クレジットカードアイ

クレジットカードの紹介や利用シーンなどを紹介

小田急ポイントについて OPクレジットで貯まるり使える

     2017/04/13

小田急電鉄では小田急ポイントカードと小田急のクレジットカードOPクレジットがあり、いずれも小田急ポイントというポイントサービスがあります。これらのカードを利用すると小田急ポイントが貯まり、貯めたポイントは小田急ポイント加盟店で利用出来たりします。

ここではOPクレジットなどで貯まる小田急ポイントについて詳しく紹介したいと思います。

小田急ポイントのカードについて

まず小田急電鉄の小田急ポイントは、主に以下の2種類のカードで貯める事が出来ます。

  • OPポイント専用カード
  • OPクレジット

OPポイント専用カード

OPポイント専用カード

OPポイント専用カードは、単なるポイントカードで、小田急ポイントサービス加盟店で現金等の支払と合わせて呈示する事で小田急ポイントが貯まるカードです。

このOPポイント専用カードは、クレジット機能や電子マネー機能などは一切無く、純粋にポイントを貯めるだけのカードとなっています。例えば、イオンの共通ポイントが貯まるWAON POINTカードも単なるポイントを貯めるカードで、この様なカードと同じでポイントカードなので決済は出来ません。

ポイントカードなので、基本的に持つのに審査などは有りません。(申込みは13歳以上)

ポイントの貯まり方

利用方法 ポイント付与
小田急ポイントサービス加盟店 1~10%

OPクレジット

OPクレジットカード 小田急電鉄 クレジットカード

一方のOPクレジットは小田急のクレジットカードで、クレジット機能が搭載されており、このカードで各国際ブランドの加盟店で支払(決済)をする事が出来ます。もちろん利用に応じて小田急ポイントが貯まるカードとなっています。

別途PASMOを紐付けして、PASMOオートチャージを利用したりする事も可能となっています。

このOPクレジットはクレジットカードなので、カードの種類によって入会資格などが定められており、審査もありますので誰でも持つ事が出来るという訳では有りません。OPクレジットは一般カードであれば、年1回以上のクレジット利用があれば年会費は無料となっています。

ポイントの貯まり方

利用方法 ポイント付与
小田急ポイントサービス加盟店 1~10%
クレジットカード利用
(クレジット利用ポイント)
200円(税込)毎に1P
PASMOオートチャージ 200円(税込)毎に1P
小田急乗車ポイント 0~7%
小田急電子マネー利用ポイント 1%

小田急ポイントサービス加盟店での利用で貯める

小田急ポイントサービス加盟店での利用は、OPポイント専用カード及びOPクレジットの両方が対象となっています。ポイントは店舗によって、また、カードによって異なります。

利用金額(本体価格)の1%と表示されていれば、1,000円の利用で10Pの小田急ポイントが貯まります。単純に0.01を掛けると何ポイント貯まるかが計算できます。

主な小田急ポイントサービス加盟店のポイント付与

OPポイント専用カードと、OPクレジットのクレジット払いによってポイントの付与率が異なる場合が有ります。基本的にお得にポイントが貯まるのはクレジットカードのOPクレジットの方です。

主な小田急ポイントサービス加盟店 ポイント付与
小田急百貨店 OPクレジット
→ 普通品 本体価格の5~10%
OPポイント専用カード
→ 普通品 本体価格の3~10%
※セール品、食料品、一部売場商品、レストラン、喫茶は利用金額の1%
年間利用額に応じたポイントアップ有り
Odakyu OX ストア(オダキュー OX ストア) 200円(税抜)につき1P
月間ボーナスポイント有り
新宿ミロード OPクレジット
→利用金額(本体価格)の5%(クレジット払い)
OPポイント専用カード
→ 利用金額(本体価格)の1%(現金払い)
コルティ 利用金額(本体価格)の1%
小田急フローリスト 利用金額(本体価格)の1%
※Recconel(新宿ミロード店)は、新宿ミロードのポイント率が適用
相模大野ステーションスクエア 利用金額(本体価格)の1%

OPクレジットはお得にポイントが貯まる

小田急ポイントサービス加盟店では、OPクレジットのクレジット払いの方がお得に小田急ポイントが貯まります。先程の店舗毎のポイント付与+クレジット利用のポイントの両方のポイントが付与されます

例えば利用金額(本体価格)の1%の小田急ポイントサービス加盟店で1,000円の買物をした場合、以下のような貯まり方の違いが有ります。

カードの種類 ポイント付与
OPポイント専用カード 10P
OPクレジット 合計15P(10P+5P)

小田急百貨店は年間お買い上げ額によってポイント率が変わる

小田急百貨店では、OPクレジットの場合は5~10%、OPポイント専用カードの場合は3~10%とポイント付与に幅があります。これは、小田急百貨店における年間お買い上げ額によってポイント率が変わる為です。

この様に、年間のお買い上げ額に応じて翌年度のポイント率が変わります。もし、小田急百貨店で前年に55万円の利用が有った場合は、OPクレジットの場合次年度は8%、OPポイント専用カードなら6%になります。(初年度の場合はそれぞれ、5%又は3%です)

例えばOPクレジットで初年度55万円年間利用があり、55万円×5%で27,500P貯まります。次年度は8%になるので、同じ額を利用した場合、55万円×8%で44,000P貯まるようになります。(+クレジット利用ポイントも200円で1Pが別途貯まります)

Odakyu OX ストア(オダキュー OX ストア)は月間利用額によって変わる

Odakyu OX ストア(オダキュー OX ストア)の場合は、月間利用額によって翌月1ヶ月のポイント率が変わります。

PASMOオートチャージで貯める(OPクレジット)

PASMO

PASMOオートチャージで小田急ポイントが貯まるのは小田急のクレジットカードOPクレジットのみです。OPポイント専用カードは、単なるポイントカードでクレジット機能が有りませんのでオートチャージなどは利用出来ません。

PASMOオートチャージサービスは、あらかじめPASMOが必要となっています。OPクレジットの申込みと合わせてPASMOも申込む事が可能です。既にPASMOがある場合はOPクレジットと紐付けをしてオートチャージサービスに申込む必要が有ります。

PASMOオートチャージサービスでは、200円毎に1Pの小田急ポイントが貯まる仕組みになっています。

小田急乗車ポイントで貯める(OPクレジット)

小田急乗車ポイントはクレジットカードのOPクレジットのみ対象となっています。ポイント専用カードでは貯まりません

この乗車ポイントは、OPクレジットカードでPASMOオートチャージサービスに登録した人が対象となっており、小田急線の月間の乗車に応じてOPクレジットに小田急ポイントが貯まるサービスです。

対象となる条件は、

  • オートチャージ機能付きPASMOを利用している
  • 自動改札機で入出場している
  • SF(チャージされたお金)を利用している

が乗車ポイントの対象条件となっています。従って定期券利用などは対象外となります。あくまでもOPクレジットカードと紐付いているオートチャージ機能付きのPASMOにチャージ残額から支払で利用した分が対象となります。

PASMOを複数枚持っている場合に、OPクレジットで登録していないオートチャージ機能付きPASMOは対象外となります。また、小田急線を含まない場合は対象外となります。

乗車ポイントの算出

小田急線の乗車ポイントは、毎月1日から末日までの1ヶ月間で先程の条件にあったSF利用での運賃総額から付与率が決まります。

例えば、20日までに5,000円の利用があった場合、乗車ポイント付与率は2%となります。そして、23日までに864円の乗車利用があれば、17Pの乗車ポイントが加算されます。(あくまでも例です)

乗車ポイントの付与

小田急乗車ポイントの付与は翌月12日以降に、OPクレジットに自動的に貯まる仕組みになっています。

小田急電子マネー利用で貯める(OPクレジット)

こちらも、クレジットカードのOPクレジットでPASMOオートチャージ会員限定のサービスです。OPポイント専用カードは対象外です。

OPクレジットのPASMOオートチャージ会員限定で、上記ロゴマークのあるお店でPASMOの電子マネー利用で小田急ポイントが貯まります。

店舗としては、Odakyu SHOP(小田急線駅売店)、小田急線駅構内自販機、小田急線近くの駐輪場、ロマンスカーの車内販売、コインロッカー、などなど、小田急沿線のロゴマークのある対象ショップでのPASMO電子マネー払いで貯まります。

ポイント付与率は、ロゴマークのある対象ショップでの利用金額合計の1%が翌月12日以降に小田急ポイントとして自動的に貯まります。

小田急ポイントを使う

OPポイント専用カードや、OPクレジットで貯めた小田急ポイントは、小田急ポイントサービス加盟店での利用、ポイントサービス企画商品と交換などに使う事が出来ます。

小田急ポイントサービス加盟店で使う

小田急ポイントサービス加盟店では、小田急ポイントを1P=1円として支払に利用する事が出来ます。支払時に小田急ポイントの利用を伝えて利用出来ます。

この使い方が一番簡単で便利な小田急ポイントの使い方だと思います。

ポイントサービス企画商品と交換する

他にも小田急ポイントは、様々な企画商品と交換が出来ます。

主なポイントサービス企画商品は以下のようなものがあります。

主なポイントサービス企画商品 必要ポイント
ハイアット リージェンシー 東京
「カフェ」ランチ券(レディスランチ “ルッソ”)(1名さま)
3,000P
ハイアット リージェンシー 東京
中国料理「翡翠宮」・日本料理「佳香」共通ペアランチ券(2名さま)
5,800P
ハイアット リージェンシー 東京
「キュイジーヌ[S] ミッシェル・トロワグロ」ランチ券(1名さま)
6,800P
ハイアット リージェンシー 東京
「キュイジーヌ[S] ミッシェル・トロワグロ」ディナー券(1名さま)
15,000P
ハイアット リージェンシー 東京
スパ&ウェルネス「ジュール」ボディまたはフェイシャル トリートメント<60分>(1名さま)
17,500P
小田急ホテルセンチュリー相模大野
グリルキッチン ボン・ロザージュ “ボン・ロザージュブッフェ”ペアお食事券(2名さま)
4,800P
箱根ハイランドホテル
レストラン「ラ・フォーレ」“ラ・フォーレコース”ランチ券(1名さま)
4,300P
小田急ホテルセンチュリーサザンタワー
ラウンジ&バー「サウスコート」アフタヌーンティー ペアご利用券(2名さま)
4,800P
小田急ホテルセンチュリーサザンタワー
レストラン「トライベックス」シェフランチペアお食事券(2名さま)
5,500P
小田急フローリスト
フラワーギフト サンスベリア&ポトス
3,300P
小田急百貨店 トロワグロ・ケーキ券 1,800P
小田急百貨店
カフェ・トロワグロ ペアお食事券<A>(2名さま)
5,000P
小田急百貨店 トロワグロ・ハウスワイン飲み比べセット 6,000P
Odakyu OX ストア ポイント交換カタログ 商品によって異なる

この他にも沢山の商品と交換が可能となっています。

家族で小田急ポイントを貯めて使える

小田急ポイントは家族で貯めて合算し使う事も可能です。家族で貯める場合には、クレジットカードのOPクレジットを持っている本会員の方が、家族カードを追加発行してそれぞれの家族が利用し貯めて合算出来ます。

家族カードについて

小田急ポイントカードには、以下の種類の家族カードが有ります。尚、ポイント専用カード以外はクレジットカードとなっています。家族カードの発行は、必ず本会員がOPクレジット又はJALカード OPクレジットのいずれかの会員である必要が有ります。

  • OPクレジット 家族カード
  • JALカード OPクレジット 家族カード
  • OPポイント専用カード 家族カード(13歳以上)

OPクレジットカードについて

小田急の主なクレジットカードについてです。OPポイント専用カードでも小田急ポイントは貯まりますが、お得にポイントを貯めるならやはりOPクレジットカードに限ります。ポイントの貯まり方や貯まる利用シーンがクレジットカードの方が多いです。

OPクレジット

OPクレジット 小田急ポイントカードクレジットカード

公式サイトはコチラ

OPクレジットは、小田急電鉄が発行するクレジットカードで小田急沿線に住んでいる方におすすめのクレジットカードです。このカードはPASMOオートチャージに対応しており、一体型では有りませんが紐付けする事で便利に利用出来ます。

小田急百貨店やOdakyu OX ストアなどではお得にポイントが貯まります。

年会費 初年度無料
前年度に1回でも利用があれば無料
通常は500円+税
入会資格 原則として18歳以上で安定継続した収入のある方。又は高校生を除く18歳以上で学生の方。

※未成年者は親権者の同意が必要

ポイントプログラム 小田急ポイント
備考 PASMO(分離型)

OPクレジット ゴールド

OPクレジット ゴールド

公式サイトはコチラ

OPクレジット ゴールドは、小田急のクレジットカードのワンランク上のカードでゴールドカードです。ゴールドカードとしての機能やサービスなどが付帯しています。

小田急百貨店やOdakyu OX ストアでの利用や、年間利用額が多い方にはお勧めのカードです。年間200万円以上(家族カード含む)のクレジット利用があれば年会費は無料となります。

年会費 10,000円+税
※条件によって無料
入会資格 原則として20歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方。(学生不可)
ポイントプログラム 小田急ポイント
備考 PASMO(分離型)

 -OPクレジット

スポンサードリンク