クレジットカードアイ

クレジットカードの紹介や利用シーンなどを紹介

スターバックスの支払方法 クレジットカード払いがおすすめ お得にポイントが貯まるものも有ります

     2017/04/15

スターバックスの支払方法 クレジットカード払いが可能でお得にポイントが貯まるものも有ります

スターバックスはシアトル発祥のコーヒーチェーン店で、日本ではスターバックスコーヒージャパンが全国に約1,247店舗展開しています。

スターバックスでの支払方法は色々とあり、スターバックスカードやクレジットカード、電子マネー、おサイフケータイでの支払いなどが有ります。

お勧めの支払方法はクレジットカードでスターバックスカードにチャージして支払う方法がポイントも貯まりお得です。

スポンサードリンク

スターバックスで利用出来る支払方法

スターバックスでは一部の電子マネーも利用出来ます。ただ、お勧めの支払方法はクレジットカードでスターバックスカードにチャージして支払う方法で、この方法でお得にポイントが貯まるカードがいくつか有ります。

また、スターバックスでは直接クレジットカードで支払も可能で、店舗によってはサインレスで手軽に支払が出来ます。

スターバックスで可能な支払方法

主な支払方法 現金、クレジットカード、電子マネー 等
クレジットカード VISA、MasterCard、JCB、AMEX、Diners
独自のクレジットカード
電子マネー ソフトバンクカード、auWALLET、LINE Pay
商品券
その他 スターバックスカード(モバイルスターバックスカード)
ポイントサービス
備考

ソフトバンクカードやLINE Payには対応していますが、SuicaPASMO、iD、QUICPay、WAONといった電子マネーの支払には対応していません。

スターバックスカードについて

スターバックスカードについて

スターバックスカードは、スターバックスで支払に利用できるプリペイドカードです。従ってスターバックスカードにチャージをして利用する形になります。(モバイルタイプも有りますので後で紹介します)

スターバックスカードには、1,000~30,000円までの好きな金額をチャージしてスターバックスでの支払いに利用出来ます。カード自体は全国のスタバの店舗レジにて発行してもらえます。

My Starbucks会員登録(WEB登録)をする事で、24時間いつでもホームーページからクレジット決済で入金出来るほか、自動的にクレジットカードでチャージするオートチャージ設定も可能となっています。

スターバックスでのお勧めの支払方法はこのスターバックスカードによる支払で、チャージをスターバックスでお得なクレジットカードでチャージする方法です。

dカードならスターバックスカードへチャージで還元率4%も!

dカードならスターバックスカードへチャージで還元率4%も!

dカードはスターバックスカードへのチャージ又はオートチャージで100円で4P貯まるお得なクレジットカードです。頻繁にスターバックスを利用される方にはお勧めのクレジットカードです。

ただ、これはスターバックスカードへのチャージの場合で、店舗でdカードで支払った場合は通常のポイント付与となりますので注意が必要です。

dカードを詳しく紹介

dカードは別にNTTドコモユーザーでなくても便利なクレジットカードで、dポイントが貯まるクレジットカードです。一般カードのdカードなら年1回以上の利用があれば年会費は無料で、ローソンやマクドナルドなどをよく利用される方にもお勧めです。

キャンペーン実施時にはさらにポイントがお得に貯まる場合もありますので、スターバックスをよく利用される方は持っておいても損は無いと思います。

JCBオリジナルシリーズも意外とお得!還元率は2.5%

JCBのオリジナルシリーズ(JCBが直接発行するスタンダードなカード)なら、スターバックスはオリジナルシリーズパートナーという優待店ですので、カード利用でポイントが5倍となります。

通常1,000円で1PのOkiDokiポイントが、5倍の5Pたまります。そして、貯まったポイントは200Pからスターバックスカードにチャージできます。チャージのレートはOkiDokiポイント1P ⇒ 5円分のチャージとなりますので還元率は2.5%にもなります。

JCBオリジナルシリーズの場合は、店舗での支払いでも5倍となりますが、1000円で5Pの付与なので、直接カード払いする場合は1,000円以上の利用が無いとポイントが貯まりません。

ですので、やはりスターバックスカードチャージでの利用が良いと思います。

JCBオリジナルシリーズは以下のようなカードが有ります。

au WALLETでもお得にポイントが貯まる

au WALLETは、プリペイドカードとクレジットカードがあり、スターバックスカードへのチャージでお得にポイントが貯まります。au WALLETの場合、au WALLETクレジットカードの方が若干お得にポイントが貯まります。

au WALLETの種類 ポイント付与
au WALLET プリペイドカード 200円(税込)毎に7P
au WALLET クレジットカード 200円(税込)毎に8P

また、貯まったWALLETポイントは1P⇒1円としてスターバックスカードへチャージする事が出来るようになっており、還元率はau WALLETクレジットカードの場合は4.0%になり、auユーザーの方ならau WALLET クレジットカードを持っているとお得です。

ANAカードはカードのポイント+ANAマイルが貯まる

ANA VISA/Master 一般カードANAマイルが貯まるスタンダードなクレジットカード

ANAカードは、スターバックスカードのチャージでクレジットカードのポイントとANAマイルの両方が貯まります。クレジットカードのポイントは通常通りの付与で、ANAマイルは100円ごとに1マイルが積算されます。

従って、ANA VISAカードやANAマスターカードの場合は、三井住友カードのワールドプレゼントのポイント1,000円毎に1Pと、ANAマイル100円で1P、JCBブランドならOkiDokiポイントとANAマイルが同様に貯まります。

先程紹介したdカードやJCB、au WALLETと比べるとスターバックスでは全然ですが、それでもANAマイルがプラスして積算されるので持っておられる方はANAカードも有りだと思います。

カード会社によってはキャンペーンでポイントアップも

この他にも、クレジットカード会社によっては定期的にスターバックスカードへのチャージでポイントが通常よりも多く貯まるキャンペーンが実施される場合が有ります。

エポスカード

エポスカードを徹底解説 マルイでの利用はもちろんその他の特典も魅力的なカード

エポスカードは、ファッションビルのマルイでお得なクレジットカードですが、他にも街のカラオケや飲食店などでの優待が多く用意されておりとてもお得です。また、年会費無料のクレジットカーで、さらに海外旅行傷害保険も付帯しており、海外旅行でもおすすめのクレジットカードとなっています。

エポスカードでは、普段はスターバックスカードへのチャージは通常通りのポイント付与となっており、200円での1Pの付与となっています。貯めたエポスポイントはスターバックスカードへチャージが出来ます。

キャンペーンが実施されると通常よりも多くポイントが貯まるようになります。キャンペーンは内容が変わる場合もあるので何とも言えませんが、通常よりも10倍ポイントが多く貯まることも有ります。

キャンペーンはエポスカードのサイト等で案内が有ります。

エポスカードに関してはスターバックスだけでなく普段使いにもとても便利なカードなのでおすすめです。

三井住友カード

smbc-card3

三井住友カードでもたまにキャンペーンが実施される場合が有ります。スターバックスカードへのチャージで通常より多くポイントが貯まるか、ワールドプレゼントのポイントをスターバックスカードへ交換する際のレートがアップすると言ったキャンペーンが実施される場合が有ります。

これも先程のエポスカードのようにキャンペーンでの事なので、普段からという訳では有りません。

スターバックスカードのチャージでおすすめカードの比較

スターバックスカードへのチャージでおすすめなクレジットカードのポイント付与単位や還元についての比較です。

ポイントの付与

クレジットカード ポイント付与 付与率
dカード 100円(税込)毎に4P 4.0%
dカード GOLD 100円(税込)毎に4P 4.0%
au WALLET クレジットカード 200円(税込)毎に8P 4.0%
JCB一般カード 1,000円(税込)毎に5P* 0.5%
JCBゴールドカード 1,000円(税込)毎に5P* 0.5%

*JCBカードの場合は直接店舗でカードによるレジでの支払いでもポイントUPの対象です。それ以外はスターバックスカードへのチャージでポイントUPします。

ポイントの還元

クレジットカード ポイント交換 還元率
dカード 1P ⇒ 1円
(3,000P単位)
4.0%
dカード GOLD 1P ⇒ 1円
(3,000P単位)
4.0%
au WALLET クレジットカード 1P ⇒ 1円
(500P単位/1回3,000円までの交換)
4.0%
JCB一般カード 1P ⇒ 5円
(200P以上、1P単位)
2.5%
JCBゴールドカード 1P ⇒ 5円
(200P以上、1P単位)
2.5%

還元率でお得なのはdカードやau WALLETクレジットカードですが、交換単位で見ると、au WALLETクレジットカード、JCBオリジナルシリーズ、dカードの順で交換しやすくなっています。

単純にスタバだけの利用だとau WALLETクレジットカードは12,500円程度の利用で最低交換単位に達します。JCB一般カードなら40,000円、dカードの場合は3,000Pからですので、75,000円ほどで交換が出来るようになります。

まあクレジットカードはスターバックスカードチャージ以外にも利用しますので、あまり関係は無いですが参考程度に・・・

スターバックスカードへのチャージやオートチャージについて

スターバックスカードへのクレジットチャージ

さて、ここからはスターバックスカードのチャージについてです。スターバックスカードへのチャージは、オンラインで簡単にクレジットカードでチャージをする事が出来ます。スターバックスカードにチャージする事で、レジにて支払に利用する事が出来ます。

スターバックスカードへのクレジットでのチャージ

スターバックスカードにオンラインでクレジットカードでチャージする場合には必ず「My Starbucks」への会員登録を済ませてから、カード登録をしてチャージする必要が有ります。

My Starbucksのオンライン入金からチャージの手続きが行えます。入金額を選択又は1,000円以上から任意の額を入力し、クレジットカード情報を入力して支払をします。

クレジットカードはVISA、MasterCard、JCB、AMEX、Dinersの各国際ブランドに対応しています。カード登録をしておくと便利です。もちろん解除も可能です。

スターバックスカードへのクレジットでのオートチャージ

スターバックスカードへのオートチャージは、一定の金額以下になった場合に、設定した金額を自動的にクレジットカードでチャージする方法です。前述のオンライン入金のチャージ手続きをする必要は有りません。

スターバックスカード内のチャージ残額を気にする事なくレジにて支払で利用する事が出来ます。頻繁にスタバを利用されている方にはこの方法はお勧めです。

オートチャージ設定も先程のMy Starbucksから設定出来ます。設定では、「入金条件」と「入金額」の設定を行います。

入金条件は、スターバックスカードの残額がここで設定する金額未満になった場合に自動入金すると言う条件を設定します。

入金額は、1回のオートチャージで入金する金額を設定します。

例えば、

入金条件:3,000円、入金額:3,000に設定すると、スターバックスカード内の残額が支払によって2,600円になった場合、自動的に3,000円をオートチャージします。これでスターバックスカード内の残額が5,600円となります。

オートチャージはこれの繰り返しとなります。もちろん設定はいつでも簡単に変更出来ますし、オートチャージの利用を一時停止したりする事も可能です。

スターバックスアプリも便利

スターバックスでは、スターバックスアプリがリリースされており、AndroidとiOSの両方に対応しています。このスターバックスアプリは、主に5つの便利な機能が利用出来ます。

  • 時間別のお勧めビバレッジやフードの確認
  • マイカードの情報やオンライン入金
  • チェックイン機能
  • 最新情報の確認
  • スターバックス eTicket(イーチケット)
  • スターバックスeGIFT

このスターバックスアプリの便利な所は、スターバックスカードを登録する事で、レジでの支払いやオンライン入金、オートチャージ設定などが出来ます。この場合もMy Starbucksへの登録は必要です。

スターバックスアプリでの支払い

スターバックスアプリでの支払い

スターバックスアプリにスターバックスカードを登録してチャージしていると、レジにてマイカードの支払ボタンをおしてバーコードを表示する事で、レジにてそのバーコードを読み取ってもらう事で支払が出来ます。

これはおサイフケータイやApple Payとは異なり、単純にバーコードを読み取ってもらい支払をするもので、iPhoneでも利用出来る支払方法です。

スターバックスアプリなら支払がより便利になります

この様にスターバックスアプリでは、スマホにアプリを入れて、カード登録などをしておくとスターバックスでの支払いはもちろん、オンライン入金やオートチャージ設定、残額の確認からスタバの最新情報なども確認できるとても便利なアプリです。

スターバックスeGIFT(イーギフト)

スターバックスeGIFTは、オンライン上の友達に感謝の気持ちやお疲れ様の気持ちを添えてスターバックスのドリンクを贈るものです。

例えば何かを手伝ってもらったり、仕事の手伝いをしてもらったりしてお礼の気持ちをドリンクでメッセージを添えて贈れますし、受け取れます。

アプリからスターバックスeGIFTを作成したり、自分が受け取ったeGIFTを確認する事が出来ます。

贈る側

贈る側はアプリからLINEやメール、フェイスブックツイッターなど贈り方を選択し、ギフトカードを作り、スターバックスカードやクレジット決済などをして相手に贈る形になります。

受取り側

受取り側は、スターバックの店舗へ行って、ドリンクを注文し、スマホの受け取ったチケットが面を表示して商品を受け取る形になります。

スターバックスについて

スターバックスは、アメリカのシアトル発祥のコーヒーチェーン店で、世界約90の国で展開をしています。オシャレな雰囲気の店内は全面禁煙となっています。

日本では、スターバックスコーヒージャパンが運営をしており、1996年に初めて銀座に出店しています。また、2013年には松江市の松江駅のシャミネ松江店の食の専門館に出店しています。他にも、鳥取県の鳥取駅のシャミネ鳥取店も2015年にオープンしています。

スターバックスではマグカップやタンブラーで飲料提供をしており、自分のタンブラーやスタバで販売されているオリジナルのタンブラーやマグカップなどに提供してもらう事も可能です。

2015年までは東証一部に上場していましたが、アメリカのスターバックスがTOBにて日本法人を完全子会社化をしています。

会社名 スターバックスコーヒージャパン株式会社
本社(本店) 東京都品川区上大崎2丁目25番2号 新目黒東急ビル
設立 1995年10月26日

 -カフェの支払い

スポンサードリンク