クレジットカードアイ

クレジットカードの紹介や利用シーンなどを紹介

イオンSuicaカードのメリットやデメリットなど徹底解説 デポジット無料でSuicaが使えるお得なカード

     2017/04/12

イオンSuicaカードのメリットやデメリットなど

イオンSuicaカードは、イオンカードSuicaが一体となったクレジットカードです。カード利用で貯まったポイントは電子マネーのSuicaに交換する事が可能です。また、イオンSuicaカードのSuicaにオートチャージ設定も可能となっています。

他にも、イオングループ対象店舗ではときめきポイントがいつでも2倍貯まるお得なクレジットカードです。

ブランド visa-logo32master-logo32JCBロゴ
入会資格 18歳以上で電話連絡が可能な方(高校生は除く)

※未成年者は親権者の同意が必要

年会費
(初年度)
無料
年会費
(翌年以降)
無料
還元率 0.4~0.5%
発行期間 最短1~2週間
付帯保険 海外旅行傷害保険
国内旅行傷害保険
ショッピング保険
マイル JAL
電子マネー iD、WAON
追加カード等 ETC

スポンサードリンク

イオンSuicaカードの特徴

■ 年会費無料でSuicaのデポジットも無料

イオンSuicaカードは、年会費無料のクレジットカードで、2年目からも年会費は不要です。また、Suicaには通常500円のデポジット(預り金)が必要ですが、イオンSuicaカードの場合は無料となります。

■ 選べるブランド

VISA、MasterCard、JCBの3種類の国際ブランドから1つを選択する事が出来ます。既にVISAブランドの別のクレジットカードを持っているからJCBブランドにするという事も可能です

■ イオンでのお得がいっぱい

イオンSuicaカードは、お客さま感謝デーの割引、ありが10デーやときめきWポイントデーでのポイントアップなど、イオンでの利用がお得です。全国のイオングループの対象店舗でいつでもポイントが2倍となりました。

■ Suicaのオートチャージに対応、ポイントも付与

イオンSuicaカードは、Suica部分の残額が一定以下になると、自動改札機にタッチして改札を通る際に、自動的にクレジットカード決済でSuica部分にオートチャージ出来ます。

また、JR東日本での利用分(みどりの窓口、びゅうプラザ、券売機、VIEW ALTTE(ビューアルッテ)でのSuicaチャージ分、モバイルSuicaなど)はポイントが付与されます。(通常のポイント付与よりも少ない400円で1P)

■ モバイルSuicaに登録すれば携帯が定期に

イオンSuicaカードで、モバイルSuicaに登録すると携帯電話を定期券として利用する事が出来ます。

イオンSuicaカードについて

イオンSuicaカードは、イオンカードにJR東日本のSuica機能が備わったカードです。イオンカードのサービスや優待・特典がある他、JRでのサービスや特典もあります。

他にも、イオンSuicaカード限定の交換で、クレジットカードで貯めたときめきポイントは、電子マネーのSuicaへ交換する事ができます。イオンを利用される方、そして電車での移動がある方に向いているクレジットカードです。

イオンSuicaカードの場合は、家族カードが有りません。また、年会費無料のイオンゴールドカードへのアップグレードはこのカードには有りません。

イオンカードの申込方法を詳しく紹介

年会費

イオンSuicaカードは、先ほどから紹介している通り年会費無料となっています。年会費は2年目以降も発生せず永久に無料となっています。

付帯保険

イオンSuicaカードの付帯保険は、海外旅行傷害保険と国内旅行傷害保険、ショッピング保険(ショッピングセーフティー保険)が付帯しています。

イオンSuicaカードの旅行保険

イオンSuicaカードの旅行傷害保険は、海外・国内旅行傷害保険が付帯してます。付帯条件については、自動付帯と利用付帯の両方があり、項目によって異なります。

海外旅行傷害保険

担保項目 保険金額
傷害死亡・
後遺障害
最高500万円
傷害治療費用
(1事故の限度額)
50万円
疾病治療費用
(1疾病の限度額)
50万円
賠償責任
(1事故の限度額)
携行品損害
(1旅行中かつ年間限度額)
救援者費用
(1年間の限度額)

傷害死亡・後遺障害については最高で500万円までの補償となっています。また、治療費用は50万円となっており、年会費無料なので仕方がない部分ではありますが、賠償責任などは有りません。

各補償項目に関してはそれぞれ日数や補償される条件等が細かく定められています。場合によっては対象外となるケースも有りますので、補償規定はしっかりとご確認下さい。尚、付帯に関しては自動付帯となっています。

国内旅行傷害保険

担保項目 保険金額
傷害死亡・
後遺障害
最高1,000万円
入院費用 3,000円/日
通院費用 2,000円/日
手術保険金

一方で、イオンSuicaカードの国内旅行傷害保険は、傷害死亡・後遺障害最高で1,000万円の補償が有ります。また、入院費用や通院費用も有ります。但し、国内旅行傷害保険は利用付帯となっており、旅費等を当該カードで支払いをしている必要が有ります。

まあ保険に関してはビューカードの保険が適用されている形です。

ショッピング保険(ショッピングセーフティー保険)

イオンSuicaカードのショッピング保険(ショッピングセーフティー保険)は、イオンSuicaカードで購入した1品5,000円以上の商品を対象に、購入日から180日以内に発生した偶然による事故(破損、火災、盗難)で被害を受けた場合に年間最高50万円まで補償されます。

但し、一部補償されない商品がありますので注意が必要です。詳しくは補償規定をしっかりと確認する必要が有ります。

付帯保険の比較

イオンSuicaカードは、旅行傷害保険が付帯しており他のイオンカードと比べるとその分お得では有ります。但し補償額については海外旅行傷害保険はそれほど充実している訳では有りません。

そしてショッピング保険で比較すると、比較的お得な感じがします。多くの場合補償される期間は90日程度が多いですが、イオンSuicaカードのショッピング保険の場合は、180日と長く補償されます。

また、ショッピング保険などは自己負担金が必要な場合もありますが、イオンカードの場合は自己負担金は不要となっています。

付帯保険は、それぞれ適用される条件が細かく決まっています。利用前に補償規定をしっかりと確認して内容を把握しておかないといざ補償されると思っていても、補償の対象外であったり、条件を満たしていなかったという場合があります。

セキュリティ

イオンSuicaカードはいくつかのセキュリティ対策があります。

カードの盗難・紛失について

万が一イオンSuicaカードを紛失又は盗難に遭った場合は、速やかに連絡をする必要が有ります。24時間年中無休で対応してもらえます。

国内の場合 盗難・紛失専用ダイヤル
0570-079-110
海外の場合 (海外)イオンカード紛失・盗難専用ダイヤル
国によって番号が異なります

海外での紛失・盗難の場合には国によって電話番号が異なりますので注意が必要です。

紛失・盗難では、カード会社への連絡と共に警察への届出も必要となります。また、気付いたら速やかに連絡する必要があり、すぐにカードの利用停止等の処置をしてもらう必要が有ります。

イオンカードの不正利用の補償について

イオンSuicaカードでは、明らかに第三者による不正の利用があった場合には、紛失・盗難等の場合と同様に届け出てから61日前にさかのぼり、その後発生した損害額について全額補填してもらえます。補償に関しては規定に基づいて行われます。

不正検知システム

イオンSuicaカードでは、不正利用やトラブルに巻き込まれるのを事前に防止する為に不正利用を感知するシステムにて24時間365日利用状況のモニタリングが実施されています。

場合によっては、店頭で利用の際に電話で本人確認がある場合や、カード利用後に本人の利用であった感尾確認が有る場合が有ります。また、カード利用の際に過去のパターンと類似している場合などには、取引が保留される場合があります。

ICカード

ICチップは、IC対応端末と認証作業などを行います。以前普及していた磁気カードと比較しても高度な安全対策機能が取り入れられています。

ICカードは偽造や解析が困難になっており、簡単にコピーなどが出来なくなっています。また、ICカードは4桁の暗証番号を入力するだけでサインする時間なども短縮され決済がスムーズになります。

本人認証サービス

本人認証サービス

イオンカードの本人認証サービスは、インターネットショッピングでイオンSuicaカードを利用する際に、クレジットカード情報とプラスして、ネットショッピング専用のパスワードを入力する事で本人認証を行うセキュリティサービスです。

第三者が専用パスワードを知らない限りカードをしようする事が出来ませんので安心です。本人認証サービスは、各国際ブランドにより提供されており、対応の加盟店にはサービス対象店舗の目印があります。

イオンカードの本人認証サービスについて詳しく解説 ネットショッピングでの不正利用対策
本人認証サービスは、ネットショッピングにおいて支払いをする際に、そのカードを利用しているのが本人である事を認証するサービスで、クレジットカード番号や有効期限の他に本人認証用のパスワードを入力するものです。本人認証用パスワードは本人しか知り得ないも...

追加カードや電子マネー

イオンSuicaカードでは、追加カードがいくつか用意されています。尚イオンSuicaカードには家族カードの発行は有りません。

追加カードや電子マネー ETCカード

ETCカード

イオンカードETCカード

イオンSuicaカードのETCカードは、セットアップされたETC車載器に挿入して有料道路の支払をキャッシュレスで出来るカードです。ETCカードは年会費無料となっています。

初年度 年会費無料
翌年度以降 年会費無料

ETCカードのお勧め比較や割引情報など

ETCマイレージサービス

ETCマイレージサービスは、事前に登録が必要ですが、ETCカードによる支払額に応じてポイントが貯まり、貯まったポイントは、無料通行分として還元され、通行料金の支払に利用出来ます。

このサービスは、NEXCO東日本・中日本・西日本、阪神高速道路株式会社、本州四国連絡高速道路株式会社が主催するサービスです。

ETCマイレージサービスは、通行料金の支払額に応じてポイントが貯まります。
ETCマイレージサービスは、NEXCO各社と本州四国連絡高速道路、阪神高速で運営されているサービスで、一部地方道路公社も参加しているマイレージサービスです。ETCマイレージサービスは、ETCカードで支払をした金額に応じてポイントが付与されるもので、ポイントが貯...

ETCゲート車両損傷見舞金制度

イオンETC専用カードなら万が一ETCゲートの開閉バーに衝突し、車両を損傷させた場合でも、年一回までで一律5万円のお見舞金が支払われます。

とは言え、最近ではETCバーを撤去する試験も行われていたり、そもそも柔らかい素材で出来ていたりと、決められた速度などを守っていれば損傷する事はないとは思います。が、一応お見舞金制度が有ります。

イオンiD

イオンiD

イオンiDは、NTTドコモのおサイフケータイで買い物が出来るポストペイ型電子マネーサービスです。イオンSuicaカードと組み合わせることで、事前のチャージも不要で利用出来ます。

申込から審査があり、審査結果通知後1~2週間程度でアクセスコードが届くようになります。後はアプリをダウンロードして利用する形になります。(携帯の場合はiMenuから)

イオンはJCBとQUICPayの開発もしていましたが、そちらの方の導入はまだ有りません。

Apple Payに対応し「iD」が追加される

Apple Payに対応し「iD」が追加される

イオンカードはApple Payに対応しているクレジットカード会社です。イオンSuicaカードもApple Payに追加する事が可能となっています。

iPhone7やApple Watch Series 2に追加すると、iDが割り当てられ店舗や自動販売機など、iDが利用出来る場所で決済できます。もちろんiDを追加していなくても自動的に追加され利用出来ます。

イオンカードでApple Pay(アップルペイ)を利用 設定や利用方法など詳しく紹介
イオンカードは、Apple Payの対応カードとなっており、iPhone7やApple Watch Series 2へ追加する事でiDが割り当てられ、iDの利用出来る店舗や自動販売機などで支払いが可能です。イオンカードの場合は、VISA、MasterCard、JCBの3ブランドが有ります。MasterCardとJCB...

他にも、アプリ内やウェブ上でのApple Payでの決済も有りますが、VISAブランドはこの2点には対応しておらず、MasterCardとJCBブランドなら対応しています。

Apple PayでのSuicaチャージは、イオンSuicaカードのMasterCardとJCBブランドならiPhoneのWalletアプリから行えます。VISAブランドはSuicaアプリにVISAカードを登録する事でチャージが出来るようになります。

イオンSuicaカードは、ビューカードでもありSuicaを搭載していますが、このイオンSuicaカードに搭載されているSuicaはApple Payには追加出来ません。この場合、Suicaアプリなどで別途Suicaを発行する必要が有ります。

Suicaチャージではポイント付与もあるが・・・

イオンSuicaカードは、Suicaへのチャージやオートチャージに対応していますが、400円で1Pと通常のポイント付与よりも少ないです。もし、Suicaチャージを考えておられるならビューカードの方がお得です。

WAON

waoncard

WAONは、イオンリテールのICカード型前払い式電子マネーで、あらかじめWAONにチャージしてレジなどで支払に利用するカードです。イオンカードでは、WAONが一体化したイオンカード(WAON一体型)も有ります。

ちなみにWAONカードで買い物をすると200円で1PのWAONポイントが貯まります。但し、イオンカードでWAONカードにチャージしても、ポイントは付与されません。(イオンカードセレクトのみWAONポイント付与あり)

イオンの電子マネーWAONについて

尚、WAON POINT加盟店でWAON電子マネーで支払をすると、イオンの共通ポイントであるWAON POINTの方が貯まります。

WAON POINTカード イオンの共通ポイントサービスWAON POINTサービスについて

支払方法及び支払日

イオンSuicaカードの支払方法と、クレジットカード利用代金の支払日についてです。

支払方法

支払方法は、1回払い、2回払い、ボーナス一括払い、ボーナス2回払い、リボ払い、分割払いの6種類の支払方法があります。

支払方法 支払内容 手数料
1回払い 締め日翌月の支払日に1回で支払 無料
2回払い 締め日の翌月及び翌々月の2回に分けて支払(1万円以上) 無料
ボーナス
一括払い
夏又は冬のボーナス月に一括して支払
夏:11/21~6/20利用 → 7/2、8/2、9/2のいずれかに支払
冬:6/21~11/20利用 → 1/2に支払
無料
ボーナス
2回払い
夏又は冬のボーナス月2回(半額ずつ)に分けて支払
1年中取扱いがあり、支払日は1/2と8/2に支払
必要
リボ払い 利用金額や件数に関わらず毎月一定額に分割し、毎月の支払日に支払 必要
分割払い 利用金額と手数料の合計を指定回数に分けて毎月の支払日に支払
(3・5・6・10・12・15・18・20・24・30・36・42・48・60回)
必要

店舗によっては利用出来る金額が異なったり、2回払いやボーナス一括払い、ボーナス2回払いが利用出来ない場合もあります。また、ボーナス2回払いには手数料が発生します。

リボ払いについて

リボ払いは、分割払いとは異なり回数が決まっていません。毎月の支払額は利用金額や件数に関係なく一定額となります。月々2,000円~+手数料で毎月の支払がほぼ一定になります。

但し、支払残高など利用状況によっては支払期間が長くなりより多く手数料を払う事になります。

基本的にリボ払いはお勧めの支払方法では有りません。困った時などに利用するなど利用する場合は手数料などをしっかり把握しないと後で手数料が膨らんで困る場合も有ります。

ただ、イオンカードの場合、リボ変更サービスがあり、利用1件毎にリボ払いに指定する明細指定リボといった便利なサービスもあり、普段の買物以外で大きな買物をした場合などにその部分だけリボ払いにしたい場合などに便利な方法となっています。

イオンカードのリボ払いについて(リボ変更サービスなど)

クレジットカードのリボ払いについて詳しく解説。リボ払いは怖い?
リボ払いは、クレジットカードの支払方法の一つです。一括払いや分割払いと共に普及している支払方法です。一回で支払う訳では無いので、分割払いと似ていると感じるかも知れませんが、その違いについても解説していきたいと思います。リボ払いは注意して利用しない...

支払日

イオンSuicaカードの支払日は以下の通りです。請求明細書が届くのは24日頃となります。

  • 10日締め翌月2日払い

イオンカードの締め日と支払日はいつ? もし遅れた場合は再引落はある?

尚、WEB明細(環境宣言)なら郵送よりも早い19日~20日に先月分の利用確定のメールが配信されます。

イオンカードのWEB明細(環境宣言)について

ポイントプログラム

aeoncard-logo

イオンSuicaカードのポイントプログラムは「ときめきポイント」です。毎月のカード利用金額に応じてポイントが付与されていきます。尚、イオングループ対象店舗での利用はポイントがいつでも2倍に変更されました。

ポイントの付与について

イオンSuicaカードのときめきポイントは、基本は200円で1ポイント付与される仕組みになっています。また、イオン等でお得にポイントが貯まる日が有ります。

全国のイオン、イオンスタイル、イオンモール、ダイエー、グルメシティー、マックスバリュ、 イオンスーパーセンター、他対象店舗では、いつでもポイントが2倍の200円で2P付与されるようになっています。

また、JR東日本での利用分(みどりの窓口、びゅうプラザ、券売機、VIEW ALTTE(ビューアルッテ)でのSuicaチャージ分、モバイルSuicaなど)でもポイントが付与されます。但し、JR東日本での利用の場合のポイント付与は400円で1Pとなっており、通常よりもポイントが付与が少なくなります。

ありが10デー

イオンのありが10デーは、イオングループ対象店舗で毎月10日イオンカードでクレジット払いで買物をするとポイントが5倍貯まるお得な日で、200円(税込)毎に5P付与されます。

北海道や九州地区のイオンスーパーなどは対象外となっていますが、様々なイオン系列店でポイントがお得にためられます。また、ありが10デーではイオンカード以外でもWAONや共通ポイントのWAON POINTカードの呈示でもそれぞれのポイントが貯まります。

ときめきWポイントデー(ポイント2倍)

毎月10日はときめきWポイントデーとなっています。カードショッピング利用200円(税込)毎に2P付与されます。

尚、ときめきWポイントデーでは、一部対象外の商品があります。

対象外となるのは、ギフトカード、航空・鉄道料金、鉄道会社が運営している商業施設(駅ナカのテナント含む)、WAONクレジットチャージ、Suicaクレジットチャージ、チケット類、その他。

JR東日本利用分でポイント付与

JR東日本のみどりの窓口、びゅうプラザ、券売機、VIEW ALTTE(ビューアルッテ)でのSuicaチャージ分、モバイルSuicaなどで、ポイントが付与されます。付与は400円毎に1ポイントとなります。

ときめきポイントクラブ優待加盟店でポイントアップ(2~5倍)

ときめきポイントクラブの優待加盟店でカードを利用すると、規定の倍率でときめきポイントが貯まります。

ショップ名 ポイントUP
日本航空(JAL/オンライン) 2倍
イオンシネマ(オンライン) 2倍
RHトラベラー(オンライン) 3倍
近畿日本ツーリスト(オンライン) 2倍
スポーツオーソリティ(オンライン) 2倍
サンエックスネットショップ 2倍
mibon(電子書籍ストア) 5倍
コスモ石油 2倍
イオンペット 2倍
ツヴァイ 2倍
イオンコンパス 2倍
イオンハート 2倍
アート引越センター 2倍
ワタミグループ 2倍
神戸・三宮センター街 2倍
タカキュー 2倍
ルネサンス 2倍
得タク 3倍

※一部対象外の店舗等がある場合があります。詳細情報は公式サイトで必ずご確認下さい。

ポイントの有効期限

イオンSuicaカードで貯めたときめきポイントの有効期限は、最長で2年となります。但し、基準が誕生月となっています。

ときめきポイントを使う・交換する

イオンSuicaカードの利用で貯めたときめきポイントは、様々な商品と交換出来たり、WAONポイントへ交換したりする事が出来ます。

アイテム名 最低移行単位
(ポイント)
移行金額又はポイント
Suica 1,000P 1,000円分
(1P=1円相当)
WAON 1,000P 1,000P
(1P=1P)
dポイント 1,000P 1,000P
(1P=1P)
JALマイル 1,000P 500マイル
(2P=1マイル)
イオン商品券
(移行手数料が必要)
1,000P 1,000円分
(1P=1円相当)
JCBギフトカード
(移行手数料が必要)
1,000P 1,000円分
(1P=1円相当)
イーハート食事券3,000円分 2,700P 3,000円分
イーハート食事券5,000円分 4,500P 5,000円分
ワタミグループ外食店舗食事券2,000円分 1,000P 2,000円分
ワタミグループ外食店舗食事券4,000円分 2,000P 4,000円分
イオンシネマ ペア鑑賞券 3,000P
USJスタジオパス 1名 6,000P
USJスタジオパス 2名 12,000P
イオンコンパス海外パッケージ
利用券 3,000円相当分
2,000P 3,000円相当
イオンコンパス海外パッケージ
利用券 6,000円相当分
4,000P 6,000円相当
イオンコンパス海外パッケージ
利用券 9,000円相当分
6,000P 9,000円相当

※商品や移行ポイント、単位等の内容が変わる場合があります。最新の情報は公式サイトのカタログをご覧下さい。

この他にも商品では、キッチン、ヘルス&ビューティー、ファッション、リビング、キッズ&レジャー、フードなどの商品と交換する事が可能です。

イオンSuicaカードの場合は、このカード限定でSuicaへの交換が出来ます。交換は1P=1円相当でチャージされます。

Suicaへの交換は「VIEW ALTTE(ビューアルッテ)」から出来ます。操作画面からチャージを選択し、提携ポイント移行によるチャージを選択して、イオンSuicaカードを挿入し暗証番号を入力して交換手続きが出来ます。

Suicaへのチャージは1,000円、3,000円、10,000円単位となっています。

ポイントがいつでも2倍になるイオングループの店舗

ポイントがいつでも2倍になるイオングループの店舗は順次拡大予定となっています。イオングループの対象店舗は全国にありますので、ますますイオンカードが便利でお得になります。

対象店舗
イオン イオンスタイル
ダイエー グルメシティ
マックスバリュ イオンスーパーセンター
ザ・ビック アコレ
ピーコックストア サンデー
KASUMI KOHYO
マルナカ ホームワイド
まいばすけっと ミニストップ
イオンモール イオンタウン
イオンリカー イオンバイク
R.O.U スポーツオーソリティ
未来屋書店 イオンコンパス
四六時中 イオンシネマ
イオンペット saQwa
タルボット ikka
イオンボディ ハックドラッグ
ウエルシア薬局

※2017年2月時点の情報です。最新の情報は公式サイトをご覧下さい。

ときめきポイントTOWNはポイント最大21倍

ときめきポイントTOWN

ときめきポイントTOWNは、カード会社によくあるポイントがより多くもらえるオンラインモールで、このオンラインモールを経由して、amazonや楽天市場、ヤフーショッピングなど様々なインターネットショッピングをするとポイントが通常よりも多く付与される仕組みです。

もし、イオンカードでインターネットショッピングをする場合は、まず一度ときめきポイントTOWNにアクセスして希望するショップがあるかチェックしてみると良いでしょう。

例えば経由せずにamazonでネットショッピングをしてもポイントは200円で1Pの付与ですが、ときめきポイントTOWNを経由してamazonで買い物をすると、2倍の200円で2P付与されてお得です。

主なショップと基本的なポイントアップ数

紹介するポイントアップ数は通常時のものです。キャンペーンや時期によってはさらに多く付与される場合があります。

ショップ名 ポイントアップ
amazon 2倍
楽天 2倍
ヤフーショッピング 2倍
ヤフオク! 2倍
auショッピングモール 2倍
ポンパレモール 2倍
DHCオンラインショッピング 2倍
ショップジャパン 6倍
ヤマダモール 2倍
ジャパネット 2倍
ABCマート 3倍
JINS 6倍
ユニクロオンライン 2倍
ソフマップドットコム 3倍
ビックカメラ.com 2倍
Apple オンラインストア 2倍
ソニーストア 2倍
伊勢丹オンラインストア 3倍
大丸松坂屋オンラインショップ 4倍
小田急オンラインショッピング 3倍
ダイエーショッピング 3倍
楽天トラベル 2倍
エクスペディア 6倍

他にも総合通販・百貨店、ファッション、美容・健康、家電・パソコン、グルメ・ギフト、趣味・おもちゃ・ゲーム、旅行・チケット、本・CD・DVD、クーポン・webサービスと言ったジャンルのショップが数多く有ります。

Suicaカードとしてのサービスや特典など

イオンSuicaカードのSuicaの特典(ビューカード特典)などについてです。

ホテルのでの割引

JR東日本ホテルズやJRホテルグループなどで宿泊基本料金が割引となります。また、JR東日本ホテルズでは、直営レストラン・バーの基本料金の割引や、提示でチェックアウト時間を12時まで無料で延長が可能です。

駅レンタカー

駅レンタカーを利用の際に、営業所でイオンSuicaカードを提示すると基本料金の10%割引で利用する事が出来ます。(一部対象外となる営業所や車種が有ります)

モバイルSuicaの登録をすれば定期券も

イオンSuicaカードでモバイルSuicaに登録すると、対応する携帯電話が定期券として利用する事が出来ます。

モバイルSuicaで鉄道利用や普段の買物をより便利に

イオン等でのその他のサービスや優待・特典など

イオンSuicaカードでは、ポイントアップのある「ありが10デー」や「Wポイントデー」の他にもいくつかの特典があります。

お客さま感謝デーは5%OFF

毎月20日・30日はイオンお客さま感謝デーで、イオンカードのクレジット払いやWAONの利用で買い物代金が5%OFFになります。

対象は全国のイオン、マックスバリュ、イオンスーパーセンター、サンデー、ビブレ、ザ・ビッグなどイオン系列のお店で割引が有ります。(一部対象外の店舗や商品があります)

55歳以上限定G.G感謝デー

55歳以上の会員限定で毎月15日は、G.G感謝デーが実施されており、イオンカードやWAONでの支払いで買い物代金が5%OFFになります。

対象は全国のイオン、マックスバリュ、イオンスーパーセンター、サンデー、ザ・ビッグなどイオン系列のお店で割引が有ります。(一部対象外の店舗や商品があります)

イオンシネマの割引

イオンシネマ(旧ワーナー・マイカル・シネマズ含む)の一般通常料金をイオンSuicaカードで支払うと会員と同伴者(大人1名まで)が各300円引きとなります。

イオンワールドデスク

イオンワールドデスクは、海外旅行をより一層楽しむ為のサポートをしてくれるデスクです。世界15ヶ国24ヶ所にイオンワールドデスクは設置されています。

イオンワールドデスクの設置場所やサービス内容

アメリカ・カナダ ニューヨーク、シカゴ、ロサンゼルス、ホノルル、サンフランシスコ、バンクーバー、トロント、グアム、サイパン
ヨーロッパ アムステルダム、パリ、ロンドン、フランクフルト、マドリッド、ローマ
オセアニア シドニー、ケアンズ、メルボルン、オークランド
アジア 北京、ソウル、台北、東京、シンガポール

イオンワールドデスクのサービス内容

  • 各国、各都市に関する情報
  • フライト情報等交通機関に関する情報
  • ホテル、レストラン、お土産店の情報
  • 現地ツアーや観光情報
  • レンタル用品等その他のサービス
  • 交通機関の予約サービス
  • 航空券の予約、変更、再確認
  • レンタカー予約
  • 送迎サービス
  • ハイヤーの予約
  • レストランの予約
  • 通訳、ガイドの手配
  • 現地パッケージツアーの予約
  • 各種チケットの予約

などなど、他にも様々な旅やビジネスに関連したサービスが提供されています。無料のサービスと有料のサービスもあります。従ってサービスによっては料金が発生する場合があります。

優待施設

イオンSuicaカード会員の方は会員特典として、お得な優待が用意されています。

優待施設は全国にあり、ホテル・旅館、レジャー施設、飲食、美容・クリニック、GS・車、フィットネス・スクール、ファッション・雑貨、その他のジャンルがあります。

例えばカラオケならシダックスで入店時カード提示で通常ルーム料20%OFF、ビッグエコーでカード提示又は利用で室料30%OFF、カラオケ広場でカード提示でグループ全員室料10%OFFといった優待があります。

もちろん店舗によって優待内容が異なる場合もありますし、対象外の店舗もあるので詳細は公式サイトの優待店のページより最寄の優待店をご確認下さい。

⇒ イオンカード優待施設一覧

イオンカードのキャッシング

イオンカードでは審査でキャッシング枠が設定される場合があります。キャッシング枠はお金を借りる事が出来る枠の事で、その設定されたキャッシング枠の範囲内の額を借りる事が出来ます。

イオンカードの場合は、全国のイオンATMや提携するコンビニや金融機関ATMなどでキャッシングが可能な他、イオンスクエアメンバーのマイページにログインして口座振込でキャッシングする事も出来ます。

返済方法は、1回払いとリボルビング払いから選択する事ができ、急な出費が続いて現金が足りないと言った時に役立ちます。

イオンカードのキャッシング

その他のサービス等

イオンSuicaカードのその他のサービスについてです。

毎月の家賃の支払でときめきポイントを貯める

イオンハウジング「住まいさがし」で、物件の新規契約時イオンカードでの支払いが可能な賃貸物件については、カード払いができ、ときめきポイントが通常通り貯まる仕組みがあります。

イオンハウジングは不動産会社と提携しているだけですので、イオンハウジングから物件で問い合わせをしてイオンカードで支払が可能か確認が必要になります。

一応イオンハウジングのサイトには、借りたいのカテゴリの賃貸情報で、おすすめ特集に、イオンカードが利用出来る物件特集があります。

イオンSuicaカードのメリット・デメリット

イオンSuicaカードのメリットとデメリットについてです。どのカードもメリットやデメリットはあり、それぞれの利用環境などで異なってきます。

メリット

まずはイオンSuicaカードのメリットから見ていきたいと思います。

年会費が一切かからない

イオンSuicaカードは、年会費が無料ですので年会費が一切かかりません。ETCカードについても無料となっておりお得です。

イオンでお得

イオンカードは、イオンや系列の対象店でポイントがより多く貯まったり、割引等の優待が有りお得です。

優待店でお得

イオンカードには全国で提携する優待店があり、割引等の優待を受ける事が出来ます。

デメリット

どのクレジットカードでも完璧なものは無く、一長一短であったり利用する人によってはデメリットである事も有ります。

切符の購入やオートチャージでのポイント付与はイマイチ

イオンSuicaカードは、Suicaへのオートチャージや切符購入などが可能で、ときめきポイントの付与もありますが、400円で1Pの付与という事で決してお得感は有りません。

Suica目当てだけならイオンSuicaカードではなく、ビューカードが一番お得だと思います。

家族カードは無い

イオンSuicaカードは、家族カードの発行が有りません。もし、家族にもカードをと考えている場合には、他の家族カード発行可能なイオンカードにするか、他社のクレジットカードを選択するしか有りません。

イオンSuicaカードの審査

イオンSuicaカードは、基本的に高校生を除く18歳以上方で、電話連絡の取れる方であれば入会資格はあります。専業主婦や学生、年金受給者の方でも申込は可能です。

イオンSuicaカードは幅広く会員を募っていますので、比較的審査には通りやすいと思います。とはいっても、審査が甘いという意味では有りません。特に信用情報などはどのカード会社でもしっかりチェックしますし、過去に遅延などがあるとそれだけで審査に通ることは難しくなります。

また、専業主婦や学生の方でも入会は可能ですが、配偶者含め全く収入が無い場合などは、当然審査には通りません。安定継続した収入が有る方ならまず通ると思います。

いずれにしても、審査は基準などは各社が独自に設けており、カード会社が会員になって利用して欲しいという方が審査に通ります。年齢、属性、勤続年数、収入、信用情報、家族構成、住居形態など様々な要素が影響しますので、人によって状況が異なります。

審査は各クレジットカード会社が申込内容等を元に、それぞれの基準に基づいて行われ、総合的に判断されます。

まとめ

イオンSuicaカードは、普段からイオンやイオン系列のお店を利用されている方で、電車も利用するという方に向いているクレジットカードです。

年会費が無料で、Suicaのデポジットも不要なのはお得です。ただ、Suicaとオートチャージだけが主な利用目的だと、イオンSuicaカードは400円で1Pしか付与されませんのでちょっと少ないです。

普通にJR東日本のビューカードを申込している方がまだお得です。イオンSuicaカードの場合はやはりイオンでの特典や優待の方が大きいと思います。

イオンSuicaカードの詳細スペック

基本カード情報

入会資格 18歳以上で電話連絡が可能な方(高校生は除く)

※未成年者は親権者の同意が必要

発行期間 最短1~2週間
国際ブランド VISA、MasterCard、JCB
年会費
(本会員)
初年度 無料
翌年以降 無料
年会費
(家族会員)
初年度 家族カードなし
翌年以降 家族カードなし
ETCカード 発行手数料 無料
初年度年会費 無料
翌年以降年会費 無料
電子マネー iD、WAON
追加カード等 ETC

ポイントプログラム

ポイントプログラム名 ときめきポイント
ポイント有効期限 最長で2年
ポイント還元率 0.4~0.5%

マイレージ

交換可能なマイル JALマイル
移行レート 2P=1マイル
移行単位 1,000ポイント以上
移行手数料 無料

付帯保険

海外旅行傷害保険
(本会員)
傷害死亡・後遺障害 500万円
傷害治療 50万円
疾病治療 50万円
賠償責任
携行品損害
救援者費用
付帯条件 自動付帯
国内旅行傷害保険
(本会員)
傷害死亡・後遺障害 1,000万円
入院保険金日額 3,000円
通院保険金日額 2,000円
手術保険金
付帯条件 利用付帯(きっぷ旅行商品の購入が条件)
ショッピング保険 年間50万円限度(自己負担金なし)
紛失・盗難補償 有り

※家族特約は家族会員では有りません。本会員と生計を共にする19歳未満の同居の親族又は別居の未婚の子が対象です。

空港ラウンジ等

空港ラウンジ

発行会社

発行会社 株式会社イオン銀行
本社(本店) 東京都江東区枝川1丁目9番6号 住友不動産豊洲ビル
設立 2006年5月15日

※申込前に詳細情報を必ず公式サイトでご確認下さい。

 -イオンカード

スポンサードリンク