クレジットカードアイ

クレジットカードの紹介や利用シーンなどを紹介

イオンカードの暗証番号を忘れた場合どうすればいい?確認方法などを紹介

     2017/04/13

イオンカードの暗証番号を忘れた場合どうすればいい?確認方法などを紹介

ICチップが搭載されているイオンカードでは、お店でのショッピングの際にサインの代わりに暗証番号を入力しなければならない場合が有ります。スーパーなどでは一定の金額以下なら不要の場合もありますが、暗証番号入力を求められる場合もあります。

しっかりと覚えていたら良いのですが、あまり暗証番号を入力する機会が無いとついうっかり忘れてしまう事も有ると思います。意外と暗証番号を忘れてしまっている方は多いと思います。

ここではイオンカードの暗証番号を忘れてしまった場合の対処法などを紹介したいと思います。基本的にはサインでもOKですし、イオンカードへ問い合わせして暗証番号を確認する方法も有ります。

 

暗証番号ではなくサインでもOK

暗証番号ではなくサインでもOK

イオンカードで支払をしようとして、暗証番号の入力を求められたものの暗証番号を忘れてしまい思い出せない時、イオンカードで支払が出来ないかというとそういう訳では有りません。

クレジットカードはサインでも決済出来ます。ICチップが搭載されているので暗証番号となる訳ですが、ICチップが搭載されていないクレジットカードの場合は今でもサインで決済出来ます。

同様に、ICチップが搭載されていてもサインで支払をする事が出来ます。お店の人に暗証番号では無くサインでお願いしますと伝えるとサインでの決済に対応して貰えます。昔からの方法ですが、今でもサインは有効です。(裏面に署名は必ずしておく必要が有ります)

※ 暗証番号は支払時以外でも必要なシーン(後述)が有ります。

イオンカードの暗証番号は照会する事が出来る

イオンカードの暗証番号は照会する事が出来る

イオンカードのクレジットカードの暗証番号を忘れてしまっても大丈夫です。イオンカードへ照会をかける事で暗証番号を忘れても知る事が出来ます。暗証番号の通知は郵送で登録住所へ送られてくるので数日~1週間程度はかかります

暗証番号は、オンライン画面や電話での問い合わせで知る事は出来ません。必ず郵送での通知のみしか暗証番号は照会できませんので、一番早く暗証番号を知る事が出来る唯一の方法です。

インターネットから手続き

イオンスクエアメンバーのマイページにログインをして、そこから自分の暗証番号を照会することが出来ます。(郵送で届くまで1週間程度)

  1. イオンスクエアメンバーのマイページにログイン
  2. MyPageトップ右のナビゲーションから「資料請求」を選択
  3. 資料請求のいくつかの項目の中に「暗証番号照会通知文書」が有るのでそれを選択して申込みをします

イオンスクエアメンバーに登録していない場合は登録が必要です。

本会員の方ならこの方法が一番簡単で分かりやすい暗証番号照会通知文書の請求方法です。尚、イオンカードの家族カードの暗証番号は電話のみの対応となっています。

電話での手続き(テレホンアンサー)

電話の場合は、自動音声応答サービスで暗証番号照会通知文書を請求出来ます。(郵送で届くまで1週間程度)

フリーダイヤル
(固定電話の場合)
0120-223-212(無料)
ナビダイヤル
(携帯・スマホの場合)
0570-064-750(有料)

上記いずれかの番号に電話をかけます。後は音声案内に従って操作するだけです。

【ショートカットキーを利用の場合】

  1. 「0+#」を押す(ショートカットキーの選択)
  2. 「222#」を押す(暗証番号照会通知請求)

【音声メニューに沿った手続きの場合】

  1. 「1+#」を押す(各種申込み・サービスメニュー)
  2. 「1+#」を押す(暗証番号の照会)
  3. 「カード番号+#」を押す
  4. 「生年月日+#」を押す
  5. 「電話番号+#」を押す

イオンカードの家族カードの暗証番号照会方法は?

家族カードの暗証番号紹介通知文書はイオンスクエアメンバーのマイページからの請求が出来ません。電話(テレホンアンサー)から、家族のカード番号で請求する必要が有ります。

※ 先程の項目の音声メニューに沿った手続きの、3番のカード番号の部分を家族カードのクレジット番号を入力する事で家族カードの暗証番号を照会できるようになります。

マイページ及び電話での請求でも郵送のみ対応しています。届くのは登録した住所ですので、もしイオンカードを申込んだ際の住所と異なる場合には変更しておく必要が有ります。 → イオンカードの住所変更について

クレジットカードの暗証番号は支払以外でも必要

イオンカードに限らずクレジットカードの暗証番号は支払い以外でも必要なシーンが有ります。例えば、ときめきポイントを交換する際、音声自動案内で交換手続きをする場合はクレジットカードの暗証番号を求められます。

他にも、以下のようなシーンで暗証番号が必要となる場合があります。

この様に支払ではサインで済ませる事も可能ですが、サインでは通じないシーンもありますので暗証番号を忘れたままだといざという時に困りますので照会して送ってもらう方がよいです。

暗証番号の管理は厳重に

イオンカードの暗証番号を忘れてしまい暗証番号照会通知文書を受取って、次からは忘れないようにする!という事は大切なのですが、保管の方法には十分注意が必要です。

例えば、暗証番号を書いた紙を財布の中に入れておく、パソコンやスマホなどのメモを入れておくと言った管理は注意が必要です。万が一不正利用に遭った場合や、財布とカードを紛失・盗難してキャッシングを勝手にされたりする被害に遭っても管理不十分で過失有りと判断される可能性が高いです。

なかなか暗証番号の管理というのは難しいですが、例え家族であっても第三者であっても分からないように管理しなければなりません。安易な場所や安易な方法は避けるようにして保管しておきましょう。

イオンカードWAON一体型

イオンカードWAON一体型は年会費無料のクレジットカードで、専業主婦や学生の方でも申込み可能となっており、様々な方におすすめです。特にイオン関連の店舗ではお得にポイントが貯まったりしますのでお勧めです

カードには電子マネーのWAONが搭載されておりチャージして利用が出来ます。また、Apple Payにも対応したスタンダードなイオンのクレジットカードとなっています。

公式サイトはコチラ

 -イオンカード

スポンサードリンク