クレジットカードアイ

クレジットカードの紹介や利用シーンなどを紹介

アメリカン・エキスプレスの主なクレジットカードのラインナップやサービス、特典など特徴を紹介

     2017/04/12

アメリカン・エキスプレスの主なクレジットカードのラインナップ

アメリカン・エキスプレスは国際ブランドとしても有名ですが、JCBのように直接クレジットカードも発行しています。アメリカン・エキスプレスのものと提携によるクレジットカードの発行もあります。

スポンサードリンク

アメリカン・エキスプレスの主なクレジットカード

アメリカン・エキスプレスが発行する主なクレジットカードを紹介したいと思います。ここで紹介するカード以外にもいくかの提携カードが発行されています。

また、アメリカン・エキスプレスのクレジットカードには申し込みの出来ない招待制の上級のクレジットカードも有ります。

アメリカン・エキスプレス・カード

アメリカン・エキスプレス・カードを徹底解説 メリットやデメリットなど
アメリカン・エキスプレス・カードは、アメリカンエキスプレスが直接発行しているクレジットカードの中でも最もスタンダードなクレ時戸とカードで、アメックスグリーンとも呼ばれています。一般カードですが、ステータス性が高いカードです。ブランド入会資格原則20...

アメリカン・エキスプレス・カードは、アメリカン・エキスプレスの発行する最もスタンダードな一般カードです。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードを徹底解説 メリットやデメリットなど
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、アメリカン・エキスプレス・カードのワンランク上のクレジットカードで、ゴールドカードです。数あるゴールドカードの中でもステータス性の高いカードで、旅行やエンターテイメントのサービスが充実しています。ブラ...

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、ワンランク上のアメリカン・エキスプレスのクレジットカードでゴールドカードです。

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードを徹底解説 海外旅行などが多い方にお勧め
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードは、アメリカン・エキスプレスが発行する海外旅行や渡航が多い方にお勧めのクレジットカードです。ポイントの無期限や旅行関連でのボーナスポイントもあり、マイルを貯めるのにお勧めの1枚です。ブランド入会資...

飛行機の利用や海外旅行などが多い方にお勧めのクレジットカード。ポイントは10社以上の提携航空会社のマイルへ移行が出来る。

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カードを徹底解説 海外旅行などが多い方にお勧め
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カードは、旅行向けのクレジットカードで、アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードのワンランク上のカードです。スカイト・ラベラー5倍ボーナスなど、さらにお得になったカードです。旅行で...

スカイトラベラーカードよりもさらにポイントが多く付与されるお得な、ワンランク上のクレジットカード。

ANAアメリカン・エキスプレス・カード

ANAアメリカン・エキスプレス・カードを徹底解説 ANAマイルがお得に貯まる
ANAアメリカン・エキスプレス・カードは、ANAマイルが貯まるクレジットカードで、ANAをよく利用される方にはおすすめのクレジットカードです。ブランド入会資格20歳以上で定職のある方(パート・アルバイト不可)年会費(初年度)7,000円+税年会費(翌年以降)7,000円+税...

ANAマイルがお得に貯まるアメリカン・エキスプレスが発行するクレジットカード。

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードを徹底解説 さらにANAマイルがお得に貯まるゴールドカード
ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、ANAアメリカン・エキスプレス・カードのワンランク上のクレジットカードでゴールドカードです。ポイントやマイルがさらにお得に貯まる仕組みになっており、マイル移行コースの参加費用も不要ですのでとてもお得で...

ANAアメリカン・エキスプレス・カードのゴールドカードで、ANAマイル移行コース参加費が付与であったり、ボーナスマイルがより多くもらえたりと、かなりお得なゴールドカードとなっています。

ペルソナSTACIA アメリカン・エキスプレス・カード

ペルソナSTACIA アメリカン・エキスプレス・カードを徹底解説 阪急・阪神百貨店でお得なカード
ペルソナSTACIA アメリカン・エキスプレス・カードは、阪急・阪神百貨店でSポイント(旧STACIAポイント)がお得に貯まるアメリカン・エキスプレスのクレジットカード。大阪・梅田エリアでお得なカードで、大阪及び近県で利用される方にはおすすめのクレジットカード...

阪急・阪神百貨店や同グループ施設等でお得にSポイントが貯まるクレジットカードです。大阪や近県で阪急・阪神百貨店や関連店舗等を良く利用される方にはお勧めです。

アメリカン・エキスプレスのクレジットカードの入会方法や流れなど

アメリカン・エキスプレスのクレジットカードの申込は、インターネットからの申込がお勧めです。インターネットからの場合だと手続きも簡単ですし、入会キャンペーンが実施されている場合には、その特典を受ける事も出来ます。

アメリカン・エキスプレスのクレジットカードの入会資格

アメリカン・エキスプレスのクレジットカードの入会資格は、各カードの種類によって決まっています。基本的には20歳以上の方が対象となっています。

そして、安定継続した収入や、定職のある事が求められます。パートやアルバイトの方は申込不可となっています。尚、プラチナカードなど一部招待制のクレジットカードがありますが、これは利用実績等によって案内される事が有ります。

アメリカン・エキスプレスのクレジットカードの入会方法

アメリカン・エキスプレスのクレジットカードは、インターネットから簡単に申込をする事が出来ます。自分の持ちたいクレジットカードのページから入会申込のボタンをクリックすると入会の手続きをする事が出来ます。

オンライン申込フォームに必要事項を入力して送信すると、その情報を元に入会審査が行われます。審査は通常は10日程度かかります。

審査に通ると、カードが発行され本人限定受取り郵便(特定事項伝達型)で届きます。受取りは必ず本人が本人確認書類を呈示して受取る事になります。審査状況によっては、本人確認書類の提出をしなければならない場合も有ります。

本人確認書類の提出が必要な場合には、その旨の連絡がありますので、「本人様確認書類等ご提出のお願い」をEメールで受け取りの場合は、オンラインで本人確認書類を提出出来ます。

この場合、専用のURLがメールに記載されていますので、所定の書類をアップロードする事で本人確認が完了します。事前に準備しておくとスムーズに対応出来ます。

アメリカン・エキスプレスの本人確認書類について

アメリカン・エキスプレスの本人確認書類は、以下のものがあります。

  • 運転免許証(住所変更の場合は両面)
  • 各種健康保険証(氏名、生年月日、住所の記載面)
  • 写真付き住民基本台帳カード(住所変更の場合は両面)
  • パスポート(写真と所持人記入欄ページ)
  • 特別永住者証明書(住所変更の場合は両面)
  • 在留カード(住所変更の場合は両面)
  • 住民票の写し(発行日より6ヶ月以内のものであって、マイナンバーが記載されていないもの)

アメリカン・エキスプレスのクレジットカードのメリットは?

アメリカン・エキスプレスのクレジットカードのメリットについて紹介したいと思います。

クレジットカードの中では高いステータス性

アメリカン・エキスプレスはクレジットカードの中では比較的ステータス性が高いです。昔ほどのステータス性は無いという意見や、クレジットカードにステータスを求めないという方も増えています。

それでもやはりアメックスのクレジットカードは他社のクレジットカードと比較してステータス性は感じられると思います。やはりそれなりの収入のある方でなければ維持するのは難しいです。

ポイントの有効期限を無期限にする事が出来る

アメリカン・エキスプレスのカードの種類にもよりますが、有効期限がはじめから無期限となっているものがあります。また、最長3年の有効期限のものでも1度交換すると、有効期限が無期限になります。

他にも、メンバーシップ・リワード・プラスに登録出来るカードなら、年間3,000円+税の参加費が必要ですが、登録するとすぐに有効期限が無期限となり、ポイントの換算レートもアップします。

旅行やエンターテイメント関連サービスが充実

アメリカン・エキスプレスのクレジットカードは、旅行やエンターテイメントでのサービスが充実しています。電話1本で海外・国内旅行の手配が出来たり、ホテルの予約やレンターカー等の手配、パッケージツアーなども手配できます。

もちろん電話以外にも、インターネットからの予約が出来たりもし、アメリカン・エキスプレスのカード会員割引優待等も有ります。

また、空港関連でも、空港ラウンジや、手荷物無料宅配サービス、エアポート送迎サービス、空港パーキング、ポーターサービス、空港クロークサービスなどのサービスも用意されています。

アメリカン・エキスプレスのクレジットカードのデメリットは?

アメリカン・エキスプレスのクレジットカードのデメリットについてです。

年会費が高い

アメリカン・エキスプレスが発行するクレジットカードは、他社のクレジットカードと比較して年会費が高い場合が多いです。一般カードのアメリカン・エキスプレス・カード(アメックスグリーン)でも12,000円+税もします。

年会費無料のクレジットカードも多い中、この年会費は高いと言えます。

初めは利用限度額の目安が低い

アメリカン・エキスプレスのクレジットカードを初めて持つ場合、利用限度額の目安は意外と低いです。利用実績ときちっとした支払いを続けていく事で、信用が付き利用限度額の目安も上がってきます。

VISAやMasterCardと比較すると決済出来る場所が少ない

日本国内ではJCBと提携をしており、端末さえ古くなければJCBで決済出来るお店では、アメリカン・エキスプレスのクレジットカードも決済出来る場合が多いです。

ですので、日本でクレジットカードが利用出来るお店では支払が出来ずに困る事は少ないと思います。ただ、海外となるとやはりVISAやMasterCardブランドと比較すると、決済出来る場所は少ないです。

海外旅行などでは、VISAブランドと併せ持って旅行に行く方が困らなくて済みます。

アメリカン・エキスプレスの会員専用オンライン・サービス「マイ・アカウントサービス」

アメリカン・エキスプレスでは、カード会員向けのオンライン・サービス「マイ・アカウントサービス」が有ります。マイ・アカウントサービスでは、複数枚カードを持っている場合でも管理が可能です。

もちろんポイント数の確認や交換、利用の請求金額なども確認する事が出来ます。

アメリカン・エキスプレスのオンライン・サービス「マイ・アカウントサービス」の機能等は以下のようなものがあります。

  • オンライン明細書(ペーパーレス可)
  • 利用金額や次回口座振替日や金額のメール案内設定
  • ポイントの確認及び交換
  • 各種登録情報の確認・変更
  • 各種イベント、キャンペーンの申込
  • 最新情報などの案内
  • 各種手続き等

などの機能が用意されています。

ポイントプログラム「メンバーシップ・リワード」

メンバーシップ・リワード

アメリカン・エキスプレスのポイントプログラムは、基本は「メンバーシップ・リワード」となっています。但し、カードの種類によっては、それぞれ独自のポイントが貯まるものもあります。

アメリカン・エキスプレス・カードやアメリカン・エキスプレス・ゴールドカードなどでは、基本は100円で1P貯まります。但し公共料金の支払など一部200円で1Pのものも有ります。

貯まったポイントはカードの利用代金に充当したり、旅行代金に充当、対象店舗での買い物時に、その場でポイントを対象店舗の商品券に交換したりも出来ます。

他にも提携航空会社の参るへ移行したり、ヒルトンホテルや、スターウッドホテル&リゾート等の提携ホテルのポイント、楽天スーパーポイントやTポイントなど他社提携ポイントプログラムへ移行することも可能です。

その他のカードの場合

アメリカン・エキスプレスでは、他にもスカイトラベラーカードやANAアメリカン・エキスプレス・カード、ペルソナSTACIAアメリカン・エキスプレス・カードなどのクレジットカードが発行されています。

ペルソナSTACIAアメリカン・エキスプレス・カードは、阪急・阪神などで利用出来る「Sポイント」が貯まります。

スカイトラベラーカードや、ANAアメリカン・エキスプレス・カードなどでは、ポイントプログラムは「メンバーシップ・リワード」ですが、ポイントはマイルへの移行か、支払にポイントを利用するポイントフリーダムで使う事が出来ます。

アメリカン・エキスプレスの対応電子マネー

アメリカン・エキスプレスでは、Suicaなどいくつかの電子マネーのチャージに対応しています。

  • 楽天Edy(チャージ対応/ポイント付与無し)
  • モバイルSuica(チャージ対応/ポイント付与無し)
  • SMART ICOCA(チャージ対応/ポイント付与無し)

この様にいくつかの電子マネーのチャージには対応していますが、いずれもポイントの付与は無く残念ですが、いくらチャージしてもポイントは貯まりません。

アメリカン・エキスプレスカードはApple Pay(アップルペイ)に対応

アメリカン・エキスプレスカードはApple Pay(アップルペイ)に対応

アメリカン・エキスプレスカードは、アップルの提供する決済サービスApple Payに対応しているクレジットカードです。アメリカン・エキスプレスの発行するクレジットカード(一部除く)をiPhone7やApple Watch Series 2に追加すると「QUICPay」が割り当てられます。

アメリカン・エキスプレスカードでApple Pay(アップルペイ)を利用 設定や利用方法など詳しく紹介
アメリカン・エキスプレスでもついに2017年3月1日からApple Payに対応し、利用出来るようになりました。アメリカン・エキスプレスカードをiPhone7やApple Watch Series 2へ追加する事でQUICPayが割り当てられ、QUICPayの利用出来る店舗や自動販売機などで支払いが可...

アプリ内やウェブ上にも対応

Apple Payにアメリカン・エキスプレスカードを追加すると、店舗ではQUICPayの利用ができます。他にも、Apple Payはアプリ内やウェブ上でのApple Payの決済が可能で、アメックスブランドもこのアプリ内やウェブ上でのApple Payでの決済に対応しています。

Apple PayのSuicaチャージについて

Apple PayにSuicaを追加している場合に、そのSuicaにチャージする場合、アメリカン・エキスプレスカードではiPhoneのWalletアプリから簡単にチャージする事が出来ます。

Apple PayにSuicaを追加や削除する方法 iPhone7などでのやり方など
Apple Payは2016年10月から始まったサービスで、iPhone7や7plus、Apple Watch Series 2などはFeliCaに対応していますので、SuicaをApple Payに追加しておけば、端末をリーダーにかざすだけで改札を通過する事が出来ます。新規に追加すると自動的にエクスプレスカード...

アメリカン・エキスプレスのクレジットカードのセキュリティ

アメリカン・エキスプレスのクレジットカードのセキュリティ

不正検知システム(不正プロテクション)

アメリカン・エキスプレスでは、不正検知システムが導入されています。不正検知システムは、カードの取引ごとにカード会員以外の第三者による不審な利用が無いかをチェックしています。

このシステムは、そのカードの利用が直近の不正使用の傾向と似ている場合など、第三者の不正使用の可能性が高いと判断された場合に取引を保留する場合があります。

また、同時に第三者による不正使用の可能性を検知した場合には、電話やE-Mailにてカードの利用内容の確認がありますので、安心して利用する為にも日中連絡の取れる連絡先の登録をしておいた方が良いでしょう。

尚、不正使用などがあった場合には新しく安全なカード番号で再発行する等の処置も取られます。

AMERICAN EXPRESS セーフキー

saison-honinnkakunin5

AMERICAN EXPRESS Safe Key(アメリカン・エキスプレス セーフキー)は、アメリカン・エキスプレスの本人認証サービスです。対応している加盟店でインターネットショッピングをする際に、通常の取引情報に加えて、ワンタイムパスワードの入力をする事になります。

ワンタイムパスワードは、登録しているメールアドレスへ送られてきますので、その都度変わります。これによって不正使用を防ぐ仕組みになっています。

ICカード

アメリカン・エキスプレスでは、2015年からICチップ搭載のカードの発行を順次進めていくと発表され、段階的にICカードへの切り替えが始まっています。

プロテクション

アメリカン・エキスプレスでは、不正使用や盗難等で4つのプロテクションが提供されています。一部カードのランクによっては付帯していない場合も有ります。

オンラインプロテクション

アメリカン・エキスプレスの「オンラインプロテクション」は、インターネットショッピングにおける不正使用の損害全額補償されるものです。

ショッピングプロテクション

アメリカン・エキスプレスのショッピング保険で「ショッピング・プロテクション」は、対象カードを利用して購入した商品の偶然の事故による損害について、商品購入から90日間補償されます。補償額はカードの種類によって異なります。

尚、1回の事故について10,000万円の免責があり負担する必要が有ります。また、一部補償されない商品など条件がありますので、補償規定を必ずご確認下さい。

リターンプロテクション

リターン・プロテクションは、対象カードを使って購入した商品について、返品しようとした際に購入店が返品を受け付けない場合において、アメックスへ商品を返却する事が出来るものです。

商品の購入金額(海外の場合は、日本円相当額)が会員口座に払い戻されます。払い戻しの限度額は1商品につき30,000円までで、年間最高15万円相当までとなっています。

リターン・プロテクションにも細かく規定があり、未使用かつ損傷が無い正常に機能する商品である事が条件で、かつ購入日から90日以内となっています。

キャンセルプロテクション

キャンセル・プロテクションは、急な出張や突然の病気や怪我による入院などで海外旅行など予約をキャンセルしたり、チケットを購入済みのコンサートに行けなくなった場合キャンセル費用などの損害を補償してもらえます。

他社のクレジットカードにはなかなか無いサービスで、もしもの時にも安心です。

対象となるのは以下の利用で、対象カードで支払をしている場合のみ補償対象となります。

  • 国内旅行契約、海外旅行契約に基づくサービス
  • 旅館、ホテルなどの宿泊施設の提供およびそれに付帯するサービス
  • 航空機、船舶、鉄道、自動車などによる旅客の輸送
  • 宴会、パーティー用に供する施設の提供およびそれに付帯するサービス
  • 運動、教養などの趣味の指導、教授または施設の提供
  • 演劇、音楽、美術、映画などの公演、上映、展示、興行

アメリカン・エキスプレスの補償制度

万が一、不正使用被害に遭った場合にもアメリカン・エキスプレスにて補償してもらえます。但し、故意や管理不足など過失があった場合には補償されない場合が有ります。これはどこのクレジットカード会社でも同様ですが、しっかりと管理していたのに不正使用被害があった場合のみ補償されます。

アメリカン・エキスプレスのクレジットカードの支払方法

アメリカン・エキスプレスの支払方法には、1回払い、ボーナス一括払い、ペイフレックス(リボ払い)、分割払いの6種類の支払方法があります。

支払方法 支払内容 手数料
1回払い 締め日翌月の支払日に1回で支払 無料
ボーナス
一括払い
夏又は冬のボーナス月に一括して支払
夏:原則8月に支払
冬:原則1月に支払
無料
ペイフレックス
(事前登録型リボ払い)
設定金額以上の利用の場合は自動的にリボ払いに振り分けられる支払方法。設定以下の金額なら1回払いになります。 必要
分割払い 利用金額と手数料の合計を指定回数に分けて毎月の支払日に支払
(3・5・6・10・12・15・18・20・24回)
必要

ボーナス一括払いについては、店舗によって利用出来ない場合があります。また、ボーナス一括払い及び分割払いは日本国内の取扱い加盟店のみで利用出来ます。

ペイフレックスについて

アメリカン・エキスプレスでは、ペイフレックスという支払方法があります。これは事前登録型のリボ払いで、あらかじめ金額を設定し、1回の買い物の額によって一括払いかリボ払いに自動的に振り分けられるものです。

事前登録型ですので、事前に登録(無料)をしておく必要が有ります。

金額の設定と仕組み

アメリカン・エキスプレスのペイフレックスでは、あらかじめ以下の3種類の金額を設定出来ます。(基本的に家族会員利用分も適用されます)

  • 5,000円以上
  • 20,000円以上
  • 50,000円以上

これらの3種類から選択して設定をすると、1回のカード利用でその設定金額を超えない場合は一括払いで、超える買い物に関しては自動的にリボ払いになる仕組みです。

例えば2万円で設定して、1回の買い物(利用)が1万円だった場合は、その商品は一括払いとなります。もし、1回の買い物で7万円の利用だった場合は、7万円全てがリボ払いになります。

(2万円が一括で、残り5万円がリボというような振分けにはなりません。必ず設定金額を超えた場合は全てリボ払いとなります)

クレジットカードのリボ払いについて詳しく解説。リボ払いは怖い?
リボ払いは、クレジットカードの支払方法の一つです。一括払いや分割払いと共に普及している支払方法です。一回で支払う訳では無いので、分割払いと似ていると感じるかも知れませんが、その違いについても解説していきたいと思います。リボ払いは注意して利用しない...

返済は残高スライド方式

アメリカン・エキスプレスのペイフレックスに登録し、リボ払いとなった分の支払に関しては、残高に応じて毎月の返済額が変わってきます。

リボ払い残高 月々の返済額
100,000円以下 3,000円
100,001円~200,000円以下 6,000円
200,001円~300,000円以下 9,000円
300,001円~400,000円以下 12,000円
400,001円~500,000円以下 15,000円
500,001円~600,000円以下 18,000円
600,001円~700,000円以下 21,000円
700,001円~800,000円以下 24,000円
800,001円~900,000円以下 27,000円
900,001円~1,000,000円以下 30,000円

月々の返済額は、最低金額ですのでこの最低金額以上に返済額を増額する事が出来ます。基本的に毎月の返済額が多い程早く支払を済ますことができ、手数料も少なくて済みます。

アメリカン・エキスプレスの支払日

アメリカン・エキスプレスの支払日は基本的には会員によって異なります。引落し口座によって、

  • 19日締め翌月10日払い
  • 21日締め翌月26日払い
  • 1日締め21日払い

などが有ります。いずれにしても会員によって異なりますので、自分の支払日は利用明細やオンライン・サービスにて確認が出来ますので、忘れないように必ず自分の支払日をご確認下さい。

また、加盟店からの利用代金請求処理の状況によっては、請求が遅れる場合があります。

アメリカン・エキスプレスのクレジットカードの退会(解約)方法と注意点

アメリカン・エキスプレスのクレジットカードの退会方法(解約)は、基本的にカード裏面にあるカスタマーセンターの番号に電話をして退会(解約)の意思を伝えるだけでOKです。

退会の電話の際には本人確認のために質問があり、それに答えるだけでOKです。また、解約理由なども軽く聞かれたりします。場合によっては年会費など何らかの提案がある場合もあります。

この辺は人それぞれですので何とも言えません。引き止められるという事はカード会社にとって会員でいて欲しい人という事でもあります。

アメリカン・エキスプレスのクレジットカードの退会(解約)の際の注意点について

家族カードが使えなくなる

本会員あっての家族会員です。本会員がカードを退会(解約)すると家族カードも当然ですが利用出来なくなってしまいます。本会員だけ退会して、家族カードだけ残すというようなやり方は出来ません。

ETCカードも利用出来なくなる

ETCカードもクレジットカードと結びついていますので、カードを退会(解約)すると、追加していたETCカードも利用が出来なくなります。これを忘れていると、ゲートで決済出来ず引っかかります。

ポイントは失効します

アメリカン・エキスプレスのクレジットカードを退会(解約)すると、貯まっていたときめきポイントは全て失効します。もしも、ポイントが貯まっているなら何かと交換をしてから退会する事をお勧めします。

全然貯まっていないなら交換するものが有りませんので、そのまま退会するしか有りません。

マイ・アカウントサービスは利用出来なくなります

アメリカン・エキスプレスのクレジットカード会員向けオンラインサービス「マイ・アカウントサービス」はカード会員専用のインターネットサービスです。退会(解約)をしてしまうと、このサービスは利用出来なくなってしまいます。利用明細などは確認出来なくなります。

公共料金の支払などには注意

もしも各種公共料金やインターネット利用料、格安SIMの支払、何らかの会員サービスの会費などの支払をクレジットカードで行っている場合、退会する前にそれぞれの支払を考えなければなりません。

別のクレジットカードにする場合には事前に支払のカードの変更をしておく必要が有ります。

入会してすぐの退会(解約)には注意

アメリカン・エキスプレスのクレジットカードに入会してすぐに退会するというような事はしない方が良いです。これはアメリカン・エキスプレスのクレジットカード以外でもどのクレジットカードにも言えますし、他にもカードローンなどにも言える事です。少なくとも半年は退会(解約)せずに持っておく方が良いです。

こうした情報は信用情報機関に契約開始日や終了日が登録されています。クレジットカードも信用は大切ですし、さまざまなネガティブなイメージを与える場合があります。例えばキャンペーン目当ての入会と判断されると、次に別のカードの審査に通らないという可能性も出てきます。

こうした情報は信用情報機関に5年間登録されて、加盟している各クレジットカード会社は閲覧できる状況になります。退会(解約)の際にはタイミングなども考えながら慎重に手続きをする必要が有ります。安易に入会と退会を繰り返すのは自身の信用を損なう危険があります。

アメリカン・エキスプレスのクレジットカードの疑問など

アメリカン・エキスプレスのクレジットカードの疑問

パートやアルバイトでも申込出来る?

アメリカン・エキスプレスの発行するクレジットカードは、原則20歳以上の人で定職のある方が申し込み出来ます。残念ながらパートやアルバイトの方は申込をする事が出来ません。

カードが届くまで時間がかかる?

アメリカン・エキスプレスでは、入会申込から審査、発行まで最短で約1~2週間程度かかるようです。これは審査状況や混雑状況によって変わりますので、それ以上にかかる場合も有ります。

もしも、急ぎでアメリカン・エキスプレスのカードを発行してもらいたい場合は、アメリカン・エキスプレスまで電話をすれば可能な限り急ぎで審査を行ってもらえるようです。

但し、あくまでも可能な限りであり絶対では有りません。いずれにせよ審査状況や混雑状況によっては無理な場合もあります。

カードの利用限度額は?

アメリカン・エキスプレスの利用限度額は、審査等によって個別に設定されます。他社のように利用限度額が公開されてはいませんので、自分の利用限度額がいくらなのかは、電話でだいたいいくらぐらいまで利用出来るのか問い合わせて確認する必要が有ります。

アメリカン・エキスプレスの場合は、いくらまでと具体的に設定というよりもあくまでも目安が設けられる感じで、申込情報や資産状況等によっておおよその目安が決まります。

また、利用限度額はカードの利用実績、支払状況などに応じて段階的に変動していきます。

 -アメリカンエキスプレス

スポンサードリンク