クレジットカードアイ

クレジットカードの紹介や利用シーンなどを紹介

イオンカードのときめきポイントについて お得な貯め方やおすすめの交換は?

     2017/04/13

イオンカードのときめきポイントは、クレジットカードのイオンカードで支払をした際に利用金額に応じて貯まるカードのポイントの名前です。このときめきポイントを貯めて商品に交換したり、WAONポイントに交換したり、ネットショッピングで利用したり出来ます。

そんなイオンカードのときめきポイントについての紹介や、お得な貯め方からおすすめの交換先なども紹介したいと思います。

 

イオンカードのときめきポイントとは?

イオンと言えばWAONをイメージされる方もおられるかも知れませんが、イオンのクレジットカードのイオンカードを利用して貯まるポイントはときめきポイントです。

基本的にはクレジットでの買物で200円(税込)ごとに1Pのときめきポイントが付与されます。

ときめきポイントは200円で1ポイント貯まる

但し、イオンカードはいくつもの種類が発行されています。中にはときめきポイントではなく提携先の独自ポイントが貯まるイオンカードも有ります。

また、JR東日本でのご利用分で、みどりの窓口、びゅうプラザ、券売機、VIEW ALTTE(ビューアルッテ)でのSuicaチャージ分、モバイルSuicaなど)は400円で1Pの付与となります。

他にも、SMART ICOCAのクイックチャージも同様に400円で1Pのときめきポイントの付与となり、通常よりも付与率が下がります。

ときめきポイントが貯まる主なイオンカードの種類

ときめきポイントが貯まるイオン銀行発行のイオンカードには以下のようなものが有ります。他にも提携カードなどが色々と有ります。

イオンカードWAON一体型やイオンカードセレクトはイオンカードの中でもお勧めのクレジットカードです。また、イオンゴールドカードは一定の条件を満たした場合に招待されるものです。

イオンカードの申込方法(作り方)

 

 

ときめきポイントの付与やタイミングについて

クレジットカードのポイント付与は、一般的には以下の2つのパターンのいずれかの方法で付与されます。

  • 毎月の請求の支払総額から○○円毎に○ポイント付与
  • 請求1件ずつ○○円毎に○ポイント付与

イオンカードのときめきポイントの付与は、後者のクレジット利用の1件ごとに計算され、支払月に加算される仕組みになっています。

イオンカードのときめきポイントの貯まり方の例

例えばイオンカードで、以下のような支払をしたとします。イオンカードの場合は、請求1件ずつでポイントの付与が行われます。

項目 支払額やポイント
コンビニでの利用 1,400円(7P)
電気代 6,000円(30P)
ガス代 3,400円(17P)
携帯代 8,600円(43P)
プロバイダ料 4,400円(22P)

請求1件ごとにポイントが付与される為、端数は切り捨てられてしまうので支払総額に対してポイントが付与される場合と比較すると、端数分はどうしても損してしまう形になってしまいます。

まあこれに関してはそう言う仕組みで決まっているので仕方ない部分ではあります。

イオンカードの分割払いやリボ払いなどのときめきポイント付与のタイミング

イオンカードを利用していると、様々な支払方法を利用する場合が有ると思います。高額な利用であれば分割払いを利用したり、ボーナス一括払いやボーナス2回払いを利用する事も有ると思います。

そうした場合のときめきポイントの付与のタイミングは以下の通りです。

支払い ポイント付与のタイミング
分割払い(2回払い除く)、リボ払い 第1回目の支払月にときめきポイントを加算
2回払い それぞれの支払月にときめきポイントを加算
ボーナス一括払い 指定した支払月にときめきポイントを加算
(1,7,8,9月のいずれか)
ボーナス2回払い 1回目の支払月にときめきポイントを加算
(1月又は8月)

イオンiDやApple Payなど電子マネーの利用でもときめきポイントは貯まる

イオンカード Apple Pay アップルペイ

イオンカードには、NTTドコモのおサイフケータイで買い物が出来るポストペイ型電子マネーサービスiDを追加したり、Apple Payでイオンカードを読取りiDを追加して利用する事が出来ます。

これらの利用もイオンカードでの支払いとなりますので、当然ながら利用した分はクレジットカードの請求と合わせて行われます。iD利用分もときめきポイント加算の対象となります。

イオンカードに追加出来る電子マネー「イオンiD」について

イオンカードでApple Pay(アップルペイ)

ときめきポイントの有効期限

ときめきポイントには有効期限が有ります。この有効期限を過ぎると、貯めていたときめきポイントは失効してしまいます。ときめきポイントの有効期限は、最長約2年、最短約1年の有効期限となっています。

有効期限に幅があるのは、ときめきポイントの獲得期間と応募期間が影響しています。応募期間はときめきポイントを商品やWAONポイントなどに交換出来る期間を言います。要は有効期限です。

ポイントの獲得期間 誕生月11日~翌年誕生月10日
ポイントの応募期限 ポイントの獲得期間開始日の翌々年誕生月末日

ポイント獲得期間は、その期間が一つの区切りとなり、その期間に獲得したときめきポイントを、応募期間で利用する形になります。

8月が誕生月の場合は以下のような獲得期間と、応募期間となっています。

ときめきポイントの有効期限

入会するタイミングや獲得するタイミングによっては短くなる

例えば先程の8月誕生月の例でいくと、11月に入会して翌12月にポイント付与があった場合、獲得期間中ですので、応募期間(有効期限)は約20ヶ月で約1年6ヶ月の有効期限となります。

同じ例で、7月にポイントの付与があった場合、応募期間(有効期限)は、約13ヶ月で約1年1ヶ月の有効期限となります。

ときめきポイントの有効期限は、この様に獲得期間とその期間開始日から翌々年度誕生日月末の有効期限が繰り返し続いていく形になります。

ときめきポイントの有効期限の確認方法

現在のときめきポイントの有効期限の確認方法は、毎月の利用明細(請求明細)に記載して有ります。また、オンラインの利用明細であるイオンカードのWEB明細(環境宣言)を利用している場合は、イオンスクエアのマイページにログインして確認出来ます。

ときめきポイントの有効期限の延長はある?

ときめきポイントの有効期限の延長は有りません。過去の2011年のポイント制度変更の時期に特例として有効期限の延長措置がありました。それ以外に獲得したときめきポイントの有効期限を延長させる方法は有りません

ときめきポイントをお得に貯める方法

イオンカードのポイントプログラムであるときめきポイントをお得に貯める方法についての紹介です。

どのクレジットカードにも言える事ですが、クレジットカードを利用しないとポイントは貯まりません。また、クレジットカードを何枚も使い分けているとポイントが分散してしまい、結果1つ1つのカードのポイントが貯まりにくくなるという事も有りますので注意が必要です。

イオンカードでは、以下のお得に貯まる方法があります。こうした日の利用でお得にときめきポイントを貯める事が出来ます。イオングループなら毎日2倍貯まるので主婦の方にはおすすめです。

お得に貯まる特典 ポイント倍率
イオングループ対象店舗でいつでも2倍
(いつでも/イオングループ対象店舗)
2倍(200円で2P)
ありが10デー
(毎月10日/イオングループ対象店舗)
5倍(200円で5P)
ときめきWポイントデー
(毎月10日/イオンカードが使えるお店)
2倍(200円で2P)
ときめきポイントクラブ
(いつでも/対象加盟店)
2~5倍

イオングループの対象店舗でいつでもポイント2倍

イオングループの対象店舗でいつでもポイント2倍

イオンカードのときめきポイントは、やはりイオン関連の店舗での利用がお得にポイントが貯まる仕組みになっています。このイオングループの対象店舗でときめきポイント2倍貯まると言うのは大きいです。

200円で1P貯まる所、対象店舗なら200円で2Pの付与となります。

尚、ありが10デー、毎月10日「Wポイントデー」など、その他のポイント倍付企画、その他のポイントキャンペーンなどとの併用は有りません。

ありが10デー

イオンのありが10デーは、毎月10日にポイントが5倍になるイオンの特典で、イオンカードのクレジット利用ではときめきポイントが5倍の200円で5P貯まる仕組みになっています。

このありが10デーは、イオングループでの毎日2倍やときめきWポイントデーなど他のポイントが多く貯まる特典と併用は有りません。

ときめきWポイントデーはイオンカードの支払でポイント2倍

ときめきWポイントデーはイオンカードの支払でポイント2倍

毎月10日は、ときめきWポイントデーとなっており、イオンカードで支払をするとポイントが2倍の200円で2P付与されます。これは、前述のイオングループとは関係無しに、毎月10日のイオンカード利用で2倍となります。

イオンカードが使えるお店での利用であれば2倍の対象となりますので、イオン以外でのイオンカードの利用でお得な日となります。

ネットショッピングはときめきポイントTOWNで

インターネットショッピングをするなら、ときめきポイントTOWNを経由するとお得にときめきポイントが貯まります。ときめきポイントTOWNは、クレジットカード会社によくあるオンラインモールです。

このときめきポイントTOWNを経由して、Amazonや楽天などのインターネットショッピングをイオンカードで行う事で通常よりもお得にポイントが貯まる仕組みになっています。

インターネットショッピングをするなら、直接Amazonなどで購入するよりも、ときめきポイントTOWNを経由した方がお得になります。

ときめきポイントが最大21倍貯まるときめきポイントTOWNについて

ときめきポイントクラブ優待加盟店でポイントアップ(2~5倍)

ときめきポイントクラブの優待加盟店でカードを利用すると、規定の倍率でときめきポイントが貯まります。

ショップ名 ポイントUP
日本航空(JAL/オンライン) 2倍
イオンシネマ(オンライン) 2倍
RHトラベラー(オンライン) 3倍
近畿日本ツーリスト(オンライン) 2倍
スポーツオーソリティ(オンライン) 2倍
サンエックスネットショップ 2倍
mibon(電子書籍ストア) 5倍
コスモ石油 2倍
イオンペット 2倍
ツヴァイ 2倍
イオンコンパス 2倍
イオンハート 2倍
アート引越センター 2倍
ワタミグループ 2倍
神戸・三宮センター街 2倍
タカキュー 2倍
ルネサンス 2倍
得タク 3倍

※一部対象外の店舗等がある場合があります。詳細情報は公式サイトで必ずご確認下さい。

支払をなるべくイオンカードでする事でより貯まりやすくなります

ポイント2倍などお得にポイントが貯まる方法を利用しながら、普段のちょっとした買物や公共料金の支払などもイオンカードで行っていると、ときめきポイントはより貯まりやすくなります。

イオンカードで公共料金を支払いポイントを貯める

また、イオンハウジング「住まいさがし」サイト内のイオンカードでのお支払いが可能な賃貸物件に限り、毎月の家賃や初期費用などでときめきポイントが貯まります。

 

 

ときめきポイントの交換方法について

イオンカードの利用で貯まったときめきポイントの交換方法にはいくつかの方法があります。また、複数のイオンカードのときめきポイントを合算して交換する事も可能です。

  • パソコンやスマホから交換手続き
  • 携帯電話から交換手続き
  • 電話(自動音声応答サービス)から交換手続き
  • 郵送による交換手続き

パソコンやスマホから交換手続き

ときめきポイントの交換は、パソコンやスマホから簡単に交換手続きが出来ます。尚、イオンスクエアメンバーのIDが必要となります。

イオンスクエアメンバーのマイページにログインして、ときめきポイントの交換手続きを行えます。

携帯電話から交換手続き

携帯電話からの交換手続きの場合も、イオンスクエアメンバーのIDが必要です。そして、携帯電話の場合はQRコードを読取り携帯サイトから交換の手続きを行う事が出来ます。

電話(自動音声応答サービス)から交換手続き

パソコンやスマホ、携帯電話が無い場合など、電話からも交換手続きが出来ます。もちろん、パソコンやスマホを持っている方でもこの方法で交換手続きが可能です。

固定電話 0120-223-212
(フリーダイヤル:無料)
携帯・スマホ 0570-064-750
(ナビダイヤル:有料)

自動音声案内に従って交換手続きを行います。尚、カード番号と暗証番号の入力が必要となります。

郵送による交換手続き

郵送の場合は、応募台紙が必要となります。利用請求明細(請求明細)裏面を利用するか、応募用紙をイオンカードのサイトからダウンロードし、印刷をして郵送し交換手続きをする形になります。

尚、WAONポイントの交換は郵送では対応していませんので、WAONポイントに交換する場合はパソコンやスマホなどの交換方法がお勧めです。

複数のイオンカードのときめきポイントを合算して交換する場合

もし、複数のイオンカードを持っている場合に、それぞれのときめきポイントを合算して交換する事が可能です。この場合は、パソコンからイオンスクエアメンバーのマイページにログインして手続きをするか、携帯電話でQRコードを読取りサイトにアクセスして交換手続きを行うか、郵送での交換となります。

複数のイオンカードのときめきポイントを合算して交換する場合は、パソコンからの手続きが分かりやすくて便利です。

お得なときめきポイントの交換先は?

イオンカードで貯めたときめきポイントは、キッチンやヘルス&ビューティー、ファッション、リビングなどの各カテゴリの商品と交換したり、ポイントに移行したりする事が出来ます。

もちろん一番自分の欲しい物やポイントに交換するのが一番おすすめのポイント交換方法ですが、ポイントへの移行は主に以下の2つがお勧めです。

  • WAONポイントへ交換(移行)
  • dポイントへ交換(移行)
交換先 単位など
WAONポイント 1,000P以上500P単位(1P=1円相当)
dポイント 1,000P以上500P単位(1P=1円相当)

尚、dポイントへの交換はdポイントクラブ(12桁の会員番号)に入会している会員である必要が有りますので注意が必要です(15桁は対象外)。また、電子マネーのWAONとして利用するには、WAONポイントをWAONへチャージする必要が有ります。

ときめきポイントをWAONポイントに交換する

ときめきポイントをWAONポイントに交換する

イオンカードで貯めたときめきポイントを、電子マネーのWAONポイントに交換する事が出来ます。そして、WAONポイントは電子マネーのWAONへチャージして支払に使えるようになります。

ときめきポイント1,000P ⇒ 1,000WAONポイントに交換でき、1,000P以上500P単位で交換出来ます。

イオンの電子マネーWAONについて

電子マネーのWAONとして支払に利用するにはWAONへのチャージが必要

WAONポイントは、電子マネーのWAONとして支払に利用出来るようにする為には、チャージが必要となります。

WAON(電子マネー)として使えるようにする流れとしては、

ときめきポイント ⇒ WAONポイント ⇒ WAON(電子マネー)

という流れになります。電子マネーのWAONとして利用するには、WAONポイントをチャージする必要が有ります。

ときめきポイントをWAONポイントへ交換

まずは、ときめきポイントをWAONポイントへ交換する手続きです。

  1. イオンスクエアメンバーのマイページにログインする
  2. マイページ左メニューよりポイントの確認・交換にある、WAONポイントへの交換を選択
  3. ページ下部の「交換手続きへ進む」を選択
  4. 交換するときめきポイント数から交換したいポイント数を選択
    (1,000P以上500P単位)
  5. 交換するポイント数と交換先を確認して「手続き申込み」を選択

これで、WAONポイントへの交換手続きが完了します。次はWAONポイントの受取りとWAONへのチャージです。

WAONポイントを受取り、電子マネーWAONにポイントをチャージする

イオンなどに設置してあるWAONステーションでWAONポイントの受取り及び、WAONへのポイントチャージが出来ます。

また、一部イオン銀行ATMやファミリーマートのFamiポートでもWAONステーション機能が搭載されています。

  1. WAONステーションのタッチパネルで、特典受取りを選択
  2. 他から交換したWAONポイントを受け取るを選択
  3. WAONカードを置くとセンターと通信が開始されます
  4. センターと通信が完了すると、ダウンロード可能ポイントが表示されます
  5. 全てダウンロード(受取り)したい場合は「一括ダウンロード」を選択
    ダウンロード数を選択し退場合は、数値を入力して「ダウンロード」を選択
  6. WAONがダウンロードされ、完了したらカードを取ります
  7. 次に、再度WAONステーションで、今度はチャージ(入金)を選択します
  8. ポイントをWAON(電子マネー)に交換するを選択
  9. WAONカードを置き、交換希望ポイント数を入力して決定を選択
  10. WAON電子マネーとしてWAONポイントがチャージされます
  11. チャージが完了するとカードを取ります

これで、WAONポイントの受取りからWAON(電子マネー)へのチャージが完了します。

この他にも、WAONネットステーションやモバイルWAONなどでのWAONポイントのWAON(電子マネー)への交換も可能となっています。

dポイントへの交換(移行)

dポイントへの交換(移行)

イオンカードのときめきポイントのdポイントへの移行は、1,000P以上500P単位で行う事が出来ます。尚、dポイントへの移行は、dポイントクラブ(12桁)に入会している方が交換出来るサービスです。

(コンビニなどで配布されているdポイントカード番号15桁のものへの移行は出来ません

dポイントへのときめきポイントの交換は、約2ヶ月程度かかります。また、移行に際しては、ときめきポイントの有効期限が短いものから優先して使用されます。

ときめきポイントはオンラインショップでそのまま買物に使う事も可能

イオンカードで貯めたときめきポイントは、交換しなくてもそのままイオンのショッピングサイト「イオンスクエア」で1,000P以上500P単位で使う事も可能です。

イオンのショッピングサイト「イオンスクエア」でときめきポイントが使えるお店

これらのお店では、オンラインショップで購入時に希望商品を通常通り購入手続きし、決済画面でカード情報を入力し、利用ポイントを選択の項目で、ときめきポイントを利用する手続きが行えます。

ショップ名
AEON de WINE(イオンでワイン)
イオンバイク
スポーツオーソリティ
グラジェネ
イオンリテールファッションショップ
イオンボディ
アンドリューズタイズ(ネクタイ)
R.O.U(あそびの雑貨)
イオンデジタルワールド(格安スマホ・格安SIM)
トップバリュ コレクション
イオン琉球
キッズリパブリック
イオンスタイルファッション
おうちでイオン
イオンスタイルHOME
グラムビューティークウェブストア
(ナチュラルコスメ・フード)

ときめきポイントを使う(交換や移行)場合のまとめ

イオンカードのときめきポイントは、基本的には1,000P以上での交換や移行が多いです。これは、200円で1Pだった場合は約20万円の利用で、1,000Pとなります。

ただ、イオングループなどポイント2倍の店舗での利用だと10万円の利用があれば交換可能となり、他にも5倍の日に利用したりとお得にポイントが貯まる日や店舗での利用が上手くためて交換するコツとなります。

また、ときめきポイントを電子マネーのWAONで利用したい場合は、一旦WAONポイントに交換する必要が有ります。WAONポイントはTポイントのように、そのまま買物には利用出来ません。

WAONポイントから、WAON(電子マネー)にチャージしてはじめてWAON(電子マネー)として支払に利用出来ます。ときめきポイントをそのままWAON(電子マネー)として充当出来れば便利なのですが、それが出来ません。一旦WAONポイントに交換が必要となります。

イオンカードWAON一体型

イオンカードWAON一体型は年会費無料のクレジットカードで、専業主婦や学生の方でも申込み可能となっており、様々な方におすすめです。特にイオン関連の店舗ではお得にポイントが貯まったりしますのでお勧めです

カードには電子マネーのWAONが搭載されておりチャージして利用が出来ます。また、Apple Payにも対応したスタンダードなイオンのクレジットカードとなっています。

公式サイトはコチラ

 -イオンカード

スポンサードリンク