クレジットカードアイ

クレジットカードの紹介や利用シーンなどを紹介

エポスカードを徹底解説 マルイでの利用はもちろんその他の特典も魅力的なカード

     2017/04/15

エポスカードを徹底解説 マルイでの利用はもちろんその他の特典も魅力的なカード

エポスカード(EPOS)は、ファッションビルの丸井などで有名な丸井グループの関連会社が発行する年会費無料のクレジットカードで、即日発行も可能なカードです。街のお店で割引特典があったり、電子マネーのチャージでポイントが付与されたりと、結構お得なクレジットカードです。

ブランド visa-logo32
入会資格 18歳以上の方(高校生除く)

※未成年者は親権者の同意が必要

年会費
(初年度)
無料
年会費
(翌年以降)
無料
還元率 0.5~1.5%
発行期間 最短当日~1週間程度
付帯保険 海外旅行傷害保険
マイル ANA、JAL
電子マネー 楽天Edy、モバイルSuica
追加カード等 ETC

エポスカードの特徴

■ 年会費がずっと無料

エポスカードは、年会費がずっと無料という事で、2年目以降も年会費が発生する事なくずっと無料で利用出来ます。エポスカードは残念ながら家族カードは有りません。

■ 最短即日発行が可能

エポスカードは、インターネットから24時間申込ができ、マルイ店舗のエポスカードセンターで最短当日受取りが可能です。エポスカードセンターでもその場で申込出来ますが、インターネットからの申込の方がキャンーペーンでポイントがもらえたりするのでインターネット申込がお得です。

■ 提携店舗で割引やポイントアップの特典が多い

エポスカードは、提携店があり対象店舗でエポスカードを提示又は利用で割引優待があったり、ポイントアップなど様々な特典が用意されています。

■ 海外旅行傷害保険が自動付帯

エポスカードは、年会費無料ですが海外旅行傷害保険が自動付帯しており、持っているだけでお得。(利用付帯では無いのでカード決済していなくても付帯します)

■ オンラインモールで最大30倍のポイント

カード会社によくある経由してネットショッピングするだけでポイントが多くもらえるオンラインモール「たまるマーケット」がエポスにもあり、2~30倍のエポスポイントが付与されます。

■ 電子マネーチャージでポイント

エポスカードは、電子マネーのチャージでもポイントがたまるお得なカードです。楽天Edy、モバイルsuica、スターバックスカードへのチャージでエポスポイントが加算されます。

■ 利用状況によってはゴールドカードへの招待も

エポスカードは、ある程度利用しているとゴールドカードへの招待があります。ゴールドカードになるとポイントがさらにお得に貯まるので、狙ってみたい所です。ちなみに招待の場合は年会費無料。もちろん年会費を払ってゴールドを申込む事も可能です。

エポスカードについて

エポスカードは、関東を中心にファッションビルなどを展開している丸井関連の会社が発行するクレジットカードです。となるとマルイでポイントが沢山貯まって、マルイでの特典が多いのか。と、いうとそう言うわけでもないのです。

年会費無料のエポスカードの場合は、マルイでの特典は、年4回の10%OFF、マルイ通販で3,000円(税込)以上なら配送料無料といった特典があるくらいです。

それよりも、街のレストラン・居酒屋・舞台・遊園地・カラオケ・美容などエポスカードで割引やポイントアップになる特典が全国に約7,000店舗あるのが魅力です。また、オンラインモールもあり、最大30倍のポイントが付与されます。

エポスゴールドカードになると、マルイなどでもさらにお得になります。ゴールドは、エポスカードを利用していて条件を満たすとゴールドへの招待が来ます。そうすると、年会費無料でゴールドカードを持つ事が出来ます。

他にも数十種類以上のザインカードを選ぶ事も出来ます。

年会費

エポスカードは、先ほどから紹介している通り年会費無料となっています。年会費は2年目以降も発生せず永久に無料となっています。尚、エポスカードには家族カードが有りません。

付帯保険

エポスカードは、年会費無料ですが海外旅行傷害保険が付帯しています。国内旅行傷害保険やショッピング保険は付帯していません。

エポスカードの海外旅行傷害保険

担保項目 保険金額
傷害死亡・
後遺障害
最高500万円
傷害治療費用
(1事故の限度額)
200万円
疾病治療費用
(1疾病の限度額)
270万円
賠償責任
(1事故の限度額)
2,000万円
携行品損害
(1旅行中かつ年間限度額)
20万円
(自己負担金:3,000円/1事故)
救援者費用
(1年間の限度額)
100万円

エポスカードでは、海外旅行傷害保険は自動付帯となっており、エポスカードで旅費等の費用を支払っていなくても付帯します。1旅行につき最長90日間補償期間があります。

傷害死亡や後遺障害は500万円と他の一般カードに付帯するような保険と比較して少し低いと感じるかも知れませんが、死亡しては意味が有りませんし、生命保険などもあるのでココはそれほど重要ではないと思います。

むしろ、治療費用が充実しているのが注目できる点で、たの一般カードよりも治療費用は充実していると言えますので、年会費無料でこれはとてもお得だと思います。

付帯保険の比較

他社の同じようなクレジットカードの付帯保険と比較すると、まず年会費無料で、保険が自動付帯というのは珍しい方です。たいがいの場合、旅費等をそのカードで支払った場合に付帯する利用付帯の場合が多いですが、エポスカードの場合は自動付帯とお得です。

補償内容に関しては、前項でも紹介しましたが傷害死亡・後遺障害の補償額は少なく感じます。年会費無料の「リクルートカード」や「楽天カード」では最高2,000万円となっています。ただこれらは利用付帯です。治療費用に関しては楽天カードと同じで、リクルートカードよりも多いです。

海外旅行傷害保険に関しては、傷害死亡・後遺障害に関しては少ないですが、エポスカードは全項目が自動付帯なので持っているだけでOKですので、この点は他のクレジットカードに比べて大きなメリットと言えます。

付帯保険は、それぞれ適用される条件が細かく決まっています。利用前に補償規定をしっかりと確認して内容を把握しておかないといざ補償されると思っていても、補償の対象外であったり、条件を満たしていなかったという場合があります。

セキュリティ

エポスカードのセキュリティについてです。エポスカードではいくつかのセキュリティ対策が施されています。

カードの盗難・紛失について

万が一エポスカードを紛失又は盗難に遭った場合は、速やかに連絡をする必要が有ります。24時間年中無休で対応してもらえます。

必ず盗難や紛失した場合には、速やかに各カード会社へ連絡すると共に、最寄の警察への届出も必要です。もし、これらをしなかった場合に、万が一不正使用があっても保障されない可能性があります。

国内の場合 エポスカード紛失受付センター
03-5340-3333
海外の場合 エポスカード(海外)紛失受付センター
(海外)エポスカード紛失受付センター
※国によって番号が異なります(一部通話料が発生)

エポスカードでは、万が一不正使用された場合でも、届出日からさかのぼって60日以降に発生した損害については、エポスカードの規定に基づいて保障されます。エポスカードへの届出と、最寄の警察まで必ず届出が必要です。

不正検知システム

エポスカードでは、不正検知システムが導入されており、モニタリングは24時間365日体勢で実施されており、取引に異常が無いかなどのチェックが行われています。

このシステムは、そのカードの利用が直近の不正使用の傾向と似ている場合など、第三者の不正使用の可能性が高いと判断された場合に取引を保留する場合があります。

また、同時に第三者による不正使用の可能性を検知した場合には、電話やE-Mailにてカードの利用内容の確認がありますので、安心して利用する為にも日中連絡の取れる連絡先の登録をしておいた方が良いでしょう。

安心サービス

エポスカードでは、いくつかの不正使用等に対する安心サービスが用意されています。

カード利用通知サービス

カード利用通知サービスは、エポスカードの利用時にメールにて通知するサービスで、万が一自分が利用していないのに利用が有った場合に分かる仕組みになっており、不正使用の早期発見に繋がります。

海外利用停止サービス

海外利用停止サービスは、エポスカードの海外利用を停止するサービスです。海外のショッピングやキャッシングを利用している場合はキャッシング利用を、そして海外ネットショッピング利用から選択して停止する事が出来ます。

エポスNetログイン通知サービス

エポスNetログイン通知サービスは、エポス会員に重要なインターネットサービス「エポスNet」へのログインがあった場合にメールで通知するサービスです。万が一エポスNetマイページに不正ログインが有った場合には早期発見が出来ます。

ICカード

エポスカードは、カードにICチップが搭載されており、IC対応端末と認証作業などを行います。以前普及していた磁気カードと比較しても高度な安全対策機能が取り入れられています。

ICカードは偽造や解析が困難になっており、簡単にコピーなどが出来なくなっています。また、ICカードは4桁の暗証番号を入力するだけでサインする時間なども短縮され決済がスムーズになります。

本人認証サービス

 

本人認証サービス-visa

本人認証サービスは、オンラインショップでエポスカードを利用する際に、カード番号や有効期限の他に、「エポスNetのパスワード」を入力する事で本人認証を行うサービスです。

エポスカードはVISAブランドなので、VISAの本人認証サービスが提供されており、上記ロゴマークのあるオンラインショップで導入されています。エポスNetのパスワードは本人しか知り得ない情報ですので、よりセキュリティ性が高まります。

エポスカードのネットショッピングセキュリティ 本人認証サービスについて 
クレジットカードを利用してインターネットショッピングをされる事が有ると思いますが、セキュリティが不安な場合もあると思います。本人認証サービスは、支払いの際にクレジットカードで支払おうとしている人がそのカード所有者本人かどうかを認証するサービスです...

追加カードや電子マネー

エポスカードでは、ETCカードを追加する事が可能となっています。家族カードに関しては有りません。

追加カードや電子マネー ETCカード

ETCカード

エポスカードETC

エポスカードのETCカードは、有料道路の料金書をキャッシュレスで通過出来るカードで、年会費も無料となっています。エポスETCの場合も他のカード同様に万が一紛失や盗難に遭った場合は、届出日を含めて61日前にさかのぼり、それ以降の不正使用による損害を補償してもらえます。

ETCカードのお勧め比較や割引情報など

ETCマイレージサービス

ETCマイレージサービスは、事前に登録が必要ですが、ETCカードによる支払額に応じてポイントが貯まり、貯まったポイントは、無料通行分として還元され、通行料金の支払に利用出来ます。

このサービスは、NEXCO東日本・中日本・西日本、阪神高速道路株式会社、本州四国連絡高速道路株式会社が主催するサービスです。

ETCマイレージサービスは、通行料金の支払額に応じてポイントが貯まります。
ETCマイレージサービスは、NEXCO各社と本州四国連絡高速道路、阪神高速で運営されているサービスで、一部地方道路公社も参加しているマイレージサービスです。ETCマイレージサービスは、ETCカードで支払をした金額に応じてポイントが付与されるもので、ポイントが貯...

エポスバーチャルカード

 

エポスバーチャルカード

エポスバーチャルカードは、インターネットショッピング専用のバーチャルカードで、エポスカードとは別のカード番号ですので、インターネットショッピングで実際のエポスカードの番号を入力するのは心配という方に葉安心です。

バーチャルカードの場合は、インターネットショッピングの度に、利用したい分だけの額を設定する事が出来ます。ですので、利用しない時にはバーチャルカードの設定を0にする事も可能です。

利用は全てエポスカードのインターネット会員サービス「エポスNet」から出来ます。

エポスバーチャルカードの安心サービス

エポスバーチャルカードは、バーチャルですので実際にカードが発行される訳では無く、ネット上のカードです。ですが、第三者による不正使用に対する損害補償つきですし、VISA認証サービス(3Dセキュア)にも対応しています。

電子マネーへのチャージ

エポスカードは、いくつかのSuicaなど電子マネーへのチャージに対応しています。そして、「楽天Edy(おサイフケータイ)」「モバイルsuica」「スターバックスカード」へのチャージではポイントが付与されるお得なカードとなっています。

電子マネーへのチャージについては又後で紹介したいと思います。

Apple Payに対応し「QUICPay」が追加される

エポスカードはApple Payに対応しているクレジットカード会社で、2017年の3月1日から対応が開始しています。

iPhone7やApple Watch Series 2に追加すると、QUICPayが割り当てられ店舗や自動販売機など、QUICPayが利用出来る場所で決済できます。もちろんQUICPayの申込みを別途していなくても自動的に追加され利用出来ます。

エポスカードでApple Pay(アップルペイ)を利用 設定や利用方法など詳しく紹介
2017年3月1日からエポスカードでもApple Payに対応が開始されました。エポスカードをiPhone7やApple Watch Series 2へ追加する事でQUICPayが割り当てられ、QUICPayの利用出来る店舗や自動販売機などで支払いが可能です。エポスカードの場合、VISAブランドのみの提供...

残念ながらエポスカードはVISAブランドですので、店頭でのQUICPayでの支払いには対応していますが、アプリ内やウェブ上でのApple Payによる決済には対応していません。

また、Apple PayでのSuicaチャージは、エポスカードの場合はSuicaアプリをダウンロードし、Suicaアプリにエポスカードを登録してそこからチャージする形になります。Walletアプリからはチャージが出来ません。

支払方法及び支払日

エポスカードの支払方法と、クレジットカード利用代金の支払日についてです。

支払方法

支払方法は、1回払い、2回払い、ボーナス一括払い、リボ払い、分割払いの5種類の支払方法があります。

支払方法 支払内容 手数料
1回払い 締め日翌月の支払日に1回で支払 無料
2回払い 締め日の翌月及び翌々月の2回に分けて支払 無料
ボーナス
一括払い
夏又は冬のボーナス月に一括して支払
夏:1月~6月に利用 → 7月、8月から選択し支払日に支払
冬:7月~12月に利用 → 12月、1月から選択し支払日に支払
無料
リボ払い 利用金額や件数に関わらず毎月一定額に分割し、毎月の支払日に支払 必要
分割払い 利用金額と手数料の合計を指定回数に分けて毎月の支払日に支払 必要

基本的に2回払いを含む分割払い、ボーナス一括払いは、1万円以上の買い物から利用出来ます。但し、店舗によっては利用出来る金額が異なったり、2回払いやボーナス一括払いが利用出来ない場合もあります。

リボ払いについて

リボ払いは、分割払いとは異なり回数が決まっていません。毎月の支払額は利用金額や件数に関係なく一定額となります。一定額はコースによって分かれており、「標準コース」と「長期コース」が有ります。

それぞれ利用残高によって支払金額が決まっており、1,000円又は3,000円からとなっています。尚、リボ払いには所定の手数料が発生します。支払期間が長くなるほどより多く手数料を払う事になります。

基本的にリボ払いはお勧めの支払方法では有りません。困った時などに利用するなど利用する場合は手数料などをしっかり把握しないと後で手数料が膨らんで困る場合も有ります。

クレジットカードのリボ払いについて詳しく解説。リボ払いは怖い?
リボ払いは、クレジットカードの支払方法の一つです。一括払いや分割払いと共に普及している支払方法です。一回で支払う訳では無いので、分割払いと似ていると感じるかも知れませんが、その違いについても解説していきたいと思います。リボ払いは注意して利用しない...

支払日と口座振替や持参払いについて

エポスカードの利用代金は口座振替か、持参払い(エポスATM、ローソン等のLoppi、エポスカードセンター)が有ります。

それぞれ支払日が設定されています。カードの利用代金の支払は忘れない為にも口座振替がお勧めです。万が一支払が遅れると信用情報にネガティブな情報が登録されてしまいます。

口座引落の支払日

口座振替は、会員の預貯金口座から引落しされる方法です。支払日は以下の2つから利用者の都合の良い日を選択する事が出来ます。

  • 27日締め翌月27日払い
  • 4日締め翌月4日払い

持参払い

持参払いは、自分で請求分の利用金額を請求の度に、以下の支払日に支払う方法です。支払日は、合計で6つから選択出来ます。

  • 5日締め翌月5日払い
  • 10日締め翌月10日払い
  • 15日締め翌月15日払い
  • 20日締め翌月20日払い
  • 25日締め翌月25日払い
  • 末日締め翌月30日払い

持参払いの場合は、上記の都合の良い日にエポスATM、ローソン又はミニストップに設置してあるLoppi又はエポスカードセンターまで支払に行く方法になります。

ポイントプログラム

エポスポイント

エポスカードのポイントプログラムは「エポスポイント」です。毎月のカード利用金額に応じてポイントが付与されていきます。

ポイントの付与について

エポスカードの基本的なポイント付与は200円につき1ポイント付与される仕組みになっています。(一般VISA加盟店での利用)但し、特定のお店での利用で通常より多いポイントが付与されます。

  • 通常(VISA加盟店)・・・200円=1P
  • 提携店舗・・・最大2倍~
  • リボ払い、分割払い(3回~)・・・200円=2P

提携店舗では、例えばカラオケのシダックスでポイント5倍、居酒屋の魚民や笑笑で5倍、日本旅行でポイント5倍、駐車場のタイムズでポイント2倍などいくつかポイントが多く付与される提携店舗があります。

また、エポスカードはリボ払いや分割払い(3回以上)ではポイントが通常よりも2倍付与されます。

ポイントの有効期限

エポスポイントの有効期限はポイント加算日から2年間となります。それ以降はポイントは失効してしまいますので注意が必要です。尚、3ヶ月以内に期限切れとなるポイントを持っている場合は有効期限延長が可能です。

ちなみに、エポスゴールドやプラチナカードになると有効期限が無期限となりお得です。

ポイント優待のある店舗

一部提携店ではポイントが通常よりも多く付与されます。

ショップ名 ポイントUP
SHIDAX(シダックス) 5倍
魚民 5倍
笑笑 5倍
日本旅行(web) 5倍
H.I.S(web) 3倍
ノジマ 5倍
スーツのオンリー
(Super Suits Store等)
5倍
タイムズ 2倍
花嫁わた(web) 20倍

ポイントを使う

エポスカードで貯めたエポスポイントは、マルイの店舗マルイの通販「マルイウェブチャンネル」「Voi(カタログ誌)」での清算時にポイントが利用出来ます。

500ポイント 500円の割引

利用はマルイ店舗の場合は清算前にカードを提示しポイントの利用を伝えればOKです。利用は500P以上1P単位で利用出来ます。

ポイントを交換する

エポスカードで貯めたポイントは、マルイでの清算時の割引以外に、各種ギフト券等と交換も可能です。また、エポスオリジナルグッズとの交換も可能で、1~2週間程度で届きます。

また、下記ギフト券等以外にも、特定店舗のカードセンターのみで交換可能なものも有ります。

アイテム名 交換
エポスVisaプリペイドカード 1P ⇒ 1円
マルイの商品券 1,000P ⇒ 1,000円
VJAギフトカード
(全国共通ギフト券)
1,000P ⇒ 1,000円
QUO(クオ・カード) 1,000P ⇒ 1,000円
iTunesギフトコード 1,000P ⇒ 1,000円
3,000P ⇒ 3,000円
スターバックスカード 3,000P ⇒ 3,000円
アパホテルクーポン券 1,000P ⇒ 1,000円
オンリー優待券 500P ⇒ 1,000円
KEYUCA(ケユカ) 500P ⇒ 500円
モンテローザ食事券 800P ⇒ 1,000円
シダックスサービス券 1,000P ⇒ 1,000円

エポスポイントを他社ポイントへ移行

エポスポイントは、他社のポイントサービスとも交換が可能となっています。

アイテム名 交換
ANAマイル 1,000P ⇒ 500マイル
ANAスカイコイン 1,000P ⇒ 1,000コイン
QUO(クオ・カード) 1,000P ⇒ 1,000円
JALマイル 1,000P ⇒ 500マイル
スターバックスカード
(チャージ)
500P ⇒ 500円
ノジマスーパーポイント 500P ⇒ 500SP
オンリー優待券 500P ⇒ 1,000円
dポイント 1,000P ⇒ 1,000P
au WALLETポイント 1,000P ⇒ 1,000円

エポスVisaプリペイドカードへ移行がお手軽

エポスVisaプリペイドカードへ移行がお手軽

エポスVISAプリペイドカードは、エポスのVISAブランドのプリペイドカードです。エポスカードからチャージする事も可能ですし、エポスカードで貯めたポイントをエポスVISAプリペイドカードへ移行させる事も可能です。

プリペイドカードはVISA加盟店で使える

エポスVISAプリペイドカードは、VISAブランドのプリペイドカードですので、街中やネットなどVISAブランドが使える店舗で利用する事が可能です。

プリペイドカードですので、あらかじめエポスカードから金額をチャージしておくか、エポスポイントを移行しておく必要が有ります。プリペイドカードですので、クレジットカードとは異なります。(あらかじめ入金し積立てておく前払い式)

エポスポイントからの移行は1Pからキャッシュバックも

エポスポイントからの移行は1Pからキャッシュバックも

エポスカードで貯めたエポスポイントは、例えばマルイ店舗での割引利用には500Pからとなっています。他にも、マルイの商品券だと1,000Pからしか交換出来ません。

しかし、「エポスVISAプリペイドカード」なら1Pからプリペイドカードへ移行する事が可能となっています。(1P=1円相当)また、「エポスVISAプリペイドカード」で支払をすると、0.5%のキャッシュバックがあります。

尚、エポスカードでエポスVISAプリペイドカードへチャージしても、エポスカードへのポイント加算は有りません。

楽天Edyやモバイルsuicaのチャージでポイントが貯まる

エポスカードは、電子マネーのチャージでもポイントがたまるお得なクレジットカードです。対応している電子マネーは、「楽天Edy(おサイフケータイ)」「モバイルSuica」「スターバックスカード」の3つが有ります。

楽天EdyチャージはWでお得

エポスカードで楽天Edy(おサイフケータイ)にチャージすると、1,000円につき5円相当のエポスポイントが付与されます。

また、チャージした楽天Edyを使うと、200円(税込)につき1エポスポイント(1円相当)が付与されます。

尚、事前に「Edyでポイント」の事前設定が必要となります。このEdyでポイントは楽天Edyを利用すると自分の好きなポイントを事前設定してそのポイントが貯まる仕組みになっています。

スマホの場合

楽天Edy(おサイフケータイ)をスマホで利用の場合は、おサイフケータイに対応した端末である必要が有ります。Google Playから楽天Edyアプリをダウンロードしてチャージ設定が出来ます。

また、右上の設定からポイントを選択し、エポスカードのエポスポイントを選択し、設定をタップすると楽天Edy(おサイフケータイ)の利用でポイントが貯まるようになります。

モバイルSuicaにチャージ

エポスカードでおサイフケータイのモバイルsuicaにチャージすると、1,000円につき5ポイント付与されます。

尚、モバイルsuicaを利用する場合には別途年会費が必要になります。(EASYモバイルsuica会員除く)

モバイルSuicaで鉄道利用や普段の買物をより便利に

スターバックスカードにチャージ

スターバックスでキャッシュレスで利用出来るプリペイドカードへのチャージでポイントが通常通り200円で1ポイント付与されます。貯まったエポスポイントは、さらにスターバックスカードへ500P ⇒ 500円分としてチャージする事が可能です。

ポイントがお得に貯まる「たまるマーケット」

たまるマーケットは、クレジットカード会社によくあるオンラインモールで、インターネットショッピングをする際に、このたまるマーケットを経由して購入すると、通常よりも多くのエポスポイントが付与されるモールです。

たまるマーケットには、amazonや楽天市場、ヤフーショッピングなどなど多くのショップでのインターネットショッピングをする事が出来ます。ポイントは最大で30倍まで付与されます。

主なショップと基本的なポイントUP数

ポイントUPの倍率は通常時の倍率です。キャンペーン実施中はさらにポイントが付与されます。

ショップ名 ポイントUP
amazon 2倍
楽天 2倍
ヤフーショッピング 3倍
ヤフオク 3倍
ベルメゾン 3倍
ショップチャンネル 4倍
ニッセン 4倍
セブンネットショッピング 4倍
ポンパレモール 3倍
ジャパネット 3倍
DeNAショッピング 3倍
ソニーストア 3倍
アップルストア 3倍
HP ダイレクトプラス 10倍
ソフマップドットコム 3倍
ビックカメラ.com 4倍
iTunes Store 9倍
H.I.S 3倍
日本旅行 5倍
楽天トラベル 3倍
エクスペディア 3倍

とまあ挙げれば限がないのですが、総合通販・百貨店、ファッション、美容・健康、家電・パソコン、グルメ・ギフト、趣味・おもちゃ・ゲーム、旅行・チケット、本・CD・DVD、クーポン・webサービスと言ったジャンルのショップが数多く有ります。

もし、インターネットショッピングをされる場合には、まずたまるマーケットで購入しようとしているショップがあるかチェックしてから購入した方が良いでしょう。もしショップがあれば直接ネットショッピングするよりも経由してお得にポイントが貯まります。

マルイでの優待や特典

マルイでの優待や特典

エポスカードのマルイでの優待や特典についてです。エポスカードでは、意外とマルイでの特典はそれほど多く有りません。

マルイで年4回の割引

マルイでは年4回「マルコとマルオの7日間」が実施されており、その間にエポスカードで支払をするとクレジット請求時に10%OFFとなります。(1回払い、分割、リボ、ボーナス払いが対象。一部対象外の商品や店舗あり)

マルイ通販で配送料優待

マルイのインターネット通販マルイウェブチャンネルで配送料の優待が有ります。

  • 3,000円未満・・・配送料全国一律195円
  • 3,000円以上・・・配送料無料(3,000円は税込・割引後)

街でお得なエポスカードの優待や特典

エポスカードは、街の飲食店やカラオケ、遊園地、美容院などなど様々なショップやサービスでの優待・特典が数多く用意されています。マルイ系列の会社が発行するクレジットカードなので、マルイでの特典が多いのかな?と思いきや、その他の特典の方が多く用意されていてとても便利でお得です。

主な全国の飲食店での優待・特典

ショップ名 優待内容
ロイヤルホスト 飲食代10%OFF
COWVOY家族 飲食代10%OFF
小川珈琲 飲食代10%OFF
丸山珈琲 コーヒードリンク1杯10%OFF
アパホテル&リゾーツ 飲食代10%OFF
(ディナータイム)
スパイスプラス 飲食代10%OFF
松屋
マルイ店内複合施設
(一部の対象店舗)
各隊商店の優待

※優待の期間等が決まっている場合があります。また、内容等に変更がある場合がありますので、最新の情報は公式サイトでご確認下さい。

主なカラオケ店での優待・特典

ショップ名 優待内容
SHIDAX ルーム利用料30%OFF
ポイント5倍
カラオケBIG ECHO ルーム料金30%OFF
又はのみ放題付コース10%OFF
カラオケ館 ルーム利用料30%OFF
カラオケ club DAM ルーム料金30%OFF
又はのみ放題付コース10%OFF
ジャンボカラオケ ルーム利用料優待
(人数により10~20%OFF)
カラオケレインボー ルーム利用料50%OFF

※優待の期間等が決まっている場合があります。また、内容等に変更がある場合がありますので、最新の情報は公式サイトでご確認下さい。

主なレジャー・アミューズメント等の優待・特典

ショップ名 優待内容
千葉ロッテマリーンズ主催試合 チケット料金優待
神戸布引ハーブ園/ロープウェイ 入場料優待
須磨海浜水族園 入園料優待
スペースワールド 入場料優待
富士急ハイランド 会員優待
東京ジョイポリス 施設料優待
よみうりランド ワンデーパス優待
西武園ゆうえんち ワンデーフリーチケット優待
ぐりんぱ 優待

※優待の期間等が決まっている場合があります。また、内容等に変更がある場合がありますので、最新の情報は公式サイトでご確認下さい。

カーライフ

ショップ名 優待内容
タイムズカープラス カーシェアリング初期費用無料
タイムズレンタカー 春初夏キャンペーン
トヨタレンタカー 基本料金より5%OFF
オリックスレンタカー 通常料金より10%OFF
バジェット(海外) 円建てプランの全商品5%OFF
ハーツレンタカー(海外) (事前予約割引)5%OFF
ダラーレンタカー 会員優待価格

※優待の期間等が決まっている場合があります。また、内容等に変更がある場合がありますので、最新の情報は公式サイトでご確認下さい。

その他の優待

この他にも、グルメ、エンタメ、旅行宿泊、海外、カラオケ、ショッピング、スパ、ビューティー、フィットネス、カーライフ、生活・サービスなどのジャンルの対象店舗での割引等の優待や特典が数多く用意されています。

その他のサービス

エポスカードでは、他にも様々なサービスが用意されています。

海外トラベルサポート

海外トラベルサーポートは、現地サポートデスクや海外緊急デスクなどがあり、日本語での案内が有ります。

現地サポートデスク

現地サポートデスクでは、主に次のようなサービスが提供されています。

  • 現地都市情報
  • 空港案内、出入国案内
  • ホテルの紹介、案内
  • レストランの情報提供
  • オプションツアーの案内
  • 各種交通機関の案内
  • フライト案内、航空会社の電話番号案内
  • ショッピング、免税店の案内
  • スポーツやイベント、エンタメの情報提供
  • ホテル、レストラン、航空券、鉄道、レンタカー、オプションツアー、リムジン送迎、観光ガイド等の予約、リコンファーム代行
  • 海外エンタメチケットサービス、イベントやコンサートのチケット手配
  • 海外ゴルフ場エントリーサービス
  • 事故やトラブル時の各種手配やアドバイス
  • カードやパスポート紛失、盗難時の手続き案内
  • 日本人医師又は日本語が話せる医師、医療施設の案内
  • トラブル時の現地警察や保険会社の各種案内

といったサービスが提供されています。

エポスカード海外サポートデスク一覧

⇒ 東京の海外緊急デスク(上記サポートデスク営業時間外の場合)

ショッピング利用可能枠の一時的な増額

エポスカードでは、結婚や国内・海外旅行、引越、定期券購入時など、高額なショッピング利用が有る場合に、ショッピング1回払いの利用可能枠を一時的に増額するサービスがあります。

大きな利用がある時に今の利用可能枠では足りないという場合や不安という場合には便利なサービスです。また、主に2つのコースが用意されており、それにより上限が異なります。

ブライダル専用

ブライダル専用は、挙式や披露宴等の目的での利用可能枠を一時的に増やすサービスで、上限400万円までが可能となっています。

ブライダル以外の場合

ブライダル以外の利用目的の場合には、現在の利用可能枠の2倍又は+100万円のどちらか少ない利用可能枠を上限として増やせます。

尚、それぞれの場合にいつでもリボへ登録している場合であっても、1回払いとなり、リボ払いへの変更等も認められていません。ですので、一時増額した場合は1回払いのみで必ず1回払いとなり変更不可です。

また、一時増額サービスには審査が必ずあり、ブライダルなら1週間程度、それ以外の利用目的での増額の場合は2~3日程度審査に時間がかかります。

当然ですが、審査結果によっては一時利用可能枠増額が出来ない場合や希望通りに増額されない場合があります

エポスカード公式アプリ

エポスカードが提供する公式アプリは、利用状況の確認や、キャンペーン登録やその状況の確認、エポスポイントの確認や交換、登録情報の確認や変更などが行える便利なアプリです。

アプリはもちろん無料で、Google PlayとApp Storeからそれぞれダウンロードが可能となっています。

アプリはとても便利で、エポスカレンダーは、カードの利用日、支払日、キャンペーン期間などが分かりやすく表示されます。他にも支払情報では、支払額がひとめでわかり、リボ払いへの変更なども手続き出来る便利なアプリです。

さらにお得なエポスゴールドへの招待も

さらにお得なエポスゴールドへの招待も

エポスカードの利用状況によっては、エポスゴールドへの招待(インビテーション)も有ります。エポスゴールドカードは、さらにお得なエポスカードで、ポイントアップやポイント有効期限が無くなったりとかなり良いゴールドカードです。

しかも、招待された場合には通常5,000円+税かかる年会費が無料になります。

エポスゴールドへの招待の条件

エポスゴールドカードへの招待は当然ですが、エポスカードが定める一定の条件を満たした場合に招待されます。但し、招待の条件は非公開となっています。

ただ、通常の入会でのエポスゴールドカードは年間利用額が50万円を超えると年会費が無料になる特典がありますので、エポスカードで年間50万円以上利用すればゴールドへの招待がある可能性があります。

ただ、50万円以上の利用が無くても普通に使っていて招待が来る場合もありますので、属性なども関係している可能性があります。

いずれにしても、エポスゴールドカードを申込むよりも招待を受けた方が、年会費無料でお得ですので、一般カードのエポスカードを普段使いに利用していればいずれは招待が来るのでは?と思います。あまり使ってい無い場合には招待は無いと思います。

いずれにしても、招待の条件は公表されていませんので、50万円くらいを目安としていれば良いのでは?と思います。

好きなカード面が選べるエポスデザインカード

好きなカード面が選べるエポスデザインカード

エポスデザインカードは、70種類以上のカードデザインから自分好みの1枚を選択出来るものです。通常のエポスカードのデザインとは異なり、いくつかのカテゴリの中にあるカードデザインから選べます。

カテゴリは、「カラフル」「フラワー」「ファッション」「スイーツ」「キュート」「ガールズ」「トラベル」「ジャパン」「動物」「海」「ユニーク」「スペース」などのカテゴリがあり、それぞれ数種類のデザインがあります。

ありきたりなクレジットカードのデザインでは嫌という方にはお勧めです。

エポスカードのメリット・デメリット

エポスカードのメリットとデメリットについてです。どのカードもメリットやデメリットはあり、それぞれの利用環境などで異なってきます。

メリット

まずはエポスカードのメリットから見ていきたいと思います。

年会費が一切かからない

エポスカードは、年会費が永年無料ですので年会費が一切かかりません。ETCカードについても無料となっておりお得です。

特典が多い

マルイでの優待以外の優待や特典がかなり多く用意されています。ファミレスやカラオケでの優待など普段から対象店舗を利用する機会の多い方にはとてもおすすめです。

海外旅行傷害保険が自動付帯

年会費無料のクレジットカードで海外旅行傷害保険が自動付帯しています。通常年会費無料のクレジットカードの場合利用付帯の場合が多いですが、エポスカードの場合は自動付帯でお得です。持っているだけで付帯します。

電子マネーでポイント付与

モバイルタイプの楽天Edy、モバイルsuica、スターバックスカードへのチャージで通常通りエポスポイントが加算されます。

デザインカードがある

エポスカードには、エポスデザインカードと言うものがあり、数十種類のカードデザインからお好みのデザインを選択する事が出来ます。数種類の決まったデザインではなく、様々なデザインから自分好みのカード面のデザインを選択出来ます。

即日発行が可能

エポスカードは即日発行可能なクレジットカードです。インターネットで申込をしてエポスカードセンターでその日に受取る事が可能です。申込の時間によっては翌日以降にずれる事も有りますが、通常の郵送よりかは早くカードが受取る事も出来ます。

一つ難点としては、エポスカードセンターはマルイ店舗にあり、近くにカードセンターが無い場合は郵送しか選択できません。

デメリット

どのクレジットカードでも完璧なものは無く、一長一短であったり利用する人によってはデメリットである事も有ります。

ショッピング保険は無い

エポスカードにはショッピング保険が付帯していません。もちろん紛失や盗難による補償は付いていますが、ショッピングした商品の偶然の事故による破損等の補償は有りません。

マルイでの優待が少ない

エポスカードはマルイ系列の会社が発行していますが、マルイでの優待が多い訳では有りません。どちらかと言うと、その他の優待がとても充実している感じで、マルイ以外での優待がある店舗での利用に向いている感じがします。もちろんマルイの優待も有りますが・・・

エポスカードの審査

エポスカードは、基本的に高校生を除く18歳以上方であれば入会資格はあります。出来る限り安定継続した収入のある方の方が審査には通りやすいですが、パートやアルバイトの方、主婦の方でも申込は可能です。

エポスカードの場合、最短当日で発行が可能なカードですので、収入があり信用情報にネガティブな情報が登録されていない限り審査には通ると思われます。

クレジットカードはもちろん、カードローンなど各種ローン、その他分割払いなどで遅延が有った場合には審査に通らない可能性が出てきます。

審査は各クレジットカード会社が申込内容等を元に、それぞれの基準に基づいて行われ、総合的に判断されます。

まとめ

エポスカードは、年会費無料のクレジットカードで、海外旅行傷害保険が自動付帯であったり、街のショップでの優待や特典が多く用意されているクレジットカードで、持っていて損は無いクレジットカードと言えます。

もちろんマルイを利用される方にもお勧めで、メインカードとして利用しエポスゴールドカードへの招待を狙いたい所です。エポスゴールドになると、招待の場合年会費無料となり、ポイント有効期限が無くなったり、年間利用額でのボーナス、ポイントアップなど、更なるお得な優待や特典が有ります。

もちろん、いきなりゴールドカードを年会費を支払って持つという方法もありますが、招待ならはじめから年会費無料なので、エポスカードからまずは利用実績を積み重ねて招待を待ちたい所です。

エポスカードの詳細スペック

基本カード情報

入会資格 18歳以上の方(高校生除く)

※未成年者は親権者の同意が必要

発行期間 最短当日~1週間程度
国際ブランド VISA
年会費
(本会員)
初年度 無料
翌年以降 無料
年会費
(家族会員)
初年度 家族カードなし
翌年以降 家族カードなし
ETCカード 発行手数料 無料
初年度年会費 無料
翌年以降年会費 無料
電子マネー 楽天Edy、モバイルsuica
追加カード等 ETC

ポイントプログラム

ポイントプログラム名 エポスポイント
ポイント有効期限 ポイント加算日から2年間
ポイント還元率 0.5~1.5%

マイレージ

交換可能なマイル ANA、JAL
移行レート 2P=1マイル
移行単位 1,000ポイント以上
移行手数料 無料

付帯保険

海外旅行傷害保険
(本会員)
傷害死亡・後遺障害 最高500万円
傷害治療 200万円(1事故限度)
疾病治療 270万円(1事故限度)
賠償責任 2,000万円(1事故限度)
携行品損害 20万円(1旅行中かつ1年間の限度)
*自己負担金:3,000円/1事故
救援者費用 100万円(1年間の限度)
付帯条件 自動付帯
国内旅行傷害保険
(本会員)
傷害死亡・後遺障害
入院保険金日額
通院保険金日額
手術保険金
付帯条件
ショッピング保険
紛失・盗難補償 有り

※家族特約は家族会員では有りません。本会員と生計を共にする19歳未満の同居の親族又は別居の未婚の子が対象です。

空港ラウンジ等

空港ラウンジ

発行会社

発行会社 株式会社エポスカード
本社(本店) 東京都中野区中野4丁目3番2号
設立 2004年10月1日

※申込前に詳細情報を必ず公式サイトでご確認下さい。

 -エポスカード

スポンサードリンク