クレジットカードアイ

クレジットカードの紹介や利用シーンなどを紹介

三井住友カードのマイペ・イスすリボとは?メリットやデメリットなど利用方法を解説

     2017/04/12

三井住友カードのマイペ・イスすリボとは?

クレジットカードを利用して購入した代金の支払方法で、三井住友カードでは「マイ・ペイすリボ」と呼ばれるものがあります。マイ・ペイすリボは、リボ払いの一種でいわゆるフレックス払いです。普通にリボ払いと呼ばれています。

三井住友カードの場合、このマイ・ペイすリボを利用する事で年会費割引やポイント2倍などの特典が用意されていますが、メリット・デメリット共に有り、よく理解して利用しなければ初回以外は手数料がかかります。

三井住友VISAカードのマイ・ペイすリボの仕組みについて

三井住友VISAカードのマイ・ペイすリボは登録が必要となっており、マイ・ペイすリボに登録しないと利用出来ません。仕組みについては以下のような特徴があります。基本的にリボ払いとほぼ同じです。

  • 初回手数料は無料、翌月に残金が繰越されると手数料が発生
  • 最低支払金額以上で毎月の支払金額を決める事が出来る

簡単に言うとリボ払いだけれども、初回は手数料無料で自分の家計に合わせて毎月の支払額を最低支払金額以上で調節出来る支払方法という感じです。もちろん増やしたり、減らしたり、全て支払うようにする事も可能です。

マイ・ペイすリボは、分割払いとは異なり回数が決まっていません。毎月の支払金額を超えた分が繰越されリボ払いとなります。また、マイ・ペイすリボは、1回払いの場合が自動的になり、それ以外の分割等の支払方法を指定した場合は、それぞれの方法での支払となります。

クレジットカードのフレックス払いについて解説。リボ払いとどう違う?
クレジットカードの支払には、フレックス払いという支払方法があります。リボ払いと全く同じではないですが、あまり区別されない場合も有ります。リボ払いなのですが、毎月の支払金額を自由に増やしたり減らしたり出来たり、初回手数料が無料だったりとそのなの通り...

最低支払金額(弁済金)について

マイ・ペイすリボでは、クレジットカードの種類によって毎月の最低支払金額(弁済金)が決められています。これは、この金額は最低でも支払う必要がある金額で、最低支払金額以下では設定出来ません。

クレジットカードの種類 最低支払金額
三井住友VISAデビュープラスカード 5,000円
三井住友VISAクラシックカード
(クラシックカードA含む)
三井住友VISAアミティエカード
三井住友VISAエグゼクティブカード
三井住友VISAプライムゴールドカード 10,000円
三井住友VISAゴールドカード
三井住友VISAプラチナカード

最低支払金額はゴールドカードクラスになると1万円となります。それ以外の場合は基本的に5千円が最低支払金額として設定されています。

支払単位

支払単位は、最低支払金額5,000円又は1万円以上で、1万円単位で毎月の支払金額を決める事が出来ます。

初回手数料無料

基本的にマイ・ペイすリボはリボ払いなのですが、初回だけはリボ払い手数料が無料となります。翌月に残金を繰越した場合にリボ払い手数料が発生する仕組みになっています。

例えば最低支払金額が5,000円でその月の利用代金が3,000円だった場合には、利用代金が最低支払金額以下ですので、翌月への繰越はゼロです。従って手数料は無料となり発生しません。

手数料が発生する場合

例えば毎月最低支払金額5,000円だけを支払うようにしていた場合で、その月の利用金額が8,000円だった場合、3,000円は翌月へ繰越となり、この3,000円に対してリボ払い手数料が発生してきます。

そして、次月クレジットカードの利用が無ければ、そのまま最低支払金額内で残金がゼロになります。もしさらに利用し、繰越が発生した場合は当然リボ払い手数料が発生します。連続して繰越ているので一旦繰越残金がゼロになるまで手数料は発生し続けます。

一旦支払残高がゼロになり、新たに利用した場合はまた初回手数料は無料となります。

マイ・ペイすリボ

マイ・ペイすリボの手数料について

マイ・ペイすリボにはリボ払い手数料がかかります。前述の通り初回を除いてです。リボ払い手数料はクレジットカードの種類によって異なる場合もありますので、必ず公式サイトでの確認が必要となります。

例えば実質年率15%と書かれていた場合には、1年間で15%の利息がかかるという事になります。

残高×15%÷365日=日割りの手数料

後は日数を掛ける事でどれだけの手数料がかかるかを計算する事が出来ます。

残高×15%÷365日×日数=日数の手数料

という訳で、1ヶ月のリボ払い手数料は1%を超えます。

単純に1万円で30日だと、1万円×15%÷365日×31日=127円が手数料となります。後は支払日によって残高が変わったりするだけで、それに合わせて計算する形になります。また、うる年の場合は366日で計算となります。

※リボ払い手数料の実質年率は経済情勢等さまざまな事情によって変わる場合もありますので必ず公式サイトでご確認下さい。

マイ・ペイすリボに登録すると2回払いや分割払い、ボーナス一括払いは出来ない?

マイ・ペイすリボに登録すると、クレジットカードの支払の全てがマイ・ペイすリボになるという事は有りません。あくまでも1回払いのものが、マイ・ペイすリボとなります

従って、お店で2回払いや3回以上の分割払い、ボーナス一括払いで指定して購入した場合はそれぞれの支払方法での支払いとなり、マイ・ペイすリボとはなりません。

リボ払い利用枠について

リボ払いは、リボ払い利用枠の範囲内で利用する事が出来ます。これについてはその人それぞれによって異なりますが、三井住友カードの場合は、0~200万円の間で設定されます。利用明細等で確認が可能です。

上記リボ払い利用枠はクレジットカードの種類によって上限が決まっています。また、総利用可能枠を超える事は有りません。ですので、クラシックカードなど一般カードの場合だと数万円~数十万円で設定されます。

マイ・ペイすリボの支払額の変更は何日前までに出来る?

マイ・ペイすリボは、毎月指定期日までであれば支払金額を変更する事が可能となっています。これは、自分のクレジットカードの引落される金融機関によって異なります。

支払口座 申込期限
毎月10日引落 毎月26日引落
三井住友 支払日の2営業日前
セブン・ゆうちょ・横浜・福岡・もみじ・福島 支払日の4営業日前
三菱東京UFJ・りそな・埼玉りそな・ジャパンネット・北海道・青森・荘内・東邦・群馬・常陽・筑波・千葉・東京都民・第四・八十二・静岡・清水・三重・近畿大阪・但馬・広島・山口・阿波・四国・西日本シティ・北九州・きらやか・東和・京葉・東日本・神奈川・大光・静岡中央・第三・関西アーバン・みなと・香川・高知 支払日の5営業日前
みずほ・ソニー・七十七・池田泉州・南都・百十四・佐賀・みちのく・秋田・北都・山形・東北・武蔵野・千葉興業・山梨中央・富山・北國・福井・スルガ・大垣共立・十六・百五・滋賀・京都・鳥取・山陰合同・中国・伊予・筑邦・十八・親和・肥後・大分・宮崎・鹿児島・琉球・沖縄・名古屋・八千代 支払日の5営業日前
上記金融機関以外 前月20日まで 当月4日まで

また、以下の場合には支払口座の金融機関に関係なく、上記金融機関以外の期日が適用されます。

  • 毎月の支払日が6日又は8日の場合
  • 毎月の支払日が26日で、自動引落しが株式会社セディナ経由の場合
  • 支払口座が、三重銀行・第三銀行・南都銀行・福井銀行・百五銀行・鳥取銀行・琉球銀行・沖縄銀行で26日引落の場合

と、この様に基本的には金融機関によって支払日の何日前までに好きな金額を指定し追加で支払が出来ます。指定しない場合は最低支払金額で引落しとなります。

例えば、三井住友カードを引落口座にしている場合は2営業日前まで変更が可能という事になります。注意点としては営業日ですので、土・日など銀行休業日をはさむ場合は注意が必要です。

マイ・ペイすリボの利用特典について

マイ・ペイすリボを登録・利用すると三井住友カードでは様々な特典があります。主に3つの特典がありどれも魅力的ではあります。

年会費が無料又は半額になる

三井住友カードの特徴の一つに、マイ・ペイすリボに登録・年1回以上利用すると年会費が半額や無料になる特典です。この特典はとてもお得で、年会費の負担が大きく軽減されます。一般カードは年会費は無料になりますし、ゴールドカードも半額の5,000円+税となります。

これにweb明細利用の割引を加えると、ゴールドは年会費4,000円+税まで下げる事が可能になります。

クレジットカードの種類 登録後の年会費
三井住友VISAクラシックカード
(クラシックカードA含む)
無料
三井住友VISAアミティエカード
三井住友VISAエグゼクティブカード 半額
三井住友VISAプライムゴールドカード
三井住友VISAゴールドカード
三井住友VISAプラチナカード 対象外

※三井住友VISAデビュープラスカードの場合は、マイ・ペイすリボを利用しなくても年1回以上のクレジットカードの利用で年会費無料となります。
※前年度の利用金額に応じた年会費割引とは重複されません。割引率の高い方が適用されます。

お買物安心保険(動産総合保険)が付帯

これは、三井住友VISAクラシック、クラシックA、アミティエ、デビュープラスカードなどは、お買物安心保険いわゆるショッピング保険が海外利用の場合か、国内のリボ払いや分割払い(3回払い)の利用でしか付帯しない為です。

マイ・ペイすリボを利用していると、このお買物安心保険が付帯される事になります。(国内一括払いだと先程紹介したクレジットカードでは付帯しません)

ポイントが2倍にアップ

マイ・ペイすリボで支払うと、三井住友カードのワールドプレゼントのポイントが2倍付与されます。一般カードの三井住友VISAクラシックカードなら通常1,000円で1Pですが、2倍の1,000円で2Pとなります。

但し、このポイントアップは利用代金の請求月にリボ払い手数料の請求がある事が条件となりますので、マイ・ペイすリボに登録して毎月1回で払いきる設定(全額払い)にしている場合は手数料が発生しませんので、このポイントアップの対象外となっています。

あくまでも、リボ払い手数料の請求がある場合がポイント2倍の条件となります。当然ですが、分割払いはリボ払いとは違いますので、これも対象外となります。

マイ・ペイすリボの登録方法

マイ・ペイすリボは申込時及び途中で登録する事が可能となっています。また、この後に紹介しますが解約(取り消し)も可能です。

申込時のマイ・ペイすリボの登録

マイ・ペイすリボを三井住友カードの申込時にする場合は、申込画面で毎月の支払についての項目に、マイ・ペイすリボへ申し込むという部分に、「毎月の最低支払額」を5千、1万円、2万円、3万円の4種類からチェックして選択出来ます。

もちろん後から登録出来ますので、申込時には一旦「マイ・ペイすリボへ申し込まない」にチェックする事で申込時のマイ・ペイすリボの登録を回避出来ます。

申込時にマイ・ペイすリボへ登録すると、カードが届いた時点から1回払いは、マイ・ペイすリボの支払となります。

後からマイ・ペイすリボへ登録する場合

申込時にマイ・ペイすリボへの登録をせずに、後から登録する場合は、三井住友カードの会員サービスサイトVpassから登録できます。

  1. Vpassにログインする
  2. 上のメニューから「リボ払い&キャッシング」をクリック
  3. 「マイ・ペイすリボ」の項目にある「マイ・ペイすリボのお申し込み」から登録が可能になります
申込時にマイ・ペイすリボへ登録した場合、毎月の支払金額があらかじめ用意された4つから選択する事になりますので、申込後に自分に合った額に変更する必要が有ります。
毎月の支払コースの変更も、臨時増額・減額、全て支払などもVpassの「リボ払い&キャッシング」から変更手続きが出来ます。

マイ・ペイすリボの解約方法(やめる方法)

マイ・ペイすリボの登録はインターネットでVpassにログインして登録や変更などが可能ですが、マイ・ペイすリボのやめる場合の解約方法は、インターネットからは出来ません。

ちょっと不便かもしれませんが、マイ・ペイすリボの解約(取り消し)は三井住友カードの「リボ・分割デスク」まで本会員の方が電話をしてやめる旨を伝える必要が有ります。

マイ・ペイすリボのメリット・デメリット

マイ・ペイすリボにはメリットもあればデメリットも有ります。やはりリボ払いと変わり有りませんので、デメリットも理解した上で利用が必要は判断する必要が有ります。

メリット

  • 年会費が半額又は無料の特典
  • ポイントが2倍(リボ払い手数料発生の場合)
  • ショッピング保険が付帯される
  • 毎月の支払額が管理しやすい

何と言っても三井住友カードの対象クレジットカードは登録・年1回以上の利用で年会費が半額又は無料になる点がメリットとしてあります。

また、リボ払い手数料が発生するとポイントが2倍付与されたり、ショッピング保険が付帯されたりと特典が色々と有ります。また、支払の管理がしやすいという点も有ります。

毎月の支払額を一定にする事で、家計の管理がしやすくなったり、その月の状況に合わせて増額して多く支払う事も可能ですし、厳しい月は最低支払額以上で調整する事も可能です。また、全額支払も可能となっており、毎月の支払が管理しやすい点があります。

デメリット

  • 手数料は高め
  • どの支払か把握出来ない
  • 支払が長引けばより多く手数料を支払う事になる

基本的にリボ払い手数料は分割手数料よりも高めです。また、どの商品の利用分をいくら支払ったといった把握が難しいです。利用金額に対して毎月一定の額を支払っていく訳ですので、どの商品にという訳では有りません。

また、当然ですが支払が長引けばその分手数料をより多く支払う事になります。毎月の一定の支払額以上に利用を続けていると、どんどん膨らんで行き、リボ払いという表現ですが、借金が増えていく形になります。

毎月5千円の支払だから負担も少なく安心と、油断して買い物をしているととんでもない事になってしまいます。

マイ・ペイすリボは、色々な特典があり初回こそ手数料は無料ですが、リボ払いには変わり有りません。もちろん支払が一定ですので、毎月いくら払えば良いのか分かりやすいですが、大きな買い物をしたりして増額支払もしないで毎月最低支払額で支払っていると残債がどんどんと増えて行き支払いに困る事態になる場合もあります。油断するととても危険な支払方法でもあります。

まとめ

年会費優遇などの特典が付いたり、毎月の支払を一定に出来たりと何かとメリットもある三井住友カードのマイ・ペイすリボですが、デメリットも十分理解して利用しないと大変な事になってしまう一面もあります。

毎月の支払を利用した分、全て支払うように金額を大きく設定したりして、実質的には1回払いのようにするか、大きな買い物をした場合には、なるべく早く払いきるようにする事で借りをより少なくする事が出来ます。

とにかくリボ払いはなるべく早く返済する事がポイントとなってきます。毎月支払い金額よりも毎月の利用が多い場合はいつまで支払っても終わる事なく返済を続ける事になります。

他にも、毎月ギリギリ手数料を発生させてポイント2倍を狙うという方法も有りますが、よほど管理意識の強い方でない限りは、手間がかかる事はしない方が良いと思います。

 -三井住友カード

スポンサードリンク