クレジットカードアイ

クレジットカードの紹介や利用シーンなどを紹介

オリコカードの主なラインナップを紹介 オリコカードの中でも高還元なオリコカードザポイントシリーズの特徴やメリット・比較など

     2017/04/13

orico-card-the-point-list

オリコカードはオリエントコーポレーションが発行するクレジットカードです。高還元なクレジットカードがいくつかあり、その中でもOrico Card THE POINT(オリコザポイント)シリーズはオリコカードの中でもお勧めのクレジットカードです。

スポンサードリンク

オリコカードの主なクレジットカード

オリコカードでは、いくつものクレジットカードが発行されていますが、その中でも特にポイント高還元なOrico Card THE POINT(オリコザポイント)シリーズのラインナップを紹介したいと思います。

Orico Card THE POINT(オリコザポイント)シリーズは、どれもシンプルな黒のカード面のデザインで一番スタンダードなカードでも安っぽい感じは有りません。

Orico Card THE POINT(オリコザポイント)

Orico Card THE POINT(オリコカードザポイント)はオンラインショッピングで高還元なクレジットカード
Orico Card THE POINT(オリコカードザポイント)は、オリエントコーポレーションが発行する年会費がずっと無料のスタンダードなクレジットカードです。いつもポイント還元率が1.0%以上あり、オリコモール経由のオンラインショッピングではさらに高い還元率となって...

オリコカードザポイントシリーズの中で最もスタンダードな年会費無料のクレジットカード

年会費 無料
入会資格 原則18歳以上(高校生不可)
付帯保険
備考 入会後6ヶ月間はポイント還元率が2.0%
オリコモール利用特別加算0.5%

Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD(オリコザポイントプレミアムゴールド)

Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD(オリコカードザポイントプレミアムゴールド)はオリコモールでの加算アップなどサービスがより充実したワンランク上のクレジットカード
Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD(オリコカードザポイントプレミアムゴールド)は、Orico Card THE POINT(オリコカードザポイント)のワンランク上のクレジットカードで、ゴールドカードです。但し、年会費が一般的なゴールドカードよりも相当安く空港ラウンジや...

年会費がとても安いゴールドカード。一般的なゴールドカードよりかは高還元に特化しています

年会費 1,950円
入会資格 原則20歳以上で、安定した収入がある方
付帯保険 海外旅行傷害保険、国内旅行傷害保険、ショッピング保険
備考 入会後6ヶ月間はポイント還元率が2.0%
電子マネー利用で0.5%加算
オリコモール利用特別加算1.0%
リボ払い利用0.5%加算

Orico Card THE PLATINUM(オリコカードザプラチナ)

Orico Card THE PLATINUM(オリコカードザプラチナ) オリコカード最高のパフォーマンスを誇るプラチナカード
Orico Card THE PLATINUM(オリコカードザプラチナ) は、オリエントコーポレーションが発行するプラチナカードで、オリコカードの中でも最上位のクレジットカードです。Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD(オリコカードザポイントプレミアムゴールド)をさらにアッ...

空港ラウンジ、充実した旅行傷害保険、プラチナコンシェルジュなどオリコカードの中でも最上級のクレジットカード

年会費 20,000円
入会資格 原則20歳以上で、安定した収入がある方
付帯保険 海外旅行傷害保険、国内旅行傷害保険、国内・海外航空機遅延保険、ショッピング保険
備考 海外利用で0.5%加算
電子マネー利用で0.5%加算
オリコモール利用特別加算1.0%
リボ払い利用0.5%加算
Lounge Key
国内主要空港ラウンジ

オリコカードの入会方法や流れなど

オリコカードの入会はインターネットから申込むのがお勧めです。オリコの場合郵送の場合でも先にインターネットで入力して審査を受ける必要が有り、それから申込書のやり取りを行う事になりますので、時間がかかってしまいます。

オリコカードの入会資格

オリコカードの入会資格は各カードの種類によって異なります。一般カードだと原則18歳以上の方に入会資格が有ります。但し高校生の方は申込出来ません。また、ゴールドカードやプラチナカードになってくると、原則20歳以上で安定した収入がある事を求められるようになります。

カードの種類 入会資格
Orico Card THE POINT(オリコザポイント) 原則として18歳以上の方(高校生除く)
※未成年者は親権者の同意が必要
Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD(オリコザポイントプレミアムゴールド) 原則として20歳以上で安定した収入がある方
Orico Card THE PLATINUM(オリコカードザプラチナ) 原則として20歳以上で安定した収入がある方

また、これらのクレジットカードには電子マネーのiDとQUICPayが初めから搭載されており、カードが届くとすぐに利用する事が出来るようになっています。別途iDやQUICPayの申込は必要有りません。

オリコカードの入会方法

オリコカードの入会方法は、オリコカードのホームページから申込出来ます。自分の入会したいカードを選択し、そのページにある「お申込みはこちら」をクリックする事で入会の申込手続きを行う事が出来ます。

入会の流れとしては、まず初めの画面で「クレジットカード会員規約」「個人情報取扱に関する条項」「eオリコサービス利用規約・web明細利用特約」の内容を確認し同意にチェックします。

それから基本情報などを入力していき、入力の内容を確認出来たら申込を完了する事が出来ます。後は申込内容を元に審査が実施されます。入力が必要な基本情報は必須と欠かれています。ここでは世帯情報やローン状況、居住年数などの情報も入力する必要が有ります。

尚、未成年者の方が申込をする場合には親権者の同意が必要となり、オリコのwebページの申込の際に郵送での申込を選択する必要が有ります。インターネットで申込手続きをして審査を受け、通れば郵送で親権者の記入が必要になります。従って、未成年者の方は申込届での申込しか出来ません。

オンライン申込の流れ

  1. 会員規約等に同意し、入力フォームに必要事項を入力し内容を確認のうえ申込
  2. 入力した情報を元に審査が実施
  3. 審査結果がメールで届く
  4. 審査に通れば、オンラインで引落口座指定が出来る場合はネット上で簡単に設定出来ます
  5. 入会が承認されればカードが発行され郵送されます
  6. 本人限定受取郵便(特定事項伝達型)でカードが届くので本人が免許証等を提示して受取
  7. オンラインで引落口座を指定していない又は対応していなかった場合は、別途届く口座振替依頼書に必要事項を記入してオリコへ返送

オンラインでオリコカードに申込む場合はこのような流れで行われます。

郵送での申込

  1. 会員規約等に同意し、入力フォームに必要事項を入力し内容を確認のうえ申込
  2. 入力した情報を元に審査が実施
  3. 審査に通れば、申込用紙が郵送されて来ます
  4. 申込用紙に必要事項及び本人確認書類の写しと合わせて返送
  5. 申込用紙がオリコに届いたら入会の承認手続きが行われカードが発行されます
  6. カードが届いたら受取

郵送の場合は本人確認書類を申込用紙と一緒に送付するのでそのまま送られてきます。

入会で必要となる書類

オリコカードの入会で必要となる書類については主に2種類が有ります。

本人確認書類

本人確認書類は運転免許証やパスポートなどが有ります。一番確実なのは運転免許証です。これは、オンライン申込の場合は、本人限定受取郵便(特定事項伝達型)でクレジットカードが送られて来ますので、その際運転免許証等を提示し身分を証明してからでしか受取れませんので必要となります。(家族は受取れません)

郵送の場合は、本人確認書類の写し(コピー)を申込書と一緒に送付しますので、その際に写しが必要となります。

所得証明書類

所得証明書類は、申込者の収入などを証明する書類となります。これは、キャッシングの利用も希望する場合で以下に該当する場合に提出を求められます。

  • その申込みを含めて、オリエントコーポレーションでのお借入額(カードの場合は利用可能枠)の合計が50万円を超える場合
  • 上記のオリコお借入合計額と他の貸金業者(信販会社、クレジットカード会社、消費者金融会社など)を含めた借入残高の合計額が100万円を超える場合

オリエントコーポレーションは銀行では無く信販会社ですので、貸金業法の総量規制の対象となります。従って年収の3分の1を超える貸付は出来ない決まりになっています。ちなみに無職の場合は収入が無いのでキャッシングは利用する事が出来ません。

ちなみに所得証明書類には、源泉徴収票、給与支払証明書(直近3ヶ月以内の連続2ヶ月分)、確定申告書、青色申告決算書、年金通知書などが有ります。普通に会社員の方であれば給与支払証明書でOKだと思います。いずれの場合も最新のものが必要となります。

オリコのオンライン口座振替申込対象金融機関

オリコカードのオンライン申込の場合、審査に通れば対象金融機関ならすぐに振替の手続きが出来ます。申し込みに続けて引落口座の設定が出来て後から書面でのやり取りも不要でとても便利です。

オリコのオンライン口座振替申込対象金融機関は以下の通りです。

  • みずほ銀行(みずほダイレクト契約の方)
  • 三菱東京UFJ銀行(普通預金口座のキャッシュカードを持っている個人の方)
  • 三井住友銀行(キャッシュカードを持つ個人又はSMBCダイレクト契約の方)
  • ジャパンネット銀行(普通預金口座を持つ個人の方)
  • 楽天銀行(普通預金口座を持つ個人の方)

尚、学生の方や未成年者の方はこのサービスの対象外となりオンラインでの口座振替設定は出来ません。

通常のオリコの口座振替対応金融機関

オンライン口座振替対象金融機関以外に通常の口座振替対応金融機関は、多くの金融機関に対応しています。都市銀行、地方銀行、第二地方銀行は全て取扱が出来ます。

また、信託銀行も、三菱UFJ、みずほ、三井住友、SMBCの各信託銀行に対応しています。また、その他の銀行として、ジャパンネット銀行、セブン銀行、ソニー銀行、イオン銀行、住信SBIネット銀行、じぶん銀行、ゆうちょ銀行、新生銀行、あおぞら銀行で取扱できます。

オリコカードのメリット

まずはオリコカードのメリットから紹介したいと思います。

高還元なカードがある

オリコカードは、Orico Card THE POINT(オリコザポイント)をはじめ高還元なクレジットカードがあります。また、オリコカードの中でも人気のカードです。他社一般カードでは還元率は0.3~0.5%などが一般的な場合がありますが、オリコなら1.0%以上の還元を誇ります。

また、上のクラスのオリコカードになるとさらに色々と加算があったりしてさらにお得です。

ETCや家族カードの年会費が無料

オリコカードでは、年会費無料でETCカードを発行する事が可能です。もちろん利用実績が無いと不要と判断されそのうち更新されなくはなりますが、普通にちょっとでも使っていればそう言うことはまず無いのでお得です。

また、家族カードに関しても多くの場合3枚まで家族カードが発行でき、家族会員の年会費も無料となっています。これは、上級カードのOrico Card THE POINT PREMIUM GOLD(オリコザポイントプレミアムゴールド)やOrico Card THE PLATINUM(オリコカードザプラチナ)でも同じく家族会員は年会費無料となっています。

通常ゴールドカードやプラチナカードになると家族会員でもそれなりの年会費を支払わなければなりませんが、オリコカードの場合はそう言う心配が有りません。

iDとQUICPayが標準搭載

オリコカードの一部には初めからiDやQUICPayが標準搭載されており、わざわざ別途申込をしなくても、クレジットカードの申込で済ませる事が出来ます。これにより、カードが届いたらすぐに電子マネーを利用する事が出来ます。

オリコカードのデメリット

次にオリコカードのデメリットについてです。

あまりクレジットカードを利用しない人には恩恵が少ない

普段の生活などでクレジットカードや電子マネーなどを利用しない方にとっては、高還元なオリコカードはあまり向いていないと思います。また、後述のポイント有効期限の事もあります。

オリコポイントの有効期限が短い

オリコポイントが貯まるオリコカードの最大のデメリットとしては有効期限が短いという点です。高還元でとても便利なクレジットカードですが、オリコポイントの有効期限は獲得月から12ヶ月の末日までとなっており、それまでに交換等しなければ失効してしまいます。

もちろんオリコポイントは500Pから交換可能ですので、普段から利用していればポイントが失効するまでに何らかのものと交換は出来ると思います。しかし、たまにクレジットカードで買物をしないという方などであればポイントが永久不滅のセゾンカードなどを選択して居る方が良いでしょう。

オリコカードの会員向けネットサービス「eオリコ」

eオリコサービスはオリコカード会員向けのオンラインサービスで、利用明細、ポイント交換、各種手続きなどが出来るオンラインサービスです。eオリコのIDとパスワードは、オリコのポイント交換のサイト「オリコポイントゲートウェイ」やアプリ利用など共通のID・パスワードになっています。

尚、フューチャーフォン向けeオリコサービスは2017年4月5日(水)で終了となります。パソコンやスマホからは引き続き利用が可能です。

eオリコの主な機能やサービス

  • 利用明細等の照会
  • お知らせメールの設定
  • 各種登録や変更
  • 各種申込
  • ポイントや優待
  • リボ払い関連
  • ローン・キャッシング

利用明細等の照会

利用明細等の照会では、当月請求額の確認、利用履歴照会、利用明細照会、未確定分の利用明細照会、そしてリボ払いの利用内容などを確認する事が出来ます。利用状況の把握や自分の知らない利用が無いかをオンラインで簡単に確認する事が出来ます。

お知らせメール設定

お知らせメール設定は、定期マガジンや請求関連、カード利用情報や口座引落入金お知らせなどを設定する事が出来ます。また、配信先をPCか携帯か選択したり両方選択したり出来ます。

各種登録や変更・各種申込

自分の住所や電話番号などの登録内容を確認・変更したり、カード暗証番号の変更、支払口座の変更・申込、利用可能枠の変更、本人認証サービスへの登録が可能です。ネットショッピングをされる方なんかは本人認証サービスの登録をここから出来ます。

また、申込では、ETCカードの申込や公共料金の毎月支払の申込、web明細の申込など各種申込手続きが出来ます。

ポイント(スマイル)の照会・交換や優待

暮らスマイルのポイントが貯まるオリコカードの場合は、ここでポイントの確認・交換が可能です。Orico Card THE POINT(オリコザポイント)シリーズなどオリコポイントが貯まるオリコカードの場合は、オリコのポイント交換のサイト「オリコポイントゲートウェイ」からとなります

また、優待関連はオリコモールやエンタテイメント・旅行関連などの優待サービスが利用出来ます。

リボ払い関連

リボ払いの手続きなどがリボ関連から出来ます。ショッピング1回・2回払いの利用分をあとからリボ払いに変更したり、毎月のリボ返済金額設定が出来ます。また、リボの支払いについて臨時増額設定も可能です

ローン・キャッシング

キャッシング利用可能範囲内で、1万円単位でカード決済口座に振込されます。キャッシング枠がある方は利用出来ます。但し、借りたお金に対しては必ず利息を付けて返済しなければなりませんので注意が必要です。

オリコのスマホアプリ「オリコアプリ」

オリコのスマホアプリ「オリコアプリ」

オリコカードには、請求額やポイントなどが確認出来る便利なスマートフォン専用のアプリが有ります。AndroidとiPhoneの両方に対応しています。

オリコアプリの特徴としては、現在のオリコポイントが確認できたり、請求総額や最近の利用をチェック出来ます。わざわざPCを起動しなくても、スマホで簡単に確認したり出来ます。ログインもTouch ID対応なら指紋認証でログインする事が出来て便利です。

ポイントプログラム「オリコポイント」

orico-point

オリコカードでは、オリコポイントが有ります。また、暮らスマイルの場合もありますが、オリコモールなどでは、2013年10月23日から新ポイントサービスのオリコポイントに変わっています。

Orico Card THE POINT(オリコザポイント)シリーズのクレジットカードなどは、通常のショッピング利用でも、オリコモールでの利用でもオリコポイントが貯まる仕組みになっています。貯めたオリコポイントは、「オリコポイントゲートウェイ」から500Pから交換が可能となっています。

お得にオリコポイントが貯まる「オリコモール」

オリコポイントをお得に貯めるなら、オリコモールの利用が重要となります。オリコモールは約600店舗以上のショップがありインターネットショッピングでお得にポイントが貯まります。通常のショッピング利用でもお得に貯まりますが、オリコモール経由でさらにポイントがお得に貯まります。

amazonや楽天市場、ヤフーショッピングなど大手通販サイトなども経由して購入出来ますのでお勧めです。

オリコカードのオリコポイントなどがお得に貯まるオリコモールについて詳しく解説
オリコカードには、クレジットカード会社によくあるオンラインモールがあり、クレジットカードのポイントがお得に貯まる仕組みになっています。オリコモールはオリコポイント(暮らスマイルや提携先オリジナルポイントなども)がお得に貯まるオンラインモールです。a...

スマホユーザーには便利なオリコモールアプリ

オリコモールアプリ

新たにスマートフォン向けのオリコモールアプリが登場しています。オリコモールアプリならスマホから簡単に操作して商品を検索したりお気に入りのショップの追加やほしいものリストを利用して便利に買物が出来るようになります。

また、何といってもショップの最新情報を簡単に入手できたり、割引情報やポイントアップの情報の通知サービスなどもあり、とても便利にオリコモールを利用する事が出来ます。

オリコカードのオリコモールアプリ

オリコポイントの交換

オリコポイントの交換は、オリコポイントゲートウェイから交換する事が出来ます。交換はすぐに交換が完了するオンラインクーポンと、提携先の各種ポイントへ移行するポイント移行が有ります。

オリコポイントの交換先はどれも普段から利用しやすい交換先があり、さらに最低交換単位も比較的小さいので便利ですし、利用状況にもよりますが、普段から使っているならポイントの失効の可能性も他社と比べると比較的少ないです。

主なオンラインクーポン

アイテム名 最低移行単位
(ポイント)
移行金額又はポイント
amazonギフト券 500P
2,000P
5,000P
500円分
2,000円分
5,000円分
(1P=1円相当)
iTunesギフトコード 500P
1,500P
500円分
1,500円分
(1P=1円相当)
Google Playコード 500P
1,500P
500円分
1,500円分
(1P=1円相当)
Lineギフトコード 500P 500円分
(1P=1円相当)
nanacoギフト券 1,000P 1,000円分
(1P=1円相当)
EdyギフトID 1,000P 1,000円相当
(1P=1円相当)
ファミリーマート
お買い物券
500P 500円相当
(1P=1円相当)
すかいらーく優待券 5,000P 5,000円分
(1P=1円相当)
オリコモールクーポン 1,000P 2,000円分
(1P=2円相当)

オンラインクーポンは、交換手続きをしてすぐにページに表示され、登録のメールアドレスにクーポンIDが送信されます。(郵送は有りません)そのまますぐに利用出来て便利です。

主なポイント移行

アイテム名 最低移行単位
(ポイント)
移行金額又はポイント
オリコプリペイドカードへのチャージ 500P~49,000P
(1P単位)
500~49,000円分
(1P=1円相当)
WAONポイント 1,000P 1,000WAONポイント
(1P=1P)
T-POINT 1,000P 1,000P
(1P=1P)
楽天スーパーポイント 1,000P 1,000P
(1P=1P)
ベルメゾンポイント 1,000P 1,000P
(1P=1P)
ニッセンお買い物券 1,000P 1,000円分
(1P=1円相当)
ANAマイル 1,000P 600マイル
(1P=0.6マイル)
JALマイル 1,000P 500マイル
(1P=0.5マイル)
dポイント 1,000P 1,000P
(1P=1P)
au WALLETポイント 1,000P 1,000P
(1P=1P)

ポイントを移行する場合は、TポイントやWAONは交換申込後即時利用出来ます。それ以外は各移行先によって移行のタイミングが決まっています。

オリコカードの電子マネー

オリコカードには、iDやQUICPayなどの電子マネーを利用する事が出来ます。Orico Card THE POINT(オリコザポイント)シリーズなどは、初めからiD及びQUICPayが初めから搭載されていますので、届いたらすぐにiDやQUICPayを利用する事が出来ます。

また、各ブランドが提供する非接触IC技術を用いた決済サービスも利用する事が出来ます。

オリコiD

オリコiD

オリコiDは、NTTドコモが運営する決済プラットフォームで、ポストペイ型(後払い式)の電子マネーです。Orico Card THE POINT(オリコザポイント)などのクレジットカードは、オリコiD利用分もポイント加算の対象となっており、ゴールドやプラチナならさらに0.5%の加算が有ります。

オリコカードiDはOrico Card THE POINTやOrico Card THEPLATINUMに初めから搭載されている便利な電子マネー
オリコiDは、NTTドコモが運営しているポストペイ型(後払い式)の電子マネーで、提携しサービスを提携しています。オリコiDは後払い式の電子マネーですので、チャージの必要は有りませんし、残高不足になってしまう事も有りません。利用は全国のコンビニやスーパー、...

オリコのQUICPay

オリコのQUICPay

オリコのQUICPayは、JCBとイオンクレジットが開発したサービスで、こちらもポストペイ型(後払い式)の電子マネーです。Orico Card THE POINT(オリコザポイント)などのクレジットカードは、QUICPay利用分もポイント加算の対象になっており、ゴールドやプラチナならさらに0.5%の加算が有ります。

オリコカードのクイックペイ(QUICPay)は後払いの電子マネーでコンビニ等での支払いに便利
オリコカードには、オリコiDの他にも同じ後払い方式の電子マネー「クイックペイ(QUICPay)」が利用出来ます。一部のオリコカードには初めからiDとクイックペイ(QUICPay)が搭載されているものも有ります。クイックペイ(QUICPay)は後払い方式なのでその場で支払い...

VISA payWabe(ビザ ペイウェーブ)

Visa payWave(ビザ ペイウェーブ)は、国際ブランドのVISAが提供している非接触IC型決済ソリューションで、「Visa payWave」のロゴがある店舗で専用のリーダーにかざす事で支払いが完了します。国内だけでなく海外でも利用出来ます。(ポストペイ型でチャージ不要)

MasterCardコンタクトレス

MasterCardコンタクトレスは、国際ブランドのMasterCardが提供する非接触IC型決済ソリューションで、「MasterCardコンタクトレス」のロゴがある店舗で専用のリーダーにかざす事で支払いが完了します。国内だけでなく海外でも利用出来ます。(ポストペイ型でチャージ不要)

オリコカードはApple Pay(アップルペイ)に対応

オリコカードはApple Pay(アップルペイ)に対応

オリコカードは、アップルの提供する決済サービスApple Payに対応しているクレジットカードです。オリコカードの発行するクレジットカード(一部除く)をiPhone7やApple Watch Series 2に追加すると「QUICPay」が割り当てられます。

オリコカードの場合は、iDとQUICPayの両方が初めから搭載されているクレジットカードも有りますが、Apple PayではiDは追加されません。

オリコカードでApple Pay(アップルペイ)を利用 設定や利用方法など詳しく
オリコカードは、Apple Payの対応カードとなっており、iPhone7やApple Watch Series 2へ追加する事でQUICPayが割り当てられ、QUICPayの利用出来る店舗や自動販売機などで支払いが可能です。MasterCard及びJCBブランドは、iPhone7やApple Watch Series 2を利用して店...

アプリ内やウェブ上ではブランドに注意

Apple Payにオリコカードを追加すると、店舗ではQUICPayの利用ができます。他にも、Apple Payはアプリ内やウェブ上でのApple Payの決済に対応していますが、MasterCardとJCBブランドはこれにも対応しています。

VISAブランドはアプリ内やウェブ上でのApple Payの決済には対応していません。

Apple PayのSuicaチャージについて

Apple PayにSuicaを追加している場合に、そのSuicaにチャージする場合、オリコカードでMasterCardとJCBブランドの場合はiPhoneのWalletアプリから簡単にチャージする事が出来ます。

VISAの場合は、Walletからのチャージには対応しておらず、SuicaアプリにVISAブランドのオリコカードを設定してチャージする形になります。

Apple PayにSuicaを追加や削除する方法 iPhone7などでのやり方など
Apple Payは2016年10月から始まったサービスで、iPhone7や7plus、Apple Watch Series 2などはFeliCaに対応していますので、SuicaをApple Payに追加しておけば、端末をリーダーにかざすだけで改札を通過する事が出来ます。新規に追加すると自動的にエクスプレスカード...

オリコカードのセキュリティ

オリコカードのセキュリティ

オリコカードにはいくつかのセキュリティ対策が有ります。これにより不正使用等を未然に防ぐ事が可能となっています。

ICカード

ICチップは、従来の磁気テープに情報を記憶させていたものと比較してさらに膨大な情報を記憶させる事が出来るようになっています。これによって変造やカードの解析がより困難になっており、高いセキュリティ性を備えています。

ICカード対応端末設置加盟店では、ショッピングの際に必要だったサインが不要になり、暗証番号を入力する事によって本人確認ができ、より安全にそしてスピーディーに支払をする事が出来るようになっています。

Orico Card THE POINT(オリコザポイント)などのオリコカードにはこのICチップが搭載されています。

不正検知システム

オリコカードでは、安心してクレジットカードが利用出来るように不正検知システムが導入されています。24時間365日取引の監視がおこなわれており、不正検知システムが不正使用のパターンを分析して会員以外の第三者による不正使用を事前に発見するものです。

この不正検知システムが不正使用の可能性を検知した場合、会員本人に確認が行われる場合が有ります。この確認には2つのパターンがあり、店頭で電話による利用の確認されるもので、電話口でいくつかの質問に答えるパターン。もう一つは、利用後に電話で本人確認がある場合です。

本人認証サービス

オリコ本人認証サービス

オリコカードの本人認証サービスは、インターネットショッピングでオリコカードを利用する際に、クレジットカード情報とプラスして、eオリコサービスのパスワードを入力する事で本人認証を行うセキュリティサービスです。

第三者が専用パスワードを知らない限りカードをしようする事が出来ませんので安心です。本人認証サービスは、各ブランドによって提供されており、対応の加盟店にはサービス対象店舗の目印があります。

尚、万が一オリコカードを紛失した場合などは、速やかに最寄の警察や交番に届出ると同時にオリコへの連絡も必要となります。必要な手続きを行わないと、不正使用された場合などに損害を補償してもらえませんので注意が必要です。また、普段から利用明細などをチェックする事で早い対応が出来るようになります。

オリコカードの支払方法

オリコカードの支払方法は、以下のようなものが有ります。店舗によっては一部支払方法が利用出来ない場合も有ります。

  • 1回払い
  • 2回払い
  • ボーナス一括払い
  • ボーナス2回払い
  • リボ払い
  • 分割払い

1回払い・2回払い・ボーナス払いは手数料無料

1回払いはもちろん、2回払い、ボーナス一括払いは手数料が無料となっています。ボーナス2回払いも店舗によっては手数料が無料となっています。但し、店舗によっては、2回払い、ボーナス一括、ボーナス2回払いなどが利用出来ない場合が有ります。

オリコのリボ払い

オリコカードのリボ払いは、月末の利用残高に応じた返済金額(弁済金)を支払うものです。オリコのリボ払いは、定額リボルビング方式(残高スライド)で、月末時点の利用残高によって弁済金が決まります。

残高が多いほど弁済金は多くなり、残高が少なくなるにつれて弁済金も少なくなってきます。オリコカードの場合は、毎月残高に応じて3,000円~70,000円となっています。10万円以下の残高なら最低の3,000円の弁済金となります。

尚、リボ払いは途中で毎月の支払い金額を変更する事ができ、余裕がある月などは多めに支払う事も可能です。(最低支払額以下には出来ません)また、注意点としては毎月の支払いが少しでも遅れると遅延損害金が発生しますので注意が必要です。

分割払い

分割払いは、2回~24回まであります。2回までは手数料が無料となっていますが、3回以上の分割払いで手数料が発生します。

オリコカードの支払日や返済日

オリコカードのの支払日は以下の通りです。尚、支払日が土・日・祝日の場合は翌営業日の支払いとなります。リボ払いの弁済金も同様です。

  • 月末締め翌月27日払い

オリコカードの退会(解約)の方法と注意点

もし、オリコカードを利用しなくなった場合など、オリコカードを退会(解約)したい場合は、退会届を提出する事で手続きが行われます。退会届は、オリコのサイトからダウンロードし印刷するか、資料請求申込フォームから請求し取寄せることが可能です。

脱会届に必要事項を記入し、オリコへ送る事で解約の処理が行われます。約1週間から10日程度で手続きが完了します。

オリコカードの退会(解約)の際の注意点について

オリコカードを退会する場合には退会届を送付する事と合わせていくつかの注意点が有ります。

家族カードが使えなくなる

本会員あっての家族会員です。本会員がカードを退会(解約)すると家族カードも当然ですが利用出来なくなってしまいます。本会員だけ退会して、家族カードだけ残すというようなやり方は出来ません。

ETCカードも利用出来なくなる

ETCカードもクレジットカードと結びついていますので、カードを退会(解約)すると、追加していたETCカードも利用が出来なくなります。これを忘れていると、ゲートで決済出来ず引っかかります。

iDやQUICPay

iDやQUICPayが一体型(搭載)されている場合など、クレジットカードを退会すると同時に電子マネーも退会となります。

ポイントは失効します

オリコカードを退会(解約)すると、貯まっていたオリコポイントなどは全て失効します。もしも、ポイントが貯まっているなら何かと交換をしてから退会する事をお勧めします。

eオリコは利用出来なくなります

オリコカードの会員向けのeオリコはカード会員専用のインターネットサービスです。退会(解約)をしてしまうと、このサービスは利用出来なくなってしまいます。利用明細などは確認出来なくなります。

公共料金の支払などには注意

もしも各種公共料金やインターネット利用料、格安SIMの支払、何らかの会員サービスの会費などの支払をクレジットカードで行っている場合、退会する前にそれぞれの支払を考えなければなりません。

別のクレジットカードにする場合には事前に支払のカードの変更をしておく必要が有ります。

支払いが残っている場合

もしも退会時に利用代金の未払い残高が有る場合は、通常通り27日に引落しされます。もし全額精算を希望する場合は、オリコカードセンターまで連絡をすると振込口座を案内してもらえます。

入会してすぐの退会(解約)には注意

オリコカードに入会してすぐに退会するというような事はしない方が良いです。これはオリコカード以外でもどのクレジットカードにも言えますし、他にもカードローンなどにも言える事です。少なくとも半年は退会(解約)せずに持っておく方が良いです。

こうした情報は信用情報機関に契約開始日や終了日が登録されています。クレジットカードも信用は大切ですし、さまざまなネガティブなイメージを与える場合があります。例えばキャンペーン目当ての入会と判断されると、次に別のカードの審査に通らないという可能性も出てきます。

こうした情報は信用情報機関に5年間登録されて、加盟している各クレジットカード会社は閲覧できる状況になります。退会(解約)の際にはタイミングなども考えながら慎重に手続きをする必要が有ります。安易に入会と退会を繰り返すのは自身の信用を損なう危険があります。

オリコカードのQ&A

Q. オンライン申込でカードが送られてくる本人限定受取郵便とは?
A:本人限定受取郵便は、確実に宛名本人に郵便物を渡す為のもので特定事項伝達型の郵便物です。まず受取人に連絡が有り、自宅へ配達されます。受取の際は宛名本人が本人確認書類を呈示して身分を証明してからでしか受取れません。もし、連絡の際に電話が繋がらなかった場合は、郵便窓口(ゆうゆう窓口)にて到着通知書を呈示し、受取人本人に限り郵便物が交付されます。
同居の家族や親族は受取る事は出来ません。必ず受取人本人である必要が有ります。
Q. 引落口座は家族名義の口座でも可能?
A:オリコカードの利用代金等の引落口座は必ずカード申込者本人の金融機関口座でなければなりません。
Q. 年収や他社ローンの欄はどのように記入すればいい?
A:年収の欄には自身の税込の年収額を記入すればOKです。また、他社のローンでは、住宅ローンを除く利用中のローン残高を記入すればOKです。
Q. オリコカードは主婦や学生でも申込できる?
A:オリコカードは、原則18歳以上の方であれば申込は可能です。但し、高校生の方は申込不可となっています。また、オリコカードの種類によっては20歳以上や安定した収入を求められるカードも有ります。
Q. 未成年者の申込の場合の親権者の同意とは?
A:入会資格を満たす未成年者の方がオリコカードに申込をする場合は、オンラインの場合郵送申込の方をクリックする必要が有ります。申込の際に親権者の同意欄に親権者の自筆にての記入が必要となります。
Q. 利用可能枠を変更する事はできる?
A:オリコカードの利用可能枠は、会員向けオンラインサービス「eオリコ」サービスより利用可能枠の変更が出来ます。100万円を超える利用可能枠への増額申込は郵送での申込となりオンラインから出来ません。一部カードによっては100万円を超える利用可能枠を設定出来ないカードが有ります。また、どのカード会社でも同じですが利用可能枠の増額に関しては利用実績や支払状況などの審査が行われます。
尚、利用可能枠の減額を希望する場合は、オリコカードセンターへ連絡が必要となります。
Q. 自分の利用可能枠を確認する方法は?
A:自身のオリコカードの利用可能枠の確認は、会員向けオンラインサービス「eオリコ」サービスにて確認をする事が出来ます。
Q. オリコカードの裏面にサインは必要?
A:オリコカードの裏面のサインは第三者への不正使用を防ぐ目的が有ります。カードが届いたら速やかに署名欄にサインをする必要が有ります。万が一、不正使用された場合に、本人のサインが無いカードは紛失・盗難保障制度が適用されない場合が有りますので注意が必要です。
Q. オリコカードの支払口座の変更は可能?
A:オリコカードの支払口座を変更する場合は、会員向けオンラインサービス「eオリコ」サービスか、オリコカードのwebサイトのオンライン口座受付サービスから変更する事が出来ます。eオリコサービスログイン後に各種登録・変更より口座設定手続きがら出来ます。
Q. 家族会員の利用明細は本会員と家族会員それぞれ別々に届く?
A:家族会員利用分も含めて契約者本人宛てに送られます。
Q. オリコカードのSMS認証について?
A:SMS認証はセキュリティの一つで、eオリコサービスで会員情報やメアドの変更、オリコポイントゲートウェイでのオンラインクーポン交換時などに、SMSによる認証及び電話での通知による認証機能が有ります。これは、携帯電話のSMS(ショートメッセージ)を利用した認証機能です。
Q. オリコカードやETCカードを紛失・盗難した場合は?
A:速やかに紛失・盗難窓口へ連絡すると共に、警察への届出も必要となります。ETCカードで、ETCマイレージサービス等を利用している場合は、ETCプラザへの連絡等も必要となります。

 -オリコカード

スポンサードリンク