クレジットカードアイ

クレジットカードの紹介や利用シーンなどを紹介

楽天プレミアムカードを徹底解説 その特徴や魅力、メリットやデメリットなど

     2017/04/12

rakuten-premium

楽天プレミアムカードは、楽天カードのワンランク上のクレジットカードでゴールドカードです。通常の楽天カードとは異なり、海外・国内旅行傷害保険やショッピング保険、空港ラウンジはもちろん、何とプライオリティ・パスのプレステージ会員に無料で登録出来るという凄いカードです。

ブランド visa-logo32master-logo32JCBロゴ
入会資格 原則として20歳以上の安定収入のある方
年会費
(初年度)
10,000円+税
年会費
(翌年以降)
10,000円+税
還元率 0.5~2.0%
発行期間 自宅に届くまで1週間程度
付帯保険 海外旅行傷害保険
国内旅行傷害保険
ショッピング保険
マイル ANA
電子マネー 楽天Edy
追加カード等 ETC、家族カード

スポンサードリンク

楽天プレミアムカードの特徴

■ ポイントが貯まりやすい

楽天プレミアムカードを利用していればポイントは貯まりやすいです。通常利用でも100円で1P付与されます。楽天系のサービスならさらにポイントアップしますのでとてもお得です。また通常の楽天カードよりも貯まりやすいです。

■ 比較的発行は早い

楽天プレミアムカードは、居住地にもよりますが大体1週間程度でカードが届くようになっています。2~3週間程度かかるクレジットカードもある中、比較的早い方だと思います。

■ ゴールドカードのサービスや保険など

海外・国内旅行傷害保険にショッピング保険(動産総合保険)、国内主要空港ラウンジが利用出来たりします。

■ プライオリティ・パスが無料

楽天プレミアムカードは、何といってもプライオリティ・パスのプレステージ会員に無料で登録出来ます。これは大きなメリットでまたお得だと思います。

■ 選べる特典コース

楽天プレミアムカードでは、通常の楽天カードのサービスに加えて、「楽天市場コース」「トラベルコース」「エンタメコース」の3つのうち1つを選択してその特典が適用されるお得なサービスです。

楽天プレミアムカードについて

楽天プレミアムカードは、楽天カードのワンランク上のクレジットカードです。プレミアムという名前ですが、ゴールドカードに相当します。

年会費が発生するクレジットカードで、通常の年会費無料のクレジットカードとは全く違うカードになっています。旅行傷害保険やショッピング保険、プレミアムカードだけのサービスや優待、特典などが用意されています。

国際ブランドは3つから選択できます。おすすめはJCBといった所でしょうか。もちろん誰でも入会出来る訳では有りませんし、通常の楽天カードよりも審査は厳しいです。

年会費

楽天プレミアムカード (本会員) 10,000円+税

楽天プレミアムカードは、年会費が10,000円+税となっています。ゴールドカードの中では比較的手が出しやすい年会費だと思います。他社でたまに見られる年会費割引などは有りません。

楽天プレミアムカード (家族会員) 5,000円+税

楽天プレミアムカードは、家族カードも発行可能となっています。家族会員については、1人につき5,000円+税が必要となります。

付帯保険

次に楽天プレミアムカードの旅行傷害保険やショッピング保険など付帯保険についてです。保険の補償規定は細かく条件や対象などが定められて居ますので、詳しい情報は必ず対象カードの補償規定をご確認下さい。

楽天プレミアムカードの旅行保険

楽天プレミアムカードの旅行傷害保険は、海外・国内旅行傷害保険が付帯してます。付帯条件については、自動付帯と利用付帯の両方があり、項目によって異なります。

海外旅行傷害保険

担保項目 保険金額
傷害死亡・
後遺障害
最高5,000万円
(自動付帯:最高4,000万円)
傷害治療費用
(1事故の限度額)
300万円
疾病治療費用
(1疾病の限度額)
300万円
賠償責任
(1事故の限度額)
3,000万円
携行品損害
(1旅行中かつ年間限度額)
50万円
(自己負担金:3,000円/1事故)
(自動付帯:30万円/利用付帯:20万円)
救援者費用
(1年間の限度額)
200万円

傷害死亡・後遺障害については、自動付帯が4,000万円、利用付帯が1,000万円の合計最高で5,000万円となっています。また、携行品損害についても自動と利用で補償額が変わってきます。治療費用など特に記載が無い場合は自動付帯です。

利用付帯の場合は、楽天プレミアムカードで事前に搭乗する飛行機や電車、バス等の公共乗用具又は参加する募集型企画旅行(ツアー代金)を支払った場合にのみ適用されます。

また、各補償項目に関してはそれぞれ日数や補償される条件等が細かく定められています。場合によっては対象外となるケースも有りますので、補償規定はしっかりとご確認下さい。

国内旅行傷害保険

担保項目 保険金額
傷害死亡・
後遺障害
最高5,000万円
入院費用 5,000円/日
通院費用 3,000円/日
手術保険金 入院日額×倍率(5・10倍)
(1事故につき1回限度)

楽天プレミアムカードの国内旅行傷害保険は、自動付帯で料金を事前に支払っていなくても、搭乗する飛行機や電車、バス等の公共乗用具又は参加する募集型企画旅行(ツアー旅行)に参加中の事故によって怪我等を被った場合に補償されます。

こちらも各補償項目に関してはそれぞれ日数や補償される条件等が細かく定められています。場合によっては対象外となるケースも有りますので、補償規定はしっかりとご確認下さい。

ショッピング保険(動産総合保険)

楽天プレミアムカードのショッピング保険は、動産総合保険という名称で提供されています。楽天プレミアムカードを利用して購入した商品(1個1組1万円以上)が購入日から90日以内に偶然な事故(破損や盗難、火災等)によって生じた損害を補償してもらえます。

補償限度額は年間で300万円までで、1事故につき3,000円の自己負担費用が発生します。

また、ショッピング保険(動産総合保険)では、状況によっては保険金を支払われない場合があります。また、補償対象外の商品がありますので注意が必要です。こちらも補償規定をしっかりとご確認下さい。

付帯保険の比較

楽天プレミアムカードの付帯保険は、他のゴールドカードと比較すると、航空機遅延や手荷物遅延などの保険が付帯していません。セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードJCBゴールドには航空機関連の遅延保険が付帯しています。

また、旅行傷害保険の内容でみると、JCBカードがやはり保険の内容は充実しています。

とは言え、楽天プレミアムカードの付帯保険はそれなりに充実していますし、他のゴールドカードとそれほど違いがある訳では有りません。

付帯保険は、それぞれ適用される条件が細かく決まっています。利用前に補償規定をしっかりと確認して内容を把握しておかないといざ補償されると思っていても、補償の対象外であったり、条件を満たしていなかったという場合があります。

セキュリティ

楽天プレミアムカードのセキュリティについてです。

カードの盗難・紛失について

万が一楽天プレミアムカードを紛失した場合には不正利用防止の為に、速やかに紛失・盗難専用ダイヤル又はコンタクトセンターへ連絡が必要になります。(24時間365日受付)

国内の場合 紛失・盗難専用ダイヤル
0120-86-6910
(フリーダイヤルが利用出来ない場合)
092-474-9256
海外の場合 (渡航先からはコレクトコールで)
81(国コード)-92-474-9256

国内からの場合はフリーダイヤルが利用出来ます。もし利用できない場合は、092-の方にかける事になります。海外の場合はコレクトコールで092-の方にかけて届出をします。

尚、いずれの場合も必ず楽天カードへの届出と、最寄の警察への届出が必要となります。

盗難保険

万が一カードが不正使用された場合、紛失・盗難の届出をした60日前にさかのぼり、それ以降の損害額を楽天カードが定めた規定にそって負担してもらえます。

注意点としては、きちっと楽天と警察に届出をしている事がポイントです。また、故意や過失がある場合には補償されない場合も有りますので注意が必要です。

商品未着あんしん制度

楽天プレミアムカードでは、楽天市場内の利用にて商品が未着にも関わらず、店舗と連絡が困難な状態となった場合には、所定の調査を行った上でカードの請求を取り消す制度があります。

第2パスワード

楽天カード 第2パスワード

第2パスワードは、楽天カード会員専用のオンラインサービス「楽天e-NAVI」をより一層安心・安全に利用する為に第2パスワードを無料で登録出来ます。「楽天e-NAVI」に二重のパスワードをかける事ができ、より強固に守る事が出来ます。

第2パスワードのログイン時にパスワードを一定回数以上間違えた場合は、登録しているメールアドレスに通知があり、不正ログインの早期発見に繋がります。

楽天ID・パスワードと第2パスワードでより安心に利用出来ますので、登録をしておいた方が良いでしょう。登録は簡単で、希望のパスワードと、楽天カード裏面に記載の下3桁の数字を入力し登録するだけです。

カード利用お知らせメール

カード利用お知らせメールは、「楽天e-NAVI」から設定でき、楽天プレミアムカードを利用すると、最短で翌日に利用の速報が届きます。そして、最短2日後に確定した情報が届きます。

このカード利用お知らせメールを設定しておく事で、不正利用もすぐに発見する事が可能になります。

本人認証サービス

本人認証サービス

本人認証サービスは、インターネットショッピングの際に、クレジットカード情報に加えて会員自身が設定した「本人認証パスワード」を入力する事でカード情報の盗用によるなりすましなど不正利用を防ぐ事が出来ます。

この本人認証パスワードは、4桁の暗証番号やe-NAVIログインパスワード、第2パスワードとは異なります。この認証用のパスワードで、パスワードを知らない限りカードをしようする事が出来ませんので安心です。

本人認証サービスは、各国際ブランドにより提供されており、対応の加盟店にはサービス対象店舗の目印があります。

不正検知システム

楽天カードでは、カード番号の悪用や盗難紛失カード、偽造カードなど不正利用を未然に防ぐ為に不正検知システムが導入されています。カードの取引ごとに不審な利用が無いかモニタリングが実施されています。

万が一第三者による不正利用の可能性を見地した場合には、届けている連絡先に電話又はEメールにてカード利用の確認の連絡があります。あらかじめ日中に連絡の取れる携帯番号やメールアドレスなどを登録しておく事がポイントです。

追加カードや電子マネー

楽天プレミアムカードでは、ETCと家族カードが追加出来るようになっています。

追加カードや電子マネー 家族カード、ETCカード

家族カード

楽天プレミアムカードの家族カードは、本会員と同じ機能が備わったクレジットカードで、年会費は5,000円+税となっています。利用分は合わせて本会員の支払口座から自動引落しとなります。

また、楽天スーパーポイントは本会員にまとめて付与される仕組みになっています。利用枠については、同時に申込む本会員のクレジットカードの利用枠内で利用する事が出来ます。

当然ですが、家族カードは本会員のカードに追加するもので、単独での発行は出来ません。また、家族カードの資格としては、本会員と生計を同一にする配偶者、親、子供で18歳以上の方(高校生除く)となっています。

貯めたポイントは家族間で移行可能

本会員及び家族会員が楽天カードを利用して貯めたポイントは、全て本会員に貯まるようになっていますが、本会員に貯まったポイントは、紐付く家族カード会員にポイントを行こうさせる事が可能です。

ポイントは、50P以上1P単位で移行が可能で手数料もかかりません。移行ポイントの上限は月間10,000Pが上限となっています。また、移行出来るのは、通常ポイントで、キャンペーンなどで得た期限付きポイントや提携先から交換したポイントなどは対象外となります。

ETCカード

ETCカードは、有料道路の料金書をキャッシュレスで通過出来るカードです。楽天カードのETCは発行手数料などは不要ですが、年会費500円+税が必要となります。

ETCカードのお勧め比較や割引情報など

ETCマイレージサービス

ETCマイレージサービスは、事前に登録が必要ですが、ETCカードによる支払額に応じてポイントが貯まり、貯まったポイントは、無料通行分として還元され、通行料金の支払に利用出来ます。

このサービスは、NEXCO東日本・中日本・西日本、阪神高速道路株式会社、本州四国連絡高速道路株式会社が主催するサービスです。

ETCマイレージサービスは、NEXCO各社と本州四国連絡高速道路、阪神高速で運営されているサービスで、一部地方道路公社も参加しているマイレージサービスです。ETCマイレージサービスは、ETCカードで支払をした金額に応じてポイントが付与されるもので、ポイントが貯...

楽天Edy

楽天Edy

楽天Edyは、楽天Edy株式会社が提供する前払い方式の電子マネーです。既に楽天プレミアムカードを持っている方でも後から楽天Edy機能を搭載したカードへ切り替える事も可能となっています。

楽天Edyは、マークのある全国約40万ヶ所以上の加盟店で利用する事が出来ます。楽天はもちろんセブンイレブンなどのコンビニや自動販売機など様々なシーンで利用する事が出来ます。

楽天Edyを利用するとポイントが付与される

楽天Edyは、あらかじめチャージしておき利用します。楽天Edyが使えるお店で利用すると、楽天スーパーポイントが貯まります。基本は100円で1Pの付与で、楽天プレミアムカードと同じです。

楽天カードでチャージするとポイントが貯まる

さらに、楽天プレミアムカードで楽天Edyにチャージすると、ポイントが付与されお得です。200円で1Pが付与されます。そして楽天Edyを使うとまた楽天スーパーポイントが付与されます。

Apple Payに対応し「QUICPay」が追加される

Apple Payに対応し「QUICPay」が追加される

楽天プレミアムカードはApple Payに対応しているクレジットカード会社で、iPhone7やApple Watch Series 2に追加すると、QUICPayが割り当てられ店舗や自動販売機など、QUICPayが利用出来る場所で決済できます。

楽天カードは、Apple Payの対応カードとなっており、iPhone7やApple Watch Series 2へ追加する事でQUICPayが割り当てられ、QUICPayの利用出来る店舗や自動販売機などで支払いが可能です。楽天カードはVISA、MasterCard、JCBの3ブランドがあり、iPhone7やApple Watch ...

他にも、アプリ内やウェブ上でのApple Payでの決済も有りますが、VISAブランドはこの2点には対応しておらず、MasterCardとJCBブランドなら対応しています。

Apple PayでのSuicaチャージは、楽天プレミアムカードのMasterCardとJCBブランドならiPhoneのWalletアプリから行えます。VISAブランドはSuicaアプリにVISAカードを登録する事でSuicaにチャージが出来るようになります。

他に、Apple Payは家族カードでも追加する事が出来ますので、本会員に承諾を得てから追加する事が出来ます。尚、楽天プレミアムカードでは楽天Edyもありますが、EdyをApple Payに追加する事は出来ません。

支払方法及び支払日

楽天プレミアムカードの支払方法と、クレジットカード利用代金の支払日についてです。

支払方法

支払方法は、1回払い、2回払い、ボーナス一括払い、ボーナス2回払い、リボ払い、分割払いの6種類の支払方法があります。

支払方法 支払内容 手数料
1回払い 締め日翌月の支払日に1回で支払 無料
2回払い 締め日の翌月及び翌々月の2回に分けて支払 無料
ボーナス
一括払い
夏又は冬のボーナス月に一括して支払
夏:2/1~6/末利用 → 6、7、8月に支払
冬:9/1~11/末利用 → 12、1月に支払
無料
ボーナス
2回払い
夏又は冬のボーナス月2回(半額ずつ)に分けて支払
夏:2/1~6/末利用 → 6、7、8月に支払
冬:9/1~11/末利用 → 12、1月に支払
必要
リボ払い 利用金額や件数に関わらず毎月一定額に分割し、毎月の支払日に支払 必要
分割払い 利用金額と手数料の合計を指定回数に分けて毎月の支払日に支払
(3・5・6・10・12・15・18・20・24・30・36回)
必要

店舗によっては利用出来る金額が異なったり、2回払いやボーナス一括払い、ボーナス2回払いが利用出来ない場合もあります。また、ボーナス2回払いには手数料が発生します。

支払日

楽天プレミアムカードの支払日は以下の通りです。

  • 月末締め翌月27日払い

尚、支払日が土・日・祝日の場合は翌営業日の支払となります。

ポイントプログラム

楽天スーパーポイント

楽天プレミアムカードのポイントプログラムは、「楽天スーパーポイント」です。基本的に毎月のカード利用金額に応じてポイントが付与されていきます。

ポイントの付与について

楽天プレミアムカードの楽天スーパーポイントは、通常は100円で1P付与される仕組みになっています。また、以下の利用ではポイントが通常より多く付与されます。

  • 楽天市場、楽天ブックス、楽天トラベル・・・100円で5P(通常は2P*)
  • 楽天ダイニング加盟店・・・100円で2P
  • 楽天ポイントサービス加盟店・・・100円で1~3P

この他にも、不定期で開催される楽天カード感謝デーではポイントが通常の3倍付与されたりします。

スーパーポイントアッププログラム

尚、2016年1月18日から、楽天市場・楽天ブックス・楽天koboでの買い物で、楽天カードで決済すると、ポイントが4倍~7倍になるキャンペーンが実施されています。

楽天プレミアムカードの場合ですと、通常ポイント+1倍と楽天カード利用で+3倍と楽天プレミアムカード利用で+1倍の合計5倍となります。また、他にも、アプリの利用や楽天モバイルの利用で+1倍ポイントというのも有ります。

誕生月のポイントアップ(プレミアムカード会員限定)

楽天プレミアムカード会員の誕生日月は、楽天市場や楽天ブックスの利用で、ポイントが6倍付与されます。(この特典は前述のスーパーポイントアッププログラムの特典となります)

ポイントの有効期限

楽天プレミアムカードの楽天スーパーポイントの有効期限は、最後にポイントを獲得した月から1年間となっています。普段から利用していれば有効期限は都度1年間延長されますので、有効期限は実質的には無期限のようなものです。(通常利用で獲得したポイント)

但し、キャンペーン等で獲得した一部ポイントにはポイントの有効期限が設定されているものがあります。この場合は、そのポイントは設定されている有効期限を過ぎると失効します。

この様な有効期限のあるポイントの場合は、いつまでが有効期限というのが記載されていますので注意して確認が必要です。

楽天ポイント加盟店サービス

楽天ポイント加盟店は、楽天プレミアムカードの利用でポイントがお得に貯まるお店です。主な加盟店には以下のようなものが有ります。

加盟店名 ポイント倍率
ENEOS 2倍
タイヤセレクト・タイヤランド 3倍
キズキレンタルサービス 2倍
紳士服のコナカ 3倍
紳士服のフタタ 3倍
SUIT SELECT 3倍
KONAKA THE FLAG 3倍
エースコンタクト 3倍
メガネストアー 3倍
JEUGIA 3倍
Hair&Make FUSE 3倍
インテリアショップSTYLICS 3倍
てもみん 2倍
リフレッシュ工房オズ 3倍
美容室 センス 3倍
アリさんマークの引越社 3倍
サカイ引越センター 3倍
ハート引越センター 2倍
得タクネットワーク 2倍

他にも、飲食店やショッピング、ファッションなどいろいろなジャンルの加盟店があります。まあそれほど多い訳では有りませんが、ENEOSなんかで給油すると2倍ってのは良いのでは無いでしょうか?

とにかく様々な形でポイントが貯まる

楽天プレミアムカードは、通常利用以外に様々な形でポイントがプレゼントされたりします。正直色々ありすぎます。

クリックポイント

クリックポイントは、楽天カード会員限定で、ページ内のお得な情報をクリックするだけで、必ず楽天スーパーポイントがもらえるサービスです。例えば、10個クリックすると10Pもらえたりします。

毎日クリックしていくと結構なポイントが獲得出来ます。また、お得情報には、保険の無料相談で6,000P、500円のお試し健康食品で200Pプレゼントといった企画もあります。

楽天カードラッキーくじ

楽天カードラッキーくじは、楽天e-NAVI会員限定のサービスで、1等 1日1名に前月のショッピング利用金額の半額ポイントがプレゼントされます。(最大50,000Pまで)

毎日くじを引くだけで当選のチャンスがあります。

楽天カードのキャンペーン

楽天プレミアムカードはとにかく色々なキャンペーンが実施されています。

  • スーパーポイントアッププログラム
  • 新規入会でポイントプレゼント
  • リボ払いで最大6倍
  • 楽天カードを紹介でポイントプレゼント
  • 買い物マラソン
  • 楽天カードアプリでポイントプレゼント

キャンペーンやキャンペーンで得たポイントには期限などが設定されていたり、条件などが決まっている場合がありますので、その都度公式サイトでの確認が必要です。

貯まったポイントを楽天のサービスで利用

楽天プレミアムカードで貯めたポイントは、1P=1円相当で楽天のサービスで利用する事が出来ます。

  • 楽天市場
  • 楽天トラベル
  • 楽天ブックス
  • 楽天オークション
  • 楽天デリバリー
  • 楽天銀行
  • 楽天ID決済
  • 楽天レンタル
  • 楽天写真館
  • 楽天ショータイム
  • 楽天ネットスーパー
  • 楽天海外販売
  • 楽天車・バイク
  • 楽天ダウンロード
  • 楽天ゴルフ
  • 楽天ビューティー
  • 楽天マート

などなど、楽天の様々ななサービスで、楽天カードで貯めた楽天スーパーポイントを利用出来ます。

貯まったポイントを他のポイントサービスに移行

楽天スーパーポイントは他のポイントサービス等に移行することが出来ます。

アイテム名 最低移行単位
(ポイント)
移行金額又はポイント
楽天Edy 10P 1P⇒1P
ANAマイル 50P 2P⇒1マイル

お得なポイントの利用方法は?

楽天プレミアムカードで貯めた楽天スーパーポイントのお得な利用方法は、利用されている環境にもよりますが、もし楽天市場など普段から楽天のサービスを利用される方であれば、そのまま楽天のサービス利用時に使うのが一番便利で簡単な利用方法だと思います。

後は楽天Edyへ交換し、街中のコンビニなどで楽天Edyを使える所で利用するのが一番便利だと思います。特に楽天で買い物をあまりしないという方はこの利用方法が良いかと思います。

楽天プレミアムカードの選べる特典コース

rakuten-3tokuten

楽天プレミアムカードは、特典として3つのコースの中から一つを選択し、その内容が適用されるお得なサービスがあります。コースは、「楽天市場コース」「トラベルコース」「エンタメコース」が有ります。

コースの選択は楽天e-NAVIにログインして選択することが出来ます。また、コース選択期間があり、入会月の翌月末日21時59分までとなっています。尚、コースの変更はコース変更月を含む6ヶ月間は出来ません。7ヶ月目の1日から変更が可能になります。

コース変更可能日を越えて変更が無い場合は、引き続き現在選択しているコースが適用されます。

楽天市場コース

楽天市場コースは、楽天市場での買い物でポイントが貯まりやすくなるコースです。

特別指定キャンペーン

特別指定されたキャンペーンにて楽天プレミアムカードを利用すると、楽天プレミアムカードの利用ポイントが+1%加算されます。開催が無い月もあります。

毎月特定日プレミアムカードデー

この毎月特定日プレミアムカードデーは、毎週火曜日と木曜日で、楽天市場で楽天プレミアムカードの利用ポイントが+1%加算されます。尚、楽天ブックスでの買い物はポイント加算の対象外となります。

これら特別指定キャンペーンと、プレミアムカードデーの上限は10,000ポイントとなっています。

トラベルコース

トラベルコースは、楽天トラベルなど旅行関連の特典があります。

楽天トラベル オンラインカード決済

楽天トラベルにて楽天プレミアムカードで予約・決済し、利用するとポイントが+1%加算されます。尚、加算される楽天スーパーポイントの上限は、楽天IDごとに10,000ポイントとなります。

国内宿泊優待サービス

楽天プレミアムカード会員の国内宿泊予約を専用デスクで受け付けてくれます。尚、連絡先は楽天e-NAVIにてトラベルコースをご選択した会員のみ案内が有ります。

手荷物宅配サービス

海外旅行の出国時に、指定の場所から空港まで、又は、帰国時に到着空港から指定の場所へ手荷物を無料で配達してもらえるクーポンが送られます。

尚、利用出来る空港は、成田国際空港、羽田空港国際線、関西国際空港、中部国際空港の4空港で、かつ年間2回までの利用となります。

エンタメコース

エンタメコースは、楽天ブックスや楽天レンタル、楽天ショータイムで利用のポイントが加算されます。

楽天ブックス利用

楽天ブックスで楽天プレミアムカードを利用すると、ポイントが+1%加算されます。

楽天レンタル利用

楽天レンタルで楽天プレミアムカードを利用すると、ポイントが+1%加算されます。

楽天SHOWTIME利用

楽天ショータイムで楽天プレミアムカードを利用すると、ポイントが+1%加算されます。

プライオリティ・パスが無料で登録可能

prioritypass-img

楽天プレミアムカードのメリットの一つにプライオリティ・パスに無料で登録する事が出来ます。しかも、一番クラスの高いプレステージ会員に無料で登録出来ます。通常申込だと399ドルもします。

プライオリティ・パスは、別途手続きは必要ですが、世界約120の国や地域の、約400の都市で約850ヶ所の空港ラウンジを無料で利用出来ます。(同伴者の方は有料)

プライオリティ・パスで利用出来る空港ラウンジは、カードラウンジもあれば航空会社系のラウンジも有ります。日本では成田と中部、そして関空のラウンジしかないですが、世界では結構多くの空港ラウンジが利用出来ます。

年会費10,000円+税の楽天プレミアムカードで、399ドルするプライオリティ・パスが無料で利用出来るのはこれだけでも元を取った感じがします。

楽天プレミアムカードの空港ラウンジサービス

楽天プレミアムカードは、国内主要空港ラウンジサービスを利用する事が出来ます。基本的に料金は無料となっています。楽天プレミアムカードの空港ラウンジサービスでは、国内主要空港及びハワイ・ホノルル国際空港、韓国・仁川空港の空港ラウンジが利用出来ます。

地域 空港
北海道 新千歳空港、函館空港
東北 青森空港、秋田空港、仙台空港
関東 成田国際空港、羽田空港
中部 新潟空港、富山空港、小松空港、中部国際空港
近畿 伊丹空港、関西国際空港、神戸空港
中国 岡山空港、広島空港、米子空港、山口宇部空港
四国 徳島空港、高松空港、松山空港
九州 福岡空港、北九州空港、長崎空港、大分空港、熊本空港、鹿児島空港
沖縄 那覇空港
海外 ハワイ・ホノルル国際空港、韓国・仁川空港

一部の空港ラウンジでは、時間制限がある場合が有ります。同伴者の方は空港ラウンジによって料金が異なります。

空港ラウンジを利用の際には、楽天プレミアムカードのカードと当日の搭乗券又は航空券(到着後の利用の場合は半券)を提示する必要が有ります。また、ICチェックインサービス対応の空港ラウンジ又は航空券不要のサービスを利用の場合は、搭乗の便名や行き先を伝える必要が有ります。

空港ラウンジは、出発前などにゆっくりと過ごす事が出来る場所です。空港ラウンジによって無料で利用出来る時間が決まっていたり、保安検査通過後にあったりする場合もあります。

サービスとしては、ソファーが設置してあり、雑誌やドリンクサービス、アルコール類の提供、充電コンセント、PCなど様々なサービスがあります。空港によっては時期や時間帯によっては混雑している場合もあります。

楽天バーチャルプリペイドカード

楽天バーチャルプリペイドカード

楽天バーチャルプリペイドカードは、ネットで楽天カードの番号を入力するのは心配という方や、使いすぎが心配という方に便利なバーチャルカードで、バーチャルですので実際にカードが発行される訳では有りません。V-プリカのような感じです。

パソコンやスマホで管理ができるインターネット専用のプリペイドカードで、カード毎に好きな名前が設定出来たり、500円から30,000円までを選択して購入する事が出来ます。必要な分だけ購入することで使いすぎや、万が一の場合でも被害を抑えられます。

ちなみに、楽天プレミアムカードで楽天バーチャルプリペイドカード購入代金は、ポイントが付与されます。楽天バーチャルプリペイドカードの利用代金についてはポイントは付きません。

ポイントアップのキャンペーン中がお得

不定期で実施されるキャンペーン中に楽天バーチャルプリペイドカードを楽天プレミアムカードで購入すると、ポイントが2~3倍付与されてお得です。楽天バーチャルプリペイドカードの購入はこのタイミングでするのが良いでしょう。

有効期限に注意

楽天バーチャルプリペイドカードは、良くあるプリカと同様に有効期限があり、有効期限を過ぎると残高があっても払い戻しできなくなります。期限は購入月の1年後の末日となっています。

もし残っている場合は、新たに楽天バーチャルプリペイドカードを購入する際などにそのカードと合算する事が出来ます。

nanacoチャージでポイントが貯まる(JCB)

nanacoチャージでポイントが貯まる(JCB)

楽天プレミアムカードのJCBブランドのみですが、nanacoへのチャージでポイントが貯まります。VISAやMasterCardブランドでは対応していませんので注意が必要です。

ポイントは通常通り100円で1Pの付与となりますが、nanacoチャージでポイントが付与されるクレジットカードはそれほど多く有りません。他には「リクルートカード」が還元率1.2%で楽天カードよりも多くておすすめです。

nanacoチャージのポイント還元でよく使われているのが、税金の支払です。税金の支払は一部クレジットカードで出来る場合もありますが、出来ないものも有ります。

税金は結構な額を支払う場合があるので、nanacoにチャージしてnanacoで支払うという形を取られている方が多いです。チャージし多分のポイントがゲットできる訳ですからその分お得です。

その他のサービスや特典・優待など

この他にも楽天プレミアムカードにはいくつかのサービスや優待が用意されています。

楽天プレミアムカードトラベルデスク

ニューヨーク、ホノルル、パリ、ミラノ、上海など世界300拠点の現地デスクが以下のようなたびのサポートをしてくれます。

  • パスポートやカード紛失・盗難、病気や怪我など緊急時の各種案内
  • 街や観光情報などの紹介、レストランやオプションツアーの予約、手配等

トラベルデスクの詳細については、楽天e-NAVIから確認出来ます。

ハーツレンタカー

ハーツレンタカーは、アメリカ合衆国の大手レンタカー会社で、アメリカ国内には約1,900店舗、世界では約5,100店舗ある世界規模のレンタカー会社です。楽天プレミアムカード会員は、ハーツレンタカーを割引価格で利用出来きます。

日本国内で事前の予約が必要で、現地で楽天プレミアムカードと予約確認書、国際運転免許証、日本の運転免許証を提示し、楽天プレミアムカードで支払う形になります。

楽天カードアプリ

楽天カードアプリは、楽天プレミアムカードの利用額がスマホのアプリを通じてどこででも確認をする事が出来るものです。アンドロイドとiOSの両方があります。

機能としては、家計簿としての機能があり、楽天プレミアムカードの利用分は入力不要で自動的に家計簿に反映されます。また、カード以外の支出はて入力はもちろん、レシート撮影機能に対応しておりとても便利です。

支払別やグラフ表示機能など支出管理が分かりやすくなっており使いやすいです。

他にも楽天カードアプリでは、キャンペーン情報なども表示されたり、近くの銀行・コンビニに設置してあるATMを探す事も可能です。

その他

その他にも、各ブランドが提供する独自のサービスやキャンペーンを利用出来る場合があります。

楽天プレミアムカードのメリット・デメリット

楽天プレミアムカードのメリットとデメリットについてです。どのカードもメリットやデメリットはあり、それぞれの利用環境などで異なってきます。

メリット

まずは楽天プレミアムカードのメリットからです。

ポイントが貯まりやすい

楽天プレミアムカードは、楽天カードよりもさらにポイントが貯まりやすいゴールドカードとなっています。スーパーポイントアッププログラム実施中は楽天市場の買い物で6倍のポイントが貯まります。1P=1円相当なのでとてもお得です。

楽天系サービスでお得

楽天でポイントがより多く貯まり、楽天系サービスで使えます。普段から楽天を利用される方であれば必要なカードだと言えます。また、楽天での買い物で万が一店舗と連絡が取れないような状況であれば請求の取り消しもあります。

プライオリティ・パスが無料

何といっても楽天プレミアムカードは、プライオリティ・パスのプレステージ会員に無料で登録出来ます。年会費以上の価値があるサービスを無料で利用出来るのは大きなメリットと言えます。

プレミアムカード限定のサービスや特典

楽天プレミアムカードには、空港ラウンジサービス無料や、選べる3つの特典コース、海外・国内旅行傷害保険、ショッピング保険、プレミアムカード会員向けトラベルデスクなど様々なサービスや特典が用意されています。

デメリット

次にデメリットについてです。

ETCカードは年会費が必要

プレミアムカードは、ETCカードは年会費が発生します。他者のクレジットカードのETCの場合は年会費がかからないものも結構ありますので、ちょっとこれはマイナスです。

広告メールは停止しないと面倒な事になる

プレミアムカードを利用していると、かなりの広告が送られてきます。正直うっとおしいくらいにです。こういうメールは楽天e-NAVIからメニュー内のメール配信の登録・停止から手続きが出来ます。

配信を停止していないと、遠慮なくどんどん送られてきます。重要なメールが埋もれてしまう事も。いや埋もれます。うんざりしない為にも停止して、楽天からの重要なメールだけが送られてくるようにしておく必要が有ります。

分かりにくい事が多い

楽天カードのウェブサービスは全体的に分かりにくいです。他社でも説明不足や物足りないという部分は多いですが、楽天の場合、自分が必要としている情報を見つけるのは大変だと思います。

しっかり見ないと後悔する事も

正直楽天カードのサイトはキャンペーンなど良い点だけが目だって、後は見にくいです。良い点だけ見えてどういうデメリットがあるのかが見えません。

たまに見られるのがいつの間にか自動リボ払いになっていて手数料を沢山払う羽目になったといった感じです。ポイントがプレゼントされるなんて部分だけが目だって内容を見ていないとこういう事になります。

総じて評判はそれほど良くない

楽天カード同様に良い評判をあまり聞きません。色々な評判を見ていますが、まあどっちもどっちといった感じですし、楽天も営利団体ですから・・・とは言え、ポイントは貯まりやすい、会員数も多い。何とも複雑な感じです。

楽天カードの審査

楽天プレミアムカードは、18歳以上で安定した収入が有る方が入会出来ます。一応ゴールドカードですので、それなりの安定継続した収入のある方出なければ審査には通らない可能性が高いです。従ってパートやアルバイトの方は難しいと思われます。

ある程度勤続年数がある方、クレジットカードの利用実績がりクレヒスを積み重ね、支払の遅延などが無い場合には審査に通る可能性葉あります。

いずれにしても、審査は基準などは各社が独自に設けており、カード会社が会員になって利用して欲しいという方が審査に通ります。年齢、属性、勤続年数、収入、信用情報、家族構成、住居形態など様々な要素が影響しますので、人によって状況が異なります。

審査は各クレジットカード会社が申込内容等を元に、それぞれの基準に基づいて行われ、総合的に判断されます。

他社のゴールドカードと比較してどう?

楽天プレミアムカードを他社のゴールドカードと比較すると、年会費的にはJCBゴールドや、三井住友VISAゴールドカードセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードなどと変わらない年会費です。

ステータス性で考えると、やはりJCBゴールドや三井住友VISAゴールドなどの方が高いです。ポイントで見ると、楽天プレミアムカードが一番お得ですやはりかなりポイントのたまりが違います。

保険などは一長一短ですが、プライオリティ・パスのプレステージ会員の登録が無料なのは楽天プレミアムカードの大きなメリットだと思います。

まとめ

楽天プレミアムカードは、年会費無料の楽天カードのワンランク上のクレジットカードで、さらにサービスや特典、優待を求める方に向いているゴールドカードです。

ある程度、楽天カードを利用してよいと思えば、ステップアップして楽天プレミアムカードに切り替えるのも有りだと思います。ゴールドカードとしてステータス性はそれほど感じられませんが、ポイントは貯まりやすく実用的なカードだと思います。

良し悪しは別にして、キャンペーンなどが頻繁に実施されており、しっかり内容を理解し上手く利用すればコツコツとポイントが貯まっていくはずです。後は貯まったポイントを楽天Edyに変えてコンビニなどで利用と言うのが便利だと思います。

楽天Edyに変える事でさらに利用の幅が広がっていきます。この辺は楽天カードと同様だと思います。

個人的にはJCBブランドが色々とお得だと思いますが、海外旅行などを考えられている場合は別にVISAカードを持つなど、決済力を考えた対応が必要になると思います。

楽天カードの詳細スペック

基本カード情報

入会資格 原則として20歳以上の安定収入のある方
発行期間 自宅に届くまで1週間程度
国際ブランド VISA、MasterCard、JCB
年会費
(本会員)
初年度 10,000円+税
翌年以降 10,000円+税
年会費
(家族会員)
初年度 5,000円+税
翌年以降 5,000円+税
ETCカード 発行手数料 無料
初年度年会費 500円+税
翌年以降年会費 500円+税
電子マネー 楽天Edy
追加カード等 ETC、家族カード

ポイントプログラム

ポイントプログラム名 楽天スーパーポイント
ポイント有効期限 最後にポイント獲得した月から1年間
(利用があれば実質有効期限は無い)
※有効期限の決まったポイントもあるので注意
ポイント還元率 0.5~2.0%

マイレージ

交換可能なマイル ANAマイル
移行レート 2P=1マイル
移行単位 50ポイント以上、2ポイント単位
移行手数料 無料

付帯保険

海外旅行傷害保険
(本会員)
傷害死亡・後遺障害 最高5,000万円
(自動付帯:最高4,000万円)
傷害治療 300万円(1事故限度)
疾病治療 300万円(1事故限度)
賠償責任 3,000万円(1事故限度)
携行品損害 50万円(1旅行中かつ1年間の限度)
*自己負担金:3,000円/1事故
(自動付帯:30万円/利用付帯:20万円)
救援者費用 200万円(1年間の限度)
付帯条件 自動付帯及び利用付帯
国内旅行傷害保険
(本会員)
傷害死亡・後遺障害 最高5,000万円
入院保険金日額 5,000円/日
通院保険金日額 3,000円/日
手術保険金 入院日額×倍率(5・10倍)
(1事故につき1回限度)
付帯条件 自動付帯
ショッピング保険 年間300万円限度
紛失・盗難補償 有り

※家族特約は家族会員では有りません。本会員と生計を共にする19歳未満の同居の親族又は別居の未婚の子が対象です。

空港ラウンジ等

空港ラウンジ 国内主要空港+ハワイ・ホノルル国際空港+韓国・仁川国際空港

発行会社

発行会社 楽天カード株式会社
本社(本店) 東京都世田谷区玉川1-14-1 楽天クリムゾンハウス
設立 2001年12月6日

※申込前に詳細情報を必ず公式サイトでご確認下さい。

 -楽天カード

スポンサードリンク