クレジットカードアイ

クレジットカードの紹介や利用シーンなどを紹介

クレジットカードのフレックス払いについて解説。リボ払いとどう違う?

     2017/04/12

クレジットカードのフレックス払いについて解説。リボ払いとどう違う?

クレジットカードの支払には、フレックス払いという支払方法があります。リボ払いと全く同じではないですが、あまり区別されない場合も有ります。リボ払いなのですが、毎月の支払金額を自由に増やしたり減らしたり出来たり、初回手数料が無料だったりとそのなの通りかなり融通のきく支払方法です。

スポンサードリンク

フレックス払いとは

冒頭でも紹介した通り、クレジットカードのフレックス払いは、通常のショッピングリボ払いとは違い、毎月の支払は最低支払額以上の額で自由に設定する事が出来るものです。今月は支払を増やして設定したり、来月は減らして設定したりと、支払に融通がきくものです。

flex-guide

その月余裕がある場合は、少し多めに支払額を設定し、出費がかさんで厳しい時は支払額を減らす事が出来ます。この様にある程度自由に毎月の支払額を決めて支払っていく事が出来ます。

初回で支払きれば手数料は発生しない

フレックス払いの場合、支払が発生した初回は手数料が不要となっています。そして、支払設定額を超えて利用が有れば、その設定額を超えた分が翌月の支払に繰り越されます。その場合は翌月から手数料が発生します。

支払設定額を高くしたり利用した分以上に設定すれば、手数料が発生しない実質1回払いとなります。

例えば、5,000円と設定していて、3,000円の利用だと一回で支払する事になります。8,000円利用した場合、5,000円支払って、翌月に3,000円繰り越され、翌月は3,000円の支払となります。

注意点としては、手数料が発生しない場合にはフレックス払いの特典、例えばポイント2倍などが対象外となる場合があるので注意が必要です。

各クレジットカード会社のフレックス払い

フレックス払いのサービスを提供する主なクレジットカード会社には以下のような会社があります。

クレジットカード会社名 サービス名
三井住友カード マイ・ペイすリボ
三菱UFJニコス 楽Pay(らくペイ)
JCB 支払い名人

三菱UFJニコスでは登録型リボと呼ばれたりもしています。

フレックス払いの特徴

次に各クレジットカード会社が提供するフレックス払いの特徴について紹介したいと思います。

  • 毎月の支払金額を事前に決めて登録できる
  • 指定した金額を超過したら自動で翌月以降に繰越
  • 年会費の優遇やサービスが付帯する場合がある
  • 初回支払手数料は無料
  • ポイントが多く付与される

と言うようような特徴があります。カード会社によって若干内容が異なる場合が有ります。

三井住友カード「マイ・ペイすリボ」

三井住友カードの「マイ・ペイすリボ」は、年会費が無料又は半額になります。

カードの種類 適用内容
三井住友VISAカード
バーチャルカード
無料
三井住友VISA
ゴールドカード
プライムゴールドカード
ヤングゴールドカード
エグゼクティブカード
半額
その他一部提携カード 割引

また、三井住友カードのポイントサービス「ワールドポイントプレゼント」のポイントが2倍になります。ただ、手数料が発生した場合が2倍対象となりますので、支払金額の設定で初回で全額支払うような場合、初回は手数料が発生しませんので対象外となります。

他にも、三井住友VISAクラシックなど通常のショッピングではショッピング保険が付きませんが、マイ・ペイすリボを利用するとショッピング保険が付帯します。

三菱UFJニコス「楽Pay(らくペイ)」

三菱UFJニコス「楽Pay(らくペイ)」は、まず年会費の優遇が有ります。但し、手数料が発生した場合となりますので、こちらも支払設定で初回で支払を終え手数料が発生しない場合は対象外となります。また、入会初年度は優遇対象外となっています。

通常年会費(税別) 楽Pay年会費優遇
~2,778円 通常年会費(税込)の
半額を優遇
2,779円~4,630円 通常年会費(税込)から
2,000円を優遇
4,631円~ 通常年会費(税込)から
3,000円を優遇

他にも、ショッピングパートナー保険サービスが自動で付帯します。最初から付帯しているカードも有りますが、無いカードの場合はお得です。

JCB「支払い名人」

JCB「支払い名人」は、基本はショッピング保険が自動で付帯されます。後はキャンペーンとして支払い名人に登録しキャンペーンに参加すると年会費が戻ってくるのと、手数料が発生するとJCBのポイントサービス「OkiDokiポイント」が2倍付与されたりします。キャンペーン期間や一部対象外のカードも有りますので注意が必要です。

フレックス払いとリボ払いの違い

フレックス払いとリボ払いの違いは、ちょっとした違いがあるだけでそれほど変わりません。前項で紹介しているフレックス払いもリボと言う名称が付いています。違いと言えば、

  • 初回手数料無料
  • 最低支払額以上で自由に支払額が変更出来る

という感じです。一般的なリボ払いは初めから手数料がかかります。フレックス払いの場合は初回は手数料がかかりません。ですので、全て初回で支払うようにしておけば手数料はかからず1回払いのような感じで支払が完了します。

また、支払額を自分の自由に設定し変更が可能と言う点です。リボ払いの場合はある程度決まった金額のコースが設定されていたりします。とは言え、それほどリボ払いとの大きな差は無いです。

リボ払いについては下の記事で紹介しています。

クレジットカードのリボ払いについて詳しく解説。リボ払いは怖い?
リボ払いは、クレジットカードの支払方法の一つです。一括払いや分割払いと共に普及している支払方法です。一回で支払う訳では無いので、分割払いと似ていると感じるかも知れませんが、その違いについても解説していきたいと思います。リボ払いは注意して利用しない...

フレックス払いの注意点

フレックス払いの注意点としては、初回手数料は不要ですがそれ以降は支払残高があるとリボ払いと同様に高い手数料がかかります。1回で支払をするようにしていれば一括払いと変わらずですが、翌月以降に支払が繰り越される場合は注意が必要となります。

初回以降に繰り越して支払いをする場合は、リボ払い同様に支払が長くなりすぎないようにしないと手数料をより多く支払わなくてはならなくなります。

余裕がある時には少し多く支払をしたり、臨時で支払をして少しでも支払残高を減らしていくようにする事がポイントとなってきます。

 -クレジットカードとは?

スポンサードリンク