クレジットカードアイ

クレジットカードの紹介や利用シーンなどを紹介

dカード NTTドコモユーザーにおすすめのクレジットカード メリットやデメリットなど

     2017/04/13

dカード NTTドコモユーザーにおすすめのクレジットカード メリットやデメリットなど

dカードはNTTドコモのクレジットカードで、dポイントが貯まるカードです。以前のDCMXで2015年12月にこのdカードへ変わりサービスなども変わっています。基本的にはNTTドコモユーザーにおすすめのクレジットカードとなっています。また、ローソンを利用される方にもとてもお勧めです。

ブランド visa-logo32master-logo32
入会資格 満18歳以上の個人名義で、iモード又はSPモードが利用出来る携帯電話番号を届出る事。
又、本人名義の口座を支払い口座として設定する事、その他NTTドコモが定める条件を満たす事。

※未成年者は親権者の同意が必要

年会費
(初年度)
無料
年会費
(翌年以降)
1,250円+税
※2年目以降前年度に1回以上のショッピング利用があれば無料
還元率 1.0~5.0%
発行期間 最短5営業日
付帯保険 ショッピング保険
マイル JAL
電子マネー iD
追加カード等 ETC、家族カード

スポンサードリンク

dカードの特徴

■ 利用があれば年会費は実質無料

dカードは、初年度年会費が無料のクレジットカードで、翌年以降も前年度に携帯電話の利用代金支払いやETC・iD利用を含むショッピングの利用が1回でもあれば無料となります。

■ NTTドコモの優待がある

dカードは、dポイントクラブのステージが初めからブロンズステージになります。他にもdカードケータイ補償も付帯しています。

■ ローソンでの利用で3%OFF

dカードは、ローソンでクレジット払いで買物をすると、カード請求時に3%割引となりとてもお得です。もちろんカード利用なのでカードのポイントも貯まります。

■ iDが搭載

dカードには初めからiDが搭載されており、iDが利用出来るお店で決済ができもちろんポイントも貯まります。

■ ショッピング保険付帯

利用があれば実質年会費無料のdカードには、ショッピング保険(お買物あんしん保険)が付帯しており、年間最高100万円までの補償が有ります。

dカードについて

dカードは、NTTドコモのクレジットカードで年会費は利用があれば実質無料となるクレジットカードです。ポイントも1%から貯まり、比較的高い還元率となっています。VISAとMasterCardブランドがあり、国内はもちろん海外でも決済出来る店舗が多いので様々なシーンで利用出来ます。

貯まるポイントはdポイントで、一般加盟店ではもちろんdカード特約店やポイントUPモールでお得にdポイントを貯める事も可能となっています。dカードの呈示だけで貯まるdポイント加盟店も有ります。また、ローソンでは利用は割引が有りとてもお得です。

NTTドコモのクレジットカードなので、NTTドコモの携帯代金の支払いでポイントが貯まるというイメージもあると思いますが、NTTドコモの支払いをdカードでしてもポイントは直接貯まりません。dポイントクラブのステージで6ヶ月で貯まったdポイント獲得数に応じてポイントが貯まる仕組みになっています。

年会費

dカード(本会員) 初年度無料
通常1,250円+税
※条件により無料

dカードの年会費は、初年度年会費無料で翌年以降は通常1,250円+税の年会費が発生します。但し、年会費は条件によって無料となります。

dカード(家族会員) 初年度無料
400円+税
※条件により無料

家族カードも本会員同様に初年度の年会費は無料となっています。翌年以降は通常400円+税の年会費となっています。

年1回以上の利用で年会費が無料に

dカードでは、前年1回でもショッピングの利用(携帯あ代金支払やETC・iDショッピングの利用を含む)が有れば年会費が無料になります。家族カードも同様に、前年の利用が1回でもあれば年会費は無料になります。従って、普段からdカードを利用していれば年会費は実質無料となります。

付帯保険

dカードの付帯保険は、ショッピング保険(お買物あんしん保険)が付帯しています。海外旅行傷害保険や国内旅行傷害保険は付帯していません。

ショッピング保険(お買物あんしん保険)

dカードのショッピング保険は、dカードで購入した商品が購入日を含めて90日以内に盗難、破損等の偶然の事故によって損害をこ被った場合にその損害の補償をしてもらえます。

年間最高100万円までの補償があり1事故あたりの自己負担金は3,000円となっています。

但し、海外での購入品の場合は全ての支払方法が補償対象となりますが、国内での購入品に関してはリボ払い又は3回以上の分割払いで購入したものに限ります。また、ショッピング保険には対象外の品目が有ります。詳しくは補償規定をご確認下さい。

付帯保険の比較

dカードの場合はショッピング保険のみが付帯しています。年会費無料のクレジットカードの中には海外旅行傷害保険などが付帯している場合も有りますが、それでもショッピング保険が付帯しているのはメリットだと思います。

ただ、国内での買物に関しては手数料が発生する支払方法でしか補償対象となりません。この辺は三井住友カードの一般カードと同じ感じです。まあ保険が必要なのは大きな買物だと思いますので分割の利用もあり得るので問題は無いと思います。

また、ショッピング保険には、補償対象となる商品と対象外の商品が有ります。買物前に対象外の商品などをしっかり確認する必要が有ります。

付帯保険は、それぞれ適用される条件が細かく決まっています。利用前に補償規定をしっかりと確認して内容を把握しておかないといざ補償されると思っていても、補償の対象外であったり、条件を満たしていなかったという場合があります。

セキュリティ

dカードのセキュリティ

続いてdカードのセキュリティ関連についてです。

カードの盗難・紛失について

万が一dカードを紛失又は盗難に遭った場合は、速やかに連絡をする必要が有ります。

国内の場合 0120-159-360(24時間)
海外の場合 ⇒ カード紛失・盗難受付デスク(海外)
国によって番号が異なります

国内での紛失・盗難の際は、24時間対応のフリーダイヤルへ連絡が必要となります。携帯・PHSからも利用出来ます。海外の場合は、国によて番号が異なります。また、いずれの場合もNTTドコモへの連絡と合わせて最寄の警察への届出が必要です。

海外緊急サービス

万が一海外でdカードを紛失した場合には現地へ暫定的なクレジットカード(緊急カード)を届けてもらえるサービスも有ります。但し、取引地域、場所等に制限がありますので、必ず利用出来るとは限りません。

また、dカードの場合は10,000円+税の手数料が発生します。又、帰国後再発行手数料が1,000円+税必要となります。

dカードの補償制度

万が一dカードを、紛失又は盗難に遭って不正使用を被った場合、届出日の90日前から期限なしで、それ以降に不正使用された損害をNTTドコモが負担してくれます。

但し、速やかなNTTドコモへの紛失・盗難の連絡手続きと、最寄の警察や交番への届出をする必要が有ります。きちっと対応しておかないと、損害を補償してもらえない可能性が有ります。また、故意や過失があった場合などは補償されない場合が有ります。

不正検知システム

dカードでは、安心してクレジットカードが利用出来るように不正検知システムが導入されています。24時間365日取引の監視がおこなわれており、不正検知システムが不正使用のパターンを分析して会員以外の第三者による不正使用を事前に発見するものです。

この不正検知システムが不正使用の可能性を検知した場合、会員本人に確認の連絡や対応の相談の連絡が有ります。

ICカード

dカードには、ICチップが搭載されており、IC対応端末と認証作業などを行います。以前普及していた磁気カードと比較しても高度な安全対策機能が取り入れられています。

ICカードは偽造や解析が困難になっており、簡単にコピーなどが出来なくなっています。また、ICカードは暗証番号を入力するだけでサインする時間なども短縮され決済がスムーズになります。

本人認証サービス

dカードの本人認証サービス

dカードの本人認証サービスは、インターネットショッピングでdカードを利用する際に、クレジットカード情報とプラスして、Member’s IDのパスワードを入力する事で本人認証を行うセキュリティサービスです。

第三者が専用パスワードを知らない限りカードをしようする事が出来ませんので安心です。本人認証サービスは、各国際ブランドにより提供されており、対応の加盟店にはサービス対象店舗の目印があります。

追加カードや電子マネー

dカードでは、追加カードがいくつか用意されています。

追加カードや電子マネー 家族カード、ETCカード

家族カード

家族カードは、本会員と同じサービスが付帯している家族向けのカードです。本会員と家族会員の利用分は合わせて本会員の支払口座から自動引落しとなります。また、ポイントは本会員にまとめて付与される仕組みになっています。

利用枠については、同時に申込む本会員のクレジットカードの利用枠内で利用する事が出来ます。

当然ですが、家族カードは本会員のカードに追加するもので、単独での発行は出来ません。また、家族カードの資格としては、会員本人と生計を共にする18歳以上の配偶者や両親、子供(高校生除く)が対象となります。また、iモード又はSPモードが利用出来る携帯電話番号を届出る事が条件と成ります。

尚、家族カードは本会員が学生の場合は申込が出来ません。

ETCカード

dカードのETCカード

dカードのETCカードは、セットアップされたETC車載器に挿入して有料道路の支払をキャッシュレスで出来るカードです。dカードの場合、ETCカードは年会費は初年度無料となっています。(翌年以降も年1回以上のETCカード利用請求があれば無料)

もちろんETC利用分もdポイント付与の対象となっています。

初年度 年会費無料
翌年度以降 500円+税
※前年1回以上のETCカード利用が有れば無料に

ETCカードのお勧め比較や割引情報など

dカードのETCカードの紛失・盗難保障制度

もしも、dカードのETCカードを紛失・盗難、偽造等によって第三者に不正利用が発生した場合でも、届出から最大60日前までさかのぼり、その損害をNTTドコモが補償してくれます。

但し、こちらの補償に関しても車内にETCカードを放置していたなど、故意や過失がある場合には補償されない可能性が有ります。

ETCマイレージサービス

ETCマイレージサービスは、事前に登録が必要ですが、ETCカードによる支払額に応じてポイントが貯まり、貯まったポイントは、無料通行分として還元され、通行料金の支払に利用出来ます。

このサービスは、NEXCO東日本・中日本・西日本、阪神高速道路株式会社、本州四国連絡高速道路株式会社が主催するサービスです。

ETCマイレージサービスは、通行料金の支払額に応じてポイントが貯まります。
ETCマイレージサービスは、NEXCO各社と本州四国連絡高速道路、阪神高速で運営されているサービスで、一部地方道路公社も参加しているマイレージサービスです。ETCマイレージサービスは、ETCカードで支払をした金額に応じてポイントが付与されるもので、ポイントが貯...

iD

イオンiD

iDは、NTTドコモが運営する決済プラットフォームでポストペイ型(後払い方式)電子マネーサービスです。dカードの場合このiDが初めから搭載されており、利用する事が出来ます。

コンビニなど小額決済の場合に便利な支払いで、iDは後払いのポストペイタイプなので、iD利用分の請求はdカードの利用分の請求とまとめて行われます。もちろん、iD利用分のdポイントも付与されます。

Apple Payに対応し「iD」が追加される

Apple Payに対応し「iD」が追加される

NTTドコモはApple Payに対応しているクレジットカード会社です。dカードもApple Payに追加する事が可能となっています。iPhone7やApple Watch Series 2に追加すると、iDが割り当てられ店舗や自動販売機など、iDが利用出来る場所で決済できます。

dカードでApple Pay(アップルペイ)を利用 設定や利用方法など詳しく紹介
dカードは、Apple Payの対応カードとなっており、iPhone7やApple Watch Series 2へ追加する事でiDが割り当てられ、iDの利用出来る店舗や自動販売機などで支払いが可能です。dカードの場合は、VISA、MasterCardの2ブランドが有ります。MasterCardブランドのdカードな...

他にも、アプリ内やウェブ上でのApple Payでの決済も有りますが、VISAブランドはこの2点には対応しておらず、MasterCardブランドなら対応しています。

Apple PayでのSuicaチャージは、dカードのMasterCardブランドならiPhoneのWalletアプリから行えます。VISAブランドはSuicaアプリにVISAカードを登録する事でSuicaにチャージが出来るようになります。

他に、Apple Payは家族カードでも追加する事が出来ますので、本会員に承諾を得てから追加する事が出来ます。

支払方法及び支払日

dカードの支払方法と、クレジットカード利用代金の支払日についてです。

支払方法

支払方法は、1回払い、2回払い、ボーナス一括払い、リボ払い、分割払いの5種類の支払方法があります。

支払方法 支払内容 手数料
1回払い 締め日翌月の支払日に1回で支払 無料
2回払い 締め日翌月と翌々月の支払日に2回に分けて支払 無料
ボーナス
一括払い
夏又は冬のボーナス月に一括して支払
夏期:12月16日~6月15日 8月に支払
冬期:7月16日~11月15日 翌年1月に支払
無料
リボ払い 利用金額や件数に関わらず毎月一定額に分割し、毎月の支払日に支払 必要
分割払い
(2~24回)
利用金額と手数料の合計を指定回数に分けて毎月の支払日に支払
(3・5・6・10・12・15・18・20・24回)
必要

店舗によっては支払い回数や支払い方法を指定出来ない場合が有ります。また、ボーナス一括払いは店舗によっては取扱期間が異なります。

あとからリボ

あとからリボは、1回払い、ボーナス払いで購入した商品を後日、リボ払いに変更出来るサービスです。あとからリボにする場合には手続きが必要となり、また、支払口座によって申込期限が決まっています。申込期限を過ぎるとあとからリボの設定が出来ません。

また、支払方法がリボ払いになりますので、支払いの際には所定のリボ払い手数料が発生します。

こえたらリボ

こえたらリボは、お店でリボ払いとしなくても、事前に設定した支払金額を超えた部分が自動的に翌月以降にリボ払いになります。こちらの場合もリボ払いの部分はリボ払い手数料が発生します。

また、こえたらリボで、手数料が発生した請求分があればdポイントが50%UPします。

支払日

dカードの支払日は以下の通りです。尚、支払日が金融機関休業日の場合は翌営業日の支払いとなります。

  • 毎月15日締め翌月10日払い

ポイントプログラム

dカードのポイントプログラム dポイント

dカードのポイントプログラムは、「dポイント」で毎月のカード利用金額に応じてポイントが付与されていきます。また、店舗によっては呈示等で貯まる場合も有ります。

dポイントの付与について

dポイントの付与は、ショッピング利用で基本100円につき1P付与される仕組みになっています。さらに、dポイント加盟店やdカード特約店ではさらにポイントが上乗せして貯まります。

dポイントの有効期限

dポイントの有効期限は、獲得した月から起算して48ヶ月後の月末となっています。

但し、期間や用途限定のdポイントの場合はその限りでは有りません。別途定められた有効期限が適用されます。

dポイント加盟店

dポイント加盟店では、ポイントを貯めたり使ったりする事が出来ます。

加盟店名 ポイント付与/使用
ローソン 付与:100円(税抜)毎に1P
使用:1P=1円
マクドナルド
(都内100店舗/順次拡大予定)
付与:100円(税抜)毎に1P
使用:1P=1円
スターバックスカード 付与:100円(税抜)毎に3P
イオンシネマ 付与:100円(税抜)毎に1P
使用:100P=100円(100P単位)
ビッグエコー(iD支払いのみ) 付与:(iD支払)100円で2P
得タク 付与:100円(税抜)毎に1P
東京無線タクシー 付与:100円(税抜)毎に1P
オリックスレンタカー 付与:100円(税抜)毎に2P
使用:1P=1円
ENEOS(dカード払い・iD払い) 付与:100円(税抜)毎に1P
高島屋 付与:100円(税抜)毎に1P
使用:1P=1円

この他にも様々なdポイント加盟店があり、呈示やdカード払い、iD払い等それぞれの条件でdポイントが付与されたり、使用できたりします。尚、加盟店や対象店舗等が別途決まっている場合が有ります。また、付与されない対象外商品等も有りますので、dポイントクラブのサイトで必ず利用前にご確認下さい。

dカード特約店

dカード特約店なら利用額に応じてdポイントがさらに貯まります。iDの利用で貯まる場合も有ります。

特約店名 ポイント付与
AOKI 100円(税抜)で2P
ENEOS 100円(税抜)で1P
オリックスレンタカー(iD) 100円(税抜)で3P
イーデザイン損保 最大2,000P付与
(見積:500P、申込:1,500P)
JAL 100円(税抜)で1P
JALパック 100円(税抜)で1P
dトラベル 100円(税抜)で1P
JTB 100円(税抜)で2P
クラブメット 100円(税抜)で3P
洋服の青山(iD) 100円(税抜)で1P

dカード特約店もこの他にも多数有ります。dポイント加盟店とかぶっている特約店も有ります。尚、dカード特約店の場合も対象外の店舗や対象外商品、付与には条件等が設定されている場合が有ります。詳しくはdカード特約店のページで必ずご確認下さい。

家族でポイントを貯める

家族カードの項目でも紹介していますが、dカードの場合家族カード利用分も本会員へポイントが付与される仕組みになっています。家族カードも利用しながらポイントを家族で集める事ができるので、より貯まりやすくなります。

dポイントを使う

dカードで貯めたdポイントの利用は、街のお店で使ったり、月々のドコモの携帯料金の支払に使ったり出来ます。

dポイントを街のお店で使う

dポイントが使えるお店 利用
ローソン 1P=1円
マクドナルド
(都内100店舗/順次拡大予定)
1P=1円で10Pから
やまや 1P=1円
メガネのヨネザワ 1P=1円
ノジマ 1P=1円
ジョーシン 1P=1円
AOKI 1P=1円
高島屋 1P=1円
BLUE SKY(JAL) 1P=1円
タワーレコード 1P=1円
NEXCO中日本(SA・PA) 1P=1円
アニメイト 1P=1円
伊達の牛たん本舗 1P=1円
イオンシネマ 1P=1円で100Pから100P単位
オリックスレンタカー 1P=1円

dポイントが使える街のお店では、店舗によっては対象外の店舗や、利用出来ない商品等が決まっている場合が有ります。

月々のケータイ料金の支払に使う

毎月のNTTドコモのケータイ料金に3,000Pから100P単位でdポイントを充当出来ます。

これはドコモの回線契約をしている方が対象で、他のキャリアの方は対象外です。また、dポイントでも期間限定・用途限定のポイントは利用出来ません。また、各種割引後(月々サポート等)の利用料金に充当されます。

その他充当には様々な注意点が有りますので必ず公式サイトでご確認下さい。

iDキャッシュバック

iDキャッシュバックは、2,000Pにつき2,000円分のiDキャッシュバック(dカード)へ交換が可能となっています。

dカードのiD利用代金に充当出来る期間は、申込受付月の16日を起算日とした6ヶ月間となっています。それ以降の期間は失効してしまいます。

ドコモ商品の購入に使う

携帯電話機などのドコモ商品やスマホのアクセサリ、オプション品などのドコモ商品購入時にdポイントを使用できます。

dマーケットで使う

dマーケットでのコンテンツ購入やショッピングにdポイントを使う事が出来ます。

ポイント交換商品に使う

ポイント交換商品は、リビンググッズやグルメなどの商品と交換出来る他、JALマイルやPontaポイントに交換したりも可能です。

交換商品 交換レート
Pontaポイント 5,000P⇒5,000P(手数料250Pが別途必要)
JALマイル 5,000P=2,500マイル
(5,000P単位)
スターバックスカードチャージ 3,000P=3,000円相当

dポイントクラブ優待

dポイントクラブ優待は、ドコモのケータイやドコモ光の利用金額に応じてdポイントが貯まるもので、ステージに応じたポイントが貯まるもので、必ず登録はしておきたい所。

利用携帯電話番号として登録したドコモの携帯番号(ドコモの携帯を持っていない方は登録したdアカウント)で、これらdポイントクラブステージ優待特典を受ける事が出来ます。

dカードでは、ドコモの毎月の携帯料金を支払ってもdポイントは貯まりません。しかし、代わりのこのdポイントクラブ優待が有ります。これは、6ヶ月間で貯まったdポイント獲得数に応じてステージが決まり、ドコモのケータイやドコモ光の利用金額でステージに応じたポイントが進呈されるものです。

dポイントクラブのステージについて

ステージ 進呈ポイント ステージ条件
レギュラー 10P dポイント獲得数600P未満
ブロンズ 10P dポイント獲得数600P以上
又はdカード契約者
シルバー 10P dポイント獲得数3,000P以上
ゴールド 100P dポイント獲得数10,000P以上
又はdカード GOLD契約者

ステージは、毎年12月~5月及び6月から11月の各6ヶ月間に獲得したdポイントの総数で決まります。ステージ適用期間は、1月~6月及び7月~12月の6ヶ月間となります。

また、dポイントの獲得総数ですが、期間限定や用途限定、他社ポイント交換で貯めるなどのポイント以降サービス、支払いが伴わないdポイントの獲得についてはステージ判定の対象外となる場合があるので、基本的に支払いで獲得したdポイントがステージ判定の対象となります。

尚、dカード会員は初めからブロンズステージから始まります。

注意点

dポイントクラブ優待で、ステージに応じたポイントが、ドコモ携帯やドコモ光の利用料金に応じて1,000円で10P進呈されますが、この利用料金は、月々サポートや各種割引などを引いた額に対して1,000円毎に10Pと進呈となります。(各種割引サービス適用後の基本使用料、通話・通信料、付加機能使用料の金額)

また、ドコモ光の場合でも、事務手数料、工事料、光訪問サポート利用料など1回ごとに申込が必要となるサービスなどはdポイント進呈の対象外となります。

ドコモ携帯の料金を支払ってもポイントは付かない

dカードで、ドコモ携帯料金やドコモ光料金を支払ってもdポイントは付与されません。代わりに、このdポイントクラブ優待で利用料金に応じてポイントが付与される仕組みになっています。

ですので、ドコモ携帯やドコモ光の料金は他社クレジットカードで支払をして、そちらのクレジットカードのポイントを獲得してもこのdポイントクラブ優待のポイントも得ることは出来ますので、上手くカードを使い分けて利用するのがお勧めです。

進呈ポイントの付与について

ステージに応じて進呈ポイントが設定してあり、ブロンズだと10Pで、これはドコモの携帯やドコモ光の月額利用金額1,000円につき10P分のdポイントが付与されるものです。あくまでもドコモの携帯とドコモ光の利用分に関してです。

例えば、ブロンズステージでドコモの携帯の利用料が毎月8,000円だった場合には、80Pのdポイントが付与されます。ドコモ光を利用している場合も同じです。両方なら両方の料金が対象になりますので両方利用している方にはお得です。

尚、dポイントの進呈率は書くサービスや商品によって異なります。

ステージ毎の優待サービス

ステージ 優待
レギュラー dポイントクラブクーポン利用可能
ブロンズ dポイントクラブクーポン利用可能
スペシャルクーポン利用可能
シルバー dポイントクラブクーポン利用可能
スペシャルクーポン利用可能
プレミアムクーポン利用可能
ゴールド dポイントクラブクーポン利用可能
スペシャルクーポン利用可能
プレミアムクーポン利用可能

dポイントクラブクーポン

dポイントクラブクーポンは、グルメやショッピング、レジャーや旅行などdポイントクラブ会員なら誰でも優待価格で利用出来るクーポンです。ファーストフードやカフェ、レストランや居酒屋などの優待が有ります。

スペシャルクーポン

スペシャルクーポンは、映画や遊園地、スポーツクラブなどを優待価格で利用する事が出来ます。イオンシネマや新江ノ島水族館などの優待割引が有ります。

プレミアムクーポン

プレミアムクーポンは、ホテル宿泊やJALのおもてなし空間、テーマパークの優待券など、最高級の特典が抽選で無料でプレゼントされるものです。ゴールドステージの場合、ゴールドステージ限定の特典も有ります。

優待等の内容は時期や期間によって変更される場合が有ります。

dカードのポイントUPモール

ポイントUPモールは、dポイントがお得に貯まるオンラインモールで、dカード会員なら特別な登録などは不要で、いつものネットショッピングがこのポイントUPモールを経由する事で、dポイントが1.5~10.5倍付与されるお得なオンラインモールです。

クレジットカード会社によくあるオンラインモールと同じで、amazonや楽天市場など大手通販サイトなども経由する事が出来ます。

主なショップと基本ポイントUP率

ショップ名 ポイントUP
amazon 1.5倍
楽天 1.5倍
ヤフーショッピング 1.5倍
SEIYUドットコム 2倍
ポンパレモール 1.5倍
セブンネットショッピング 2.5倍
高島屋オンラインストア 3倍
大丸松坂屋オンラインショッピング 2.5倍
小田急オンラインショッピング 2倍
伊勢丹オンラインストア 2倍
マツモトキヨシ 3.5倍
JALショッピング 2.5倍
ANA A-style 2.5倍
ユニクロ 1.5倍
GU 1.5倍
ZOZOTOWN 1.5倍
GAPオンラインストア 2.5倍
Apple公式サイト 1.5倍
DELL 1.5倍
ジョーシンネットショッピング 1.5倍
トレンドマイクロ 10.5倍
マウスコンピュータ 2.5倍
ソニーストア 1.5倍
ドコモオンラインショップ 200P
ドスパラ 2倍
ドミノピザ 3倍
Oisix 1.5倍
ピザハットオンライン 3.5倍
楽天ブックス 2倍
ローチケHMV 2倍
TSUTAYAオンライン 1.5倍

この他にも、総合通販、ファッション、暮らしと生活、美容・健康、家電・パソコン、グルメ、趣味・おもちゃ・ゲーム、旅行・チケット、本・CDなどのカテゴリで様々なショップが出店しています。

ポイントUPモールの利用方法

dカードのポイントUPモールの利用方法は簡単で、ポイントUPモールのサイトから買物をしたいショップのページからショップサイトへをクリックし、Members’s Idでログインするか、dアカウントでログインしてdカードで買物をするだけです。

後はショップ毎に設定された倍率のdポイントが加算される仕組みになっています。尚、ポイントUP分のポイント加算はショップによってタイミングが異なります。ショップによって3ヵ月後や5ヵ月後というように決まっています。詳しくはショップの詳細ページで確認出来ます。

dカードはローソンでお得

dカードはローソンでお得

dカードはローソンでとてもお得です。dカードを利用して買物をすると、カード請求時に3%割引されます。さらにカード支払いのポイントも通常通り付与されます。また、dカードの呈示でもポイントが付与されますので、合計最大5%もお得です。

対象は、全国のローソン、ナチュラルローソン、ローソン・スリーエフ、ローソンポプラ、ローソンメトロスとなっています。ローソン100は対象外となっています。

貯まるポイントとしては、dカード支払い100円(税込)につき1P、dカード呈示で100円(税込)につき1Pとなっています。

この他にも、注意点として対象外の商品が有ります。

 対象外となる商品やサービス
新聞、雑誌、書籍、タバコ、ゆうパック、収納代行、Edy チャージ、交通系マネーチャージ、デジカメプリント、コピー、切手・印紙・ハガキ、国際電話用/携帯電話用プリペイドカード、テレホンカード、QUO カード、Amazonショッピングカード、オークションゆうパック、ローソンチケット、楽天トラベル、JTB、バイク自賠責、ローソン運転免許、取り次ぎサービス(漢字検定・QUO 宅配取次・保険・学校検定)、プリペイドシート(国際電話用・携帯電話用・電子マネー)、電子マネー・オンラインゲームID 発行、各種代金支払い(払王、Amazon・マルチペイメントなど)、インターネット受付支払いあり、インターネット受付支払いなし、キャッシングご返済・ショッピングお支払い・スマートピット、toto、自治体指定ごみ袋。

対象外の商品やサービスは変更される場合が有ります。

その他のdカードの特典

dカードのその他のカード特典です。

dカードケータイ補償

dカードケータイ補償は、dカードで利用中の携帯端末が購入から1年以内に偶然の事故により紛失・盗難又は修理不能(水濡・全損等)した場合に同一機種、同一カラーの携帯電話端末をドコモショップで、dカードで購入した場合、購入費用を一部サポートするサービスとなっています。

このdカードケータイ補償は、本会員はもちろん家族会員(家族カード会員)も対象となります。

補償は、dカード会員なら最大10,000円までが補償されます。また、補償の方法としては、dカードの利用代金の請求額から補償額分を減額する形によって補償されます。

dカードケータイ補償の注意点

dカードケータイ補償の注意点がいくつか有ります。

まず、dカードの利用の為に届出た利用携帯番号が、NTTドコモで購入履歴を確認出来る携帯端末に限ります。また、同一機種、同一カラーの端末が無い場合はNTTドコモ指定の端末となります。

その他、補償対象外になる場合などがありますので、詳しくは公式サイトでご確認下さい。

VJデスク

VJデスクは世界各地のデスクにて、現地事情に精通した日本語スタッフが旅のサポートをしてくれるサービスです。VJデスクは各国主要都市に設置されています。

主に、以下のようなサービスが提供されています。

インフォメーションサービス

現地の最新情報、ホテル・レストランの紹介、各種交通機関案内。

アシスタンスサービス

ガイド・通訳などの手配、旅行や出張の手伝い。

リザベーションサービス

レストラン、オプショナルツアー、レンタカー、各種チケットなどの予約・手配

エマージェンシーサービス

dカードやパスポートの紛失・盗難時のサーポートなど

VJデスクはあくまでもサポートでり、かかる費用は利用者の負担となります。

dカードのメリット・デメリット

dカードのメリットとデメリットについてです。どのカードもメリットやデメリットはあり、それぞれの利用環境などで異なってきます。

メリット

まずはdカードのメリットからです。

年会費を実質無料に出来る

dカードの年会費は初年度無料で、2年目以降は年1回でもショッピング利用があれば年会費が無料になります。普段から利用されている方であれば実質無料で持つ事が出来るクレジットカードです。

ローソンの利用でお得

dカードは、ローソンでカード決済すると3%OFFとなります。また、通常のポイント付与されますのでローソンではとてもお得に買物が出来ます。

NTTドコモユーザーにお得

dカードは、やはりNTTドコモの携帯電話を利用されている方におすすめです。NTTドコモの利用での特典などが有ります。また、ドコモ光と合わせて契約している方ならさらにお得です。

ショッピング保険が付帯

dカードにはショッピング保険が付帯しており、大きな買物の際でも安心して買物をする事が出来ます。

デメリット

次にdカードのデメリットについてです。

NTTドコモユーザー以外にはメリットは大きくない

dカードはやはりNTTドコモユーザーの方が最も得をするクレジットカードとなっています。還元率で見るなら他社カードでさらに高いカードも有ります。

dカードの審査

dカードは、高校生を除く18歳以上の個人の方で、iモード又はSPモードが利用出来る携帯電話を届出られる方で、本人名義の口座を設定すると言う条件が有ります。

特に収入の基準などは明記されていませんので、普通に仕事をされている方なら審査に通る可能性は有ります。但し、信用情報は重要で、過去のクレジットカードやキャッシング、分割払いなどの状況もチェックされます。支払いに遅れがあった場合には審査は通りにくくなります。

いずれにしても、審査は基準などは各社が独自に設けており、カード会社が会員になって利用して欲しいという方が審査に通ります。年齢、属性、勤続年数、収入、信用情報、家族構成、住居形態など様々な要素が影響しますので、人によって状況が異なります。

▼ クレジットカードの審査については、以下の記事で詳しく紹介していますので参考にしてみて下さい。

クレジットカードの審査を詳しく知る事で審査に通るポイントや落ちる理由などが理解できます
クレジットカードは審査が必ず有ります。その審査内容や基準などは公表されていませんし、落ちた理由も詳しく知る事は出来ません。しかし、あるていどの審査でチェックされる部分などは分かりますので、それを知る事で審査に通るポイントや落ちた理由などが分かるは...
審査は各クレジットカード会社が申込内容等を元に、それぞれの基準に基づいて行われ、総合的に判断されます。

まとめ

dカードは、とにかくNTTドコモユーザー、ローソンをよく利用されている方にはお勧めのクレジットカードです。NTTドコモの携帯関連の特典などもありますのでお得です。さらにローソンをよく利用される方なら、dカードはカード請求時に3%OFFになります。

これはかなり大きいメリットで、一般的なカード還元率よりも高い割引が有ります。

一方で、どのクレジットカードにも言えますが、利用環境に合っていないとメリットは有りません。NTTドコモユーザーではない方でも、ローソンをよく利用される方であれば良いのですが、そうでない場合はポイントは貯まりにくく感じるでしょうし、ポイントの使い道にも困ると思います。

また、マクドナルドでの利用は東京の100店舗で順次拡大となっており、地方や他府県の方に全ての恩恵がある訳では有りません。他にも、ドコモ携帯料金をこのカードで支払ってもポイントは付かないので、他のクレジットカードと上手く併用しながら利用するのがお勧めだと思います。

NTTドコモユーザーならワンランク上のdカード GOLDの方が特典が多いのでよりお得です。もし、ゴールドが狙えるならそちらに申込んだ方がよりメリットが有ります。

dカードの詳細スペック

基本カード情報

入会資格 満18歳以上の個人名義で、iモード又はSPモードが利用出来る携帯電話番号を届出る事。
又、本人名義の口座を支払い口座として設定する事、その他NTTドコモが定める条件を満たす事。

※未成年者は親権者の同意が必要

発行期間 最短5営業日
国際ブランド VISA、MasterCard
年会費
(本会員)
初年度 無料
翌年以降 1,250円+税
※2年目以降前年度に1回以上のショッピング利用があれば無料
年会費
(家族会員)
初年度 無料
翌年以降 400円+税
※条件により無料
ETCカード 発行手数料 無料
初年度年会費 無料
翌年以降年会費 500円+税
※前年1回以上のETCカード利用が有れば無料に
電子マネー iD
追加カード等 ETC、家族カード

ポイントプログラム

ポイントプログラム名 dポイント
ポイント有効期限 獲得した月から起算して48ヶ月後の月末
ポイント還元率 1.0~5.0%

マイレージ

交換可能なマイル ・JALマイレージ(JMB)
移行レート 5,000P=2,500マイル
移行単位 5,000P
移行手数料 無料

付帯保険

海外旅行傷害保険
(本会員)
傷害死亡・後遺障害
傷害治療
疾病治療
賠償責任
携行品損害
救援者費用
付帯条件
国内旅行傷害保険
(本会員)
傷害死亡・後遺障害
入院保険金日額
通院保険金日額
手術保険金
付帯条件
ショッピング保険 年間最高100万円
(自己負担金:3,000円/1事故)
紛失・盗難補償 有り

※家族特約は家族会員では有りません。本会員と生計を共にする19歳未満の同居の親族又は別居の未婚の子が対象です。

空港ラウンジ等

空港ラウンジ

発行会社

発行会社 株式会社NTTドコモ
本社(本店) 東京都千代田区永田町二丁目11番1号
設立 1991年8月14日

※申込前に詳細情報を必ず公式サイトでご確認下さい。

 -NTTドコモ

スポンサードリンク