレディセゾンのスタンダードなクレジットカード。女性の方に向いているクレジットカードと言われており、専業主婦の方でも申込可能です。

年会費 永年無料
入会資格 18歳以上で電話連絡が可能な方。(高校生は除く)

※未成年者は親権者の同意が必要

ポイントプログラム 永久不滅ポイント
備考

エポスカード

エポスカードを徹底解説 マルイでの利用はもちろんその他の特典も魅力的なカード

公式サイトはコチラ

エポスカードは、マルイ関連の会社が発行する年会費無料のクレジットカードで、ファミレスやカラオケなどの優待があり専業主婦の方にもお勧めの1枚です。楽天Edy、モバイルsuica、スターバックスカードへのチャージでもポイントが貯まります。

年会費 年会費無料
入会資格 18歳以上の方(高校生除く)

※未成年者は親権者の同意が必要

ポイントプログラム エポスポイント
備考

専業主婦の方の家族カードと言う選択肢

クレジットカードには、家族カードと呼ばれる追加発行出来る家族向けのクレジットカードが有ります。どうしても専業主婦の方がクレジットカードが必要という場合や、審査に通らなかった場合などはこの家族カードと言う方法があります。

配偶者の方がクレジットカードを持っていれば追加で家族カードを発行してもらうだけです。専業主婦の方の信用や審査は無く、本会員の信用を元に発行されるカードです。

この場合は、配偶者の方にお願いして家族カードの申込をしてもらい発行してもらう形になります。

とは言え、自分が申込をして持つクレジットカードとは異なり、家族カードで利用した請求や明細、ポイントなどは本会員に集約されます。何にいくら利用したかなどは全て本会員も知る事となります。

別に気にしないという場合なら問題有りませんが、やはり余り購入したものや利用を知られたくない場合などには家族カードは向いていません。

まずは夫婦で話をして申込をしてみる

いずれにしても、専業主婦の方がクレジットカードを作りたいという場合には、クレジットカードを作りたいと配偶者に話をして申込をしてみると良いでしょう。

一緒にクレジットカード選をするのも良いでしょうし、先にある程度どのクレジットカードにするか絞っておいて、そのクレジットカードについてどんな感じのクレジットカードなのか把握して相談するのも良いと思います。

配偶者の方としても知らないなんて事になって余計なトラブルを生む事も有ります。

 -おすすめクレジットカード

スポンサードリンク